スクール・オブ・ナーシングの作品情報・感想・評価

スクール・オブ・ナーシング2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

幼い頃、母親を亡くした木津川あかねは、母が入院していた病院で、別れや誕生など様々な人生が交錯する光 景を目の当たりにする。それから 15 年後。看護師を目指し、熊本県人吉市の看護師養成機関に通うあかねは、 性別も年齢も境遇も異なる仲間たちと、学内演習に励んでいた。 “地球防衛軍”になることを夢見るも、人助け繋がりで看護の道に進路変更し、大学を中退した丹羽幸助。妊娠 中に夫に浮気さ…

幼い頃、母親を亡くした木津川あかねは、母が入院していた病院で、別れや誕生など様々な人生が交錯する光 景を目の当たりにする。それから 15 年後。看護師を目指し、熊本県人吉市の看護師養成機関に通うあかねは、 性別も年齢も境遇も異なる仲間たちと、学内演習に励んでいた。 “地球防衛軍”になることを夢見るも、人助け繋がりで看護の道に進路変更し、大学を中退した丹羽幸助。妊娠 中に夫に浮気され、シングルマザーとしてひとり息子を育てる寺田玲子。30 を過ぎて突然のリストラに遭った 元居酒屋店長の栗原俊夫。そんな様々な事情を抱える周囲の人間たちと同様に、あかねもまた、父親に新しくで きた恋人に対し、複雑な思いを抱えていた。 日々の演習で、採血技法に始まり、聴診の技術練習、妊婦体験、排泄ケアなど、看護実践の基礎を学んでいくあ かねたち。レポート提出にも追われ、睡眠不足に陥りながらも互いに励まし合いながら、来たる実習に向けて奮 闘していた。 ついに迎えた病院での実習。幸助が看護することになったのは、熟女マニアの和尚、竹林宗観。自分のことを “生意気な若者”と思い込み、とにかく頑固な宗観に、幸助は必死で話しかける。玲子は、ガン性髄膜炎を患う 緒方澄子を担当。澄子は日に日に容態が悪化する中、夫、総一の浮気を疑っていた。そして俊夫の患者は、三木 本文という女性。病室で別れた亭主と丁々発止の言い争いを繰り広げる文に対し、俊夫は彼女の血圧が上がりや しないかと気が気ではない。そしてあかねは、古村明という余命わずかの患者を担当することに。自分の死期を 悟り、病室に葬儀屋を呼ぶ古村に面食らうあかねだったが、父親のような温かい包容力を持つ古村に緊張が和ら ぎ、古村もまた、素直なあかねに心を開いていく。 患者用モデル人形を相手にした学内演習とは違う“現実”に最初は戸惑いを隠せなかったものの、しだいにそ れぞれの患者と交流を深めていくあかねたち。だがその矢先、あかねの些細なひと言が原因で、古村が心を閉ざ してしまう。それまで日々の実習や実習記録の提出に追われ、看護とは何かを見失っていたあかね。だが古村の 葛藤に触れ、大切なのは、患者の本当の苦しみに寄り添うことだと気づいた彼女は、古村の願いを叶えようとす る———。

「スクール・オブ・ナーシング」に投稿された感想・評価



何かもっと
ドキュメンタリー色強いのかと思っていましたが
医療コメディみたいな感じ。

ちょっとベタ過ぎて泣けたりはしませんが
気持ちがホンワカ暖まります。
新鮮味のあるキャスティングが意外と好感度高し!




人は生まれる時も
死ぬときも
悲しいことにその瞬間を記憶に留めておけない
他人から認識されて初めてその確認が出来る
だから人は他人と関わって生きていく。
KOKO

KOKOの感想・評価

-
看護協会のホールで鑑賞。
映画としては、まだまだ改善の余地があるなあと思いましたが、俳優たちは良くも悪くもフレッシュな子が多かったので、榎木さんのお芝居は見応えがありました。
看護界の描写は、ちょっと美しすぎではあったけど、意外と皆が知らない、「看護師って病院で何やってるの?」という疑問を解消してくれると思います。
じんわりと心に沁みる素晴らしい映画だった。
生と死がつねに同居する病院を舞台にしたヒューマンドラマと言ってしまえば陳腐だが、その描き方が仰々しくはなく、看護師達の成長を通じてじんわりと温もりのある温度感で描かれている。そのあたりが好感を持てた。
チョイ役の役者の演技力に問題はあるが、脚本の良さでそこはあまり気にならなかった。
ある意味、おくりびとに近い感動を与えてくれる映画だと思う。

生まれてくる時と死ぬ時は自分では記憶出来ない。人の生と死というものは他人によってのみ記憶され認識されるのだ。だからこそ人は他人と関わらないで生きていくことは出来ないのだ。

なるほど。残りの人生を俺はどうやって生きていこうか。そんな事も考えさせられる映画でした。
どちらかと言うと、どこかで見たことのある人や景色に囲まれた、“ゆるやかな上り坂”の映画でしたが・・・・・、

坂を登り切ったところで、この映画を観た人と一緒に、「おーい!、おーい!」と、叫ぶと、普段がんばってる分だけ、元気を取り戻すことができそうな気のする作品でした。

本日現在、関東では、池袋シネマ・ロサさんでのみ上映、とのことでして、これまで、試写会開催等の目立った宣伝や告知も出てなかったような気もしますが、インパクトや上映時間の長さから、会社帰りに、お知り合いの方とご一緒に、ふらっと立ち寄って、御覧になるのがお勧め、と感じました。