みとりしの作品情報・感想・評価・動画配信

「みとりし」に投稿された感想・評価

かず

かずの感想・評価

4.0
看取り士作品

この作品を観て始めて看取り士という資格を知りました

人生の最後を看取る大変難しい仕事ながら患者を少しでも穏やかに安らかに逝かせてあげようとする仕事

誰にでもいずれは来る最後

感慨深い作品でした

 (榎木孝明さんあじのある演技でしたね)
ぱりぬ

ぱりぬの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

2021年100本目。

自分の望む通りに死ぬこと。
それは人生最後の尊厳だと思う。

多くの死に向き合ってきた芝が
自分の死という現実を突きつけられて
この先どうしていくんだろうか。
Kir

Kirの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

看取り師の話。

くさい、くさい、プロパくさーい&フジテレビくさーい!

面白くするための、ご都合的な展開のはしょうがないけど、鬼つまらない。誰にも感情移入できないのも凄い。

ツッコミしづらい設定なのがまた上手い。何を見せたかったんや。

これぞニッチな映画。
せがみ

せがみの感想・評価

3.5
死を迎える人のそばに寄り添う看取り士についての映画。
以前、職場で看取り士という存在を聞いたことがあったが、初めてその仕事内容を知ることができた。

死は暮らしの一部だという考え方。超高齢化社会の中で、在宅での介護・看取りの選択が多くなっている。受け入れがたい「死」だけども、こうして「死」と向き合って本人も家族も受け入れていければ素敵なことだと思う。

看取り士は、食事介助や散歩などの介護ケアは行わない。まだまだマイナーな仕事だと思う。今は看取りに関しては、訪問看護師がメインで寄り添っていると思うが、その住み分け・線引きはどうなっているのだろう。看取り士のことをもう少し知りたくなった。

映画の中に出てきたエピソードで、一つだけ言わせてほしい。
遺言の件。いるんだよね、こういう外部からやいやい口出ししてくる家族。やってる家族差し置いて、他の家族が何もやらないくせに勝手なこと言うんだよ。わたしならキレて怒鳴ってるわ。柴さんの対応でちょっとだけスカッとした(でももっと怒ってもいいと思う)。
るる

るるの感想・評価

2.8
♯44 みとりし
2021.7.2/地上波

思わず涙が溢れたのは3人の子供のお母さんの場面。
送り出す者からすれば死はとても悲しく苦しいことなのだけれど大切な人達に見守られながら逝くことは幸せなことなんだなぁ、
素敵な最期 を送るためのサポートをする仕事、深いなぁ。
娘を事故で亡くし、生きる目的も希望も無くしてしまった定年間近のエリートサラリーマン(榎本孝明)
更に同期の友人さえも病気で失った主人公は、その友人の墓参りで彼の看取り士であったという女性と偶然出会う・・・

効率や成果を追い求めて生きてきた男が、身近に死を体験する事によって本当に大切なモノとは何か?人生そのものを考え直していく。
そんな内容のこの作品、主人公とほぼ同年代となる私には、どこか他人事とは思えない内容でありました。

作品の中で、いろいろな死にゆく人たちが描かれています。

この作品の中でも何度か繰り返されたセリフ
「家に帰りたい・・・」は
もう20年近く前になりますが、30代で亡くなった私の弟が同じ事を言っていた事を思い出しました。

劇的な展開がある映画ではありませんし、どちらかというと地味で娯楽性も少ない作品ですので、特に若い世代の方々にはあまり理解される作品ではないと思います。
でも、私自身のそんな経験もあった為か、この映画の作り手たちの真摯な思いを感じられた作品でした。
看取り士という職種を初めて知りました。『おくりびと』同様、この様な素敵な仕事があることを知れることも映画の良さです。
ただ、作品自体どうだったかと問われれば、微妙でした。孤独死も絡めるのであれば田舎でなくても都市部でも良かったのでは…。
『看取り士』と云う職業がある事を全く知りませんでした・・決して医療に従事する事は出来ないがただ余命宣告された最後の希望に沿うように不安を和らげ心の支えになる様尽くす稀有な職業の🎬です。


榎木孝明が出演する事でこの作品はある程度まで昇華されますがストーリー展開はこれで良いのか⁉︎・・とても好い作品になったとは言い難いものになったような気がしました。


最後のシーンで若い母親が幼児を残して亡くなる処は切なく辛い悲しい憤る数分ですが全体的にいったいこの作品は何を言おうとしているのか?・・とても納得出来る作品にはなっていない気がしました。
2021.4.25Movig Movie。「おくりびと」を知ったのも映画だった。同じように「みとりし」もこの映画で初めて知った。ドラマのように、亡くなる前にしゃべるという演出がないところにリアリティを感じた。

このレビューはネタバレを含みます

過去記録。

『看取り士』という職業を知りたくて観た作品。

別段、大きな事件も起きず、『看取り士という職業』と同じように、静かに淡々と進む物語。

予想してたより良かった記憶。

あなたにおすすめの記事