ヘンゼルvsグレーテル 最強魔女ハンター最後の戦いの作品情報・感想・評価

ヘンゼルvsグレーテル 最強魔女ハンター最後の戦い2015年製作の映画)

Hansel vs. Gretel

製作国:

上映時間:87分

2.1

「ヘンゼルvsグレーテル 最強魔女ハンター最後の戦い」に投稿された感想・評価

今回の本気はオープニングまで
でもやっぱ安心するとても

ヘンゼル役の人が美人になってたのと
ゲイは最強だなって思った
ヒロイン役の人の声かわいい
B級ホラー&ダークファンタジー。
「ヘンゼルとグレーテル おそろし森の魔女」の続編らしい。
そうとは知らずに観たけど問題無かった。
さすが設定ゆるゆるのアサイラム 笑

ウィッチハンターのヘンゼル。
実は魔女リリスの弟子になってたグレーテル。魔女のシマ争いと、大魔女の座を巡る策略と、ヘンゼルの魔女討伐の話。

ヘンゼルの武器に面白みが無いのと、身内に甘過ぎて察しが悪い。グレーテルむっちり系のバディ。露出なし。

設定ザバザバな緩さはアサイラムなので毎度。ゴア描写はそこそこ頑張ってはいた。
B級魔女ホラーのチープ臭が暇潰しには良い案配だった。
前作はわりと面白かったような…?
全然覚えていないのですが今回は
魔女というよりカニバ的な感じ
食べて力を得るのは良いのではないでしょうか
続編がありそうなラストでしたね
あんまり面白くはなかったです
翔

翔の感想・評価

-
やらかした…

第一に観ようと思ったことが失敗、でもまぁコレは自業自得というか日頃からの頭悪い映画チョイスがついに祟ったといったところ。

第二に最後まで観たことが失敗、しょうもない展開にしょうもないプチギャグ、しょうもないお色気。どんどんしょうもないの連鎖が続いているのに僕は謎のプライドをもって最後まで観てやろうと鑑賞継続、待っていたのはしょうもない結末。しょうもないのは他でもない僕自身だ。

第三に下調べを少しもしなかったのが失敗。なんとこの作品、シリーズ第二作だった。嘘じゃん!こんなタイトルで続編…!?しかもいっちょまえに「前作を観てないと分からない」要素をバシバシ盛り込んでる。分からない!謎の敗北感を抱えたまま物語は幕を閉じた。

ここまで来たら戦争だ。前作も観る。もしかすると最高の続編だったのかもしれない。フェアじゃないのは自分だったのかこの映画だったのか、白黒つけて八つ裂きにしてやる…

続編を観た暁にはレビューを追記して最終評価をしたいと思います。
続き。強くなって帰ってきた引きこもりお兄ちゃんが故郷で暗躍する魔女を狩るお話。そこはかとなく惜しい感じは引き続き。
もうみんな顔変わりすぎて誰?!ってなります
Matayoshi

Matayoshiの感想・評価

1.5
観たい映画と完全に間違えてレンタルしてしまった作品。
ストーリーは微妙、演出も微妙、何もかも微妙という、ドコをどう評価していいか分からない作品です。
クライマックスに至ってはタイトルに"VS"をつけた意味がこれまた分からない締めっぷり。
みんなでツッコミながらみました、1人で観たらきっと消化不良になってましたね…。
 タイトルの通り魔女ハンターのヘンゼルと妹でありながら魔女化したグレーテルが戦うC級映画。出てくる魔女はホームレスを操ってたりチアリーダーに化けてたりもう訳分からん。
 一番酷いのがラスト。幼馴染と実の祖母を殺したグレーテルをヘンゼルが普通に許してパトカーで来た警察から庇って消えるって明らかに最強魔女ハンターでもなんでもないでしょ……
 幼馴染の一人がグレーテルの誘惑による催眠術にかからなくて、なんでだろうと思ったら「俺はゲイだ」って言い出してすぐ顔の皮ひんむかれるのはすげえアサイラムっぽいバカさがあってよい。
BIGPINK

BIGPINKの感想・評価

2.0
ドイツ映画のヘンゼルとグレーテルを観て
続編のアメリカ映画この辺もわかり難いが
ヘンゼルVSグレーテルを観ました
グレーテルがなぜか魔女
魔女が魔女を食べて力を得ていく
終盤までは何とか面白かったが
最後は何だろう わからん
ばば

ばばの感想・評価

1.0
お兄ちゃんのイメチェンに笑った。無駄にごちゃしてるように感じてしまった。1の方が飛ばさずに鑑賞していた気がする。
>|