シャークネード4の作品情報・感想・評価・動画配信

シャークネード42016年製作の映画)

Sharknado 4: The 4th Awakens

製作国:

上映時間:85分

ジャンル:

3.2

「シャークネード4」に投稿された感想・評価

鮫島

鮫島の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

心の小学生が狂喜乱舞するシャークネード4作目。
一家全員、一度はサメに食われているシェパード家が今作も大暴れしてくれる。
みんな大好きサイボーグと、多種多様なネードが世界各地で体力発生する様は清々しいものがある。

ゴリゴリのパロディが面白い。
まだまだ映画歴が浅いので全てのパロディを理解を出来た訳では無いのが残念だが、そこは自分の問題。

シェパード家が大家族になりすぎてて若干誰が誰だか分からいけどそこはシャークネード。
分からなくても特に問題は無い。

悪ふざけもフルスロットルで、アメリカンなノリの会話が楽しい。
カッケェ!と思う演出は海をも超えるんだな…と思うと嬉しくなる。

サメはAEDにもなる、勉強になりますね。
たぶん4が一番笑った
最高すぎた
友達に説明するのすら楽しかった
ten

tenの感想・評価

3.5
過酷なトレーニングを積めば腕からライトセーバーが生えてくるんですね。

May the Force be with you.
くーた

くーたの感想・評価

2.9
2016年のテレビ映画。「シャークネード」シリーズ第4弾。天候安定システムで竜巻を制御したアストロX社がラスベガスにオープンさせたホテル、シャークワールドで砂竜巻が発生。ホテルの水槽で飼われていた大量のサメを巻き上げてしまう。
前作で死亡したはずのフィン(アイアン・ジーリング)の妻エイプリル(タラ・リード)は科学者の父ウィルフォード(ゲイリー・ビジー)によりサイボーグ技術でアイアンマン化。フィンの父ギルバート(デヴィッド・ハッセルホフ)も前作で月に取り残されたが、アストロX社によって地球に帰還していた。
回を重ねるごとに荒唐無稽さが増していく。今回、竜巻は油田でオイルネードに、発火でファイヤーネードに、発電所でライトニングネードに。さらにオハイオの原発核燃料を飲み込み、ニュークリアネードに発達、触れた対象を原子に分解するサメを撒き散らす。相変わらず、くだらないのだが、徐々に製作費が増え、今回は300万ドルで、映像がかなりましになってきた。
ラストは2匹の子ザメをAED代わりに蘇生(呆)。
「悪魔のいけにえ」パロディなのかテキサスではチェンソー専門店が登場。デリバリー非対応らしく「配達なんかするか!おととい来やがれ」(店員)だそう。
主要人物は食べられてもどうせ生きて腹から出てくる安心感。本編詰め込み過ぎてエンドクレジット1.5倍速くらいになってるの草。読める人いるのか笑
この映画は、核と電気を含んだサメがビリビリしながらトルネードに乗って飛んでくるお話です。
色んな映画をオマージュしてるあたり、監督の映画好き度合いが伝わってくる。
作中、おじいちゃんが孫に言うセリフが印象に残っています。
「やらなきゃいけないことが、いっぱいだ!でも、映画も見ろよ!」
クソ映画って思ってるのに癖になってシリーズ制覇してしまう それがシャークネード…
ジオ

ジオの感想・評価

3.0
・気候安定システムによりトルネードは発生しなくなったと思われたが、ラスベガスでまたあの災害が発生する第4作

・エイプリルが改造で最強に…サメもまた色んな種類が出てきて飽きさせないし相変わらずぶっ飛んでて楽しい

・うるせえなクソガキ!としか思わなかったフィンの息子も立派なシェパード家の一員だった!笑
ana

anaの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

前作から5年後
めちゃスターウォーズ感
前作でフィン父は月に取り残されたけど
迎えに行って無事地球へ!
シャークネードは開発のおかげで
起きないようになったみたいだけど
色んなオイルトルネード
雷トルネード ファイヤートルネードと
種類が様々😂😂

家族は再集結
ユート

ユートの感想・評価

4.3
安定のシャークネード、意外とストーリーがしっかりしてていいですね
シェパード家の加護が強すぎる
鮫をAEDにする発想とかどう生きてたら思いつくんだ………
チェーンソーすき
>|

あなたにおすすめの記事