セラフィムの夜の作品情報・感想・評価

セラフィムの夜2001年製作の映画)

製作国:

上映時間:105分

3.7

「セラフィムの夜」に投稿された感想・評価

美大の講師兼剣道部OBの大沢逸美。美大生で剣道部の西島秀俊、の腹違いの兄でヤクザ者の白竜。アンドロギュヌスな逸美さんとハーフコリアの白竜のラブストーリーって聞くだけで満腹なのに、西島さんが逸美さんをレイプして殺されて、西島さんを庭に埋めたあとに水のない室内プールのアトリエに水を溜めて水中セックス。そのまえに忘れるところだった、アトリエにある巨大バルーンにスライドを映写するとかいろいろ素晴らしい。親分の蓮司さんを日本刀でぶったぎったのちにふたりは船で釜山へ…しかし組員の國村さんが追ってきてすぐ殺すかと思いきや船室でのふたりの濃厚なセックス(ここで白竜の曲がかかるよ)を覗いてしまい……ってここからが先が長い!ラストは剣道でシメ!もちろん高橋恵子も白竜のおかーさん役で無理矢理出演。ロングジャーニー映画。スゴイ。
csm

csmの感想・評価

4.5
剣道する大沢逸美さんが倒され相手から卑猥な言葉→下元さん演じる医者のセリフがフラッシュバック→更衣室で着替えてたら西島秀俊登場、面打ち出血→豪邸に鍵をかけずに住む西島は室内プールをアトリエにして逸美をモデルにしたヌードを描き続けていた→兄の白竜登場。開始5分くらいでコレ、すごい。小沼の囮でも披露していた逸美さんの素晴らしい背中の反りを存分に堪能。前半担当の西島さんの最期から白竜とのプールシーンは、伴明監督による早春への超アダルトなアンサーかと思って痺れまくった。そこから釜山へ、ループタイの國村隼も巻き込んで逸美さんによる白竜(母役は高橋惠子)の育児と暴力戦へ突入。死んだ男二人を抱える逸美さん。逸美版XXも極妻もみなくては。