処刑女の作品情報・感想・評価

「処刑女」に投稿された感想・評価

オチ無し、伏線の回収無し、ストーリー無しの、どうしたら良いのか分からないままに終わった作品。
夫婦が家を買ったら、隣の寄宿舎に殺人鬼が居て…ってだけの話です😅
それに映像が暗い…全然見えない…

けど、処刑女がカッコいいし、動きが個人的に好き(殺した後の首をひねるトコとか〜)‼︎
グロも良くて、良いとこあるのに勿体ないな〜
これ程、低評価で次作を希望する作品も無いな〜😂
是非、パート2で、処刑女の過去等が知れたら良いですね‼︎
horahuki

horahukiの感想・評価

3.3
ボロクソ言われてる作品ですが、私は結構好きでした!マスクをつけた殺人鬼 処刑女さんが若者を次々にぶっ殺していくスラッシャー映画です。

あらすじ…
山奥に一軒家を買い、引っ越してきた主人公カップル。彼女は2人で引っ越しのお祝いをしたかったのに、彼氏が大勢の友達を呼んでパーティし始めたから激おこ。そしたら、変な女が友達をぶっ殺し始めて…という話。

引っ越して来た隣人がめっちゃ煩くて迷惑なことってありますよね。この映画は、クソ迷惑な隣人を処刑女さんが注意(殺)して黙らせる物語です。

とにかく登場人物がクズだらけ。大して稼ぎもなさそうなのに家買っちゃうバカップル。しかも、山奥すぎて携帯の電波入らないとか。マジでそこで暮らすつもりなのかと。

そんで、引越し初日に大勢仲間呼んで飲んでヤッてのどんちゃん騒ぎ。しかも、お隣さんの家を勝手に廃屋だと決めつけて侵入。そんで写真は撮るわ、物は壊すわ、床に穴をあけるわでやりたい邦題。しかもその隣家で勝手にドラッグやってラリっちゃうし。そりゃあ処刑女さん(隣家の住人)も怒りますよ。

主人公たち含めて、登場人物へのヘイトをとことんまでに高める。演技の下手さも相まって、主人公たちへのイライラが半端ないんですよね。意図してこんなキャスティングしてんじゃないかって思うくらい。そんで、そいつらをサクサクと間引いていく処刑女さんの殺戮がスカッとするんですよ。

とある登場人物の頭を鈍器で殴りまくるシーンがあるんですけど、ギャーギャー騒いでる奴が次第に声を出さなくなり、死の静寂が訪れ、殴る音だけが響き渡るという演出が最高!クソ迷惑なうるさい隣人たちへの怒りが爆発して「良い加減にしろや!うるせぇし迷惑なんだよ!!!」的な処刑女さんの感情が見えた気がして大好きなシーンです。

そしてドアの使い方が面白かったです。ドアで痛い思いをしたやつが、その後とあるキャラを助けに行く時に、ドアの向こうに処刑女さんがいるんじゃないかと怖がってドアを開けられないシーンがあるんです。ドアの向こうにはその助けようとしてるキャラが居て、そいつも外に処刑女がいるのかと思って声を出せない。ここはとてもうまかった。

そしてこの映画、処刑女さんについてほとんど何も語らないんですよね。若干背景があるんですけど、没個性的。でもここにも製作陣の意図があるんじゃないかと思ってて、主人公含めクズな奴らにイライラを高めていく観客を、処刑女さんとシンクロさせようとしてるんじゃないかと思えてしまうんですよね。だからこその没個性。処刑女さんは、クズにイラついた観客の代弁者的な存在なわけです。そんな感じで結構楽しめました(^-^)
鳥肉

鳥肉の感想・評価

1.0
殺しのエクスタシー()
処刑女の装備はスタイリッシュですが動きや殺し方がどんくさくダサい。
武器を色々使う割には扱い方が下手だし壁にへばりついたり、パッケージの姿をしておきながら車の鍵を抜くという姑息なやり口、逃げるヒロインを必死になって追いかけるなど処刑女の行動は非常に滑稽でカッコ悪いの一言。
画面も暗すぎて何やってるのかわからない。
他作品の有名な殺人鬼と比べるのもおこがましい魅力を感じない処刑女のキャラクター。殺した死体を見て首を傾げる動作は見飽きた。
観る価値なし。
ミニスカワンピースなのに地べたに正座して写生するんや?(笑)

さてお待ちかね(誰が?w)の"これ何て罰ゲーム〜!? ターゲットくろひょうver."最終章!
今作はくろひょうさんがスコア1.0を付けてる作品中、唯一の洋画です!
では、はりきって行ってみよー!(笑)

女の仮面を付けた殺人鬼が若者を殺す話し。
殺人鬼恥ずかしがり屋か!(笑)
序盤は殆ど出てこないし、出てきても1〜2回斬ったら直ぐいなくなる!(笑)
しかも夜や薄暗い部屋のシーンが多く、画面が暗くて全然何やってるかわからん(笑)
主人公の男性、自分の彼女の気持ちがわからないクズ野郎だし、ヒロインはなかなか美人なんやけど、タバコ吸う顔がオバはんそのもの!(笑)
めっちゃふてぶてしい顔してた(笑)
もちろん役者は全員B級作品にありがちな大根!(笑)
しかもシーンの繋がりがめちゃくちゃ!(笑)
室内のシーンでは窓から陽の光が差し込んでるのに、外に出たら真っ暗!(笑)
一体何時やねん!(笑)
その上エロいシーンも殆ど無いし、1人だけおっぱい出すんだけど、直ぐ殺されて出し損!(笑)
結局殺人鬼の目的も何もわからないまま終わったので、とりあえず"処刑"では無いよな!(笑)

今回くろひょうさんの名物企画を丸パクリしたわけですが、一応やる前にくろひょうさんの許可は取ってます(笑)
快く了承していただきありがとうございました!
くろひょうさんがスコア1.0を付けてる残り3作品は全て三池崇史監督作!(笑)
またいつかこの企画で取り上げたいと思います!(笑)
それでは今回もこれで締めましょうか!
せーの! これ何て罰ゲーム〜!?
Abby

Abbyの感想・評価

-
ちょうど良いテンポとグロさ。久々にシンプルなスプラッターを観れて普通に面白かったです。出てくる奴バッカばっかりで男は全員腑抜け。誰が死んでも可哀想でもなく逆に爽快(笑)。処刑女のルックスも良く好きな殺人鬼。
ホーク

ホークの感想・評価

1.5
かなりの糞映画。まず殺戮までが長すぎ。殺戮シーンも画面を暗くして低予算を隠す手口。しかもリアリティーにかけていてもはやギャグ。失笑もの。最後だけは良かった。それでも1,5!
彦次郎

彦次郎の感想・評価

2.4
カップルたちが惨殺されまくる定番的ホラー映画。殺すときにスパッと斬れ味がいいのと黒スーツに謎マスクが印象的でカッコイイです。謎が解明されないまま不条理な終わり方をしますので好き嫌いが別れる作品かと存じます。
「未体験ゾーンの映画たち2016」出品作品。

ヤバイ映画過ぎた。

他のレビューでグロが控えめだと書いてたのでグロが苦手な人にも見れそうな映画かと思ったら、腸がドロドロと出る描写があってややきつかった。

結局、登場人物が皆死ぬところはまあまあ悪くなかったし、あとは不法侵入したり薬物依存しちゃいけないというのはこの映画のなかでは伝わった。

あとはこの処刑女はおそらく寄宿学校時代のトラウマのせいで人殺しになってるならこりゃ女を怒らせきゃいかんというのもいい教訓にはなったね。

製作はアメリカだけど、良くも悪くも「ソウ」のマーカス・ダンスタンさんや「パラノーマル・アクティビティー」のジェイソン・ブラムさんがリメイクしたら丁度いいかもしれないな。
UNFAIR

UNFAIRの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

いわゆるスラッシャーホラーだが、処刑女のビジュアルが素晴らしい。ただ恐ろしいだけではなく美しさがある。

一応ストーリーはあるのだが、それよりも殺しを楽しむ(語弊があるが)映画だろう。
しかし殺しのバリエーションは少なく感じる。"13日の金曜日"シリーズなどをイメージすると物足りないかもしれない。だが決して手抜きではなく首や手の切断、拷問などの描写は申し分ない。

面白いとは思うが、誰も救われない映画だということは間違いない。
初めて鑑賞致しました。※※インターネット系列で鑑賞を致しました。
「処刑女」openingのドドドンと言いますBGMが流れるので御座いますけど、その音にチョッと驚きましたwww。
カヤコ・トシオ君の恐怖の館へようこそ若者さん達。!!!!!さぁさぁ恐怖のHOSUEへへ。いやいや違います違います間違えました。この映画はお化けもの幽霊ものでは有りませんでした!!!!!若者さん達、恐怖の「殺戮への」HOSUEへようこそようこそ。!!!!鑑賞してて思ったのは、なんだか・なんとも言えない感覚に、陥ってしまったような捕らわれたような映画で御座いました。!!!!!!とにかく言えることは逃げて!!!!逃げて!!!!逃げて!!!!逃げて!!!!処刑女から逃げてとしか良いようがない映画で御座いました。wラストは何だかな~~~〜〜〜〜ッて言います感じに成ってしまいました。虚しいと言いますか寂しくと成ってしまいました。、空しい++αα寂しいと言います気持ちから今現在の気持ちとしましては、スコアは着けません。お薦めは「・・・・・・・」で、御座います。見たい人だけ見れればいいのでは、無いのかな???って言います映画で御座います。+α結構セクシー系列を入れ込んでます処刑女では有ります。\(^o^)/\(^-^)/。ヤッターーーーー