シャークネード4の作品情報・感想・評価・動画配信

シャークネード42016年製作の映画)

Sharknado 4: The 4th Awakens

製作国:

上映時間:85分

3.2

「シャークネード4」に投稿された感想・評価

ぶみ

ぶみの感想・評価

2.0
アンソニー・C・フランテ監督、アイアン・ジーリング主演、『シャークネード』シリーズの四作目となるアクション。
前回同様、あらすじはシリーズで大差ないため割愛。
前回のシャークネードから五年後を描くが、前作で宇宙にまで手を広げたため、次はどう来るかと思ったら、天候安定システムやサメをテーマとしたホテルに始まり、オイルネードやファイアーネードも登場と、もはやサメだけでは括れない展開に。
他にも、列車の暴走やグランドキャニオンの破壊、お約束となってきた大きなオブジェの転がり、ナイアガラの滝に原発と何でもあり、かつショボいCGという、ど安定のアサイラムクオリティとなっており、3分いや1分おきぐらいにツッコミどころが生じると言っても過言ではない。
そんな中、アメコミ調のオープニングアニメーションが中々丁寧に作られていたのと、やたらと速いスクロールを見せるエンドロールには驚き。
何はともあれ、その突き抜けた感がクセになりそうな一作。

ベガスには勝つルールがある。
ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.1
トルネードによって空から降ってくるサメに襲われるSFアニマルパニックコメディ
タイトルのフォース(fourthとforce)にかけて、オープニングはスターウォーズのパロディーで始まります。
時は前作の宇宙でのシャークネードとの戦いから5年後。
アストロX社は、シャークネードを食い止めるためアストロX・ポッドを開発。
一方、シャークネードとの戦いで妻エイプリルを亡くしたフィンは、カンザスの妻の名にちなんだエイプリルの牧場で5歳の息子と暮らしていた。
ある日、フィンは長男に会うためラスベガスに向かう。
それに合わせたかのように、砂嵐が発生してシャークワールド・ホテルのサメを巻き込んでシャーク・サンドネードとなりラスベガスを襲う。
さらにアメリカ各地でトルネードが発生し、オイルネ-ド(油田)、ファイアーネード(引火)、ライトニングネード(雷)やラバネード(溶岩)、カウネード(牛)、ボルダーネード(岩)、さらには原理力発電所を飲み込んでヌークレネード(核)に発達し、猛威を振るう。
果たしてフィンやアストロX社はこれらを終息させることが出来るのか?

トルネードが様々なものを取り込んだ竜巻の進化形を楽しめます。
またスターウォーズはもとよりスタートレックやターミネーター、アイアンマンなど有名映画のパロディーシーンも面白い。
オリジナルにも登場しないアイアンマンの奥さんが大活躍!
ラスベガスのトレジャーアイラインドホテルの海賊船やベラージオホテルの噴水、ニューヨークニューヨークホテルのエンパイアステートビルなどのベガスならではの名所も満喫できます。
そしてラストは次作に続くあの人が登場!
楽しみです。 

BS TVで鑑賞
ゴールデンサメ劇場🦈
mia

miaの感想・評価

3.3

🗣️ 謎のス◯ー・ウォーズ的なオープニングクレジットでスタート、ギルは成長していた。4th(フォース)の覚醒...。エイプリルの手がライトセーバーに。
デヴィッド・ハッセルホフ...ゴクロウサマデス❕

🗣️ エイプリル⚡️ 序盤の双子って前作のジェットコースターにいた人?それとも監督のネタ狙い??

✔️ チェンソー購入シーンで謎のレザーフェイス感を出した奴が(笑)

✔️〝ナイアガラの滝〟って言った瞬間なんか覚悟したよね。でもサメリョシカ🪆にサメED(AED)は悪くない。
pasatiempo

pasatiempoの感想・評価

2.4
初見。 
 オープニングは『スター・ウォーズ』の真似から。本作はやたら映画のパロディを突っ込んでくるので 路線変更でパニック映画でなく完全なコメディ映画ですね。 作中であまりにも多くの作品をパロっているので気が付かないものもあると思う。

とりあえず分かったもの。
  悪魔のいけにえ/T2/クリスティーン/ツイスター/スター・ウォーズ/スター・トレック/エイリアン2/アルマゲドン/アイアンマン …

 前作で妻を亡くし、父を月に残してきたが、これもなんでもあり状態。 妻はサイボーグ化で復活しアイアンマン状態、MCUに仲間入り。 父はアストロX社によって地球に連れ戻される都合の良さ。
 
  トルネードを消滅させる技術が開発され平穏だったが、5年ぶりにラスベガスでシャークネードが発生する。 ウィルスのように変異しアストロX社が開発した技術で消滅できない要素でシャークネードが変化!
 シャークサンドネード、オイルネード、ファイヤーネード、ライトニングネード、ヘイルネード・・・きりがない 。

 ラストは核燃料を飲み込んだヌークリアネードって!! 放射能をまき散らしてるじゃないですか。
 色々と出てくるので、今度はどんなやつって変化ばっかり追っちゃうよ。 シャークネードの恐怖感が無くなり、サメは大量に降ってくるけどそれ以上でも無くなんかおまけのよう。
  ただ、VFXはお金が掛かってあらゆる角度からの画を見せてくれる。

 核ということで冷やす必要あり→ナイアガラの滝を利用と、これまたシャークネードも何故かそこに向かう。

  フィンもチェーンソー装備のロボットで対抗するが、これが『エイリアン2』でリプリーが運転したパワーローダーそっくり。
 もう、お祭り騒ぎのような展開で息子までもチェーンソーを振り回し、お決まりのサメのお腹から生還劇。
  と、ここでパワーアップした笑い。 お腹から助けられるも心肺停止状態のフィン、電気ショックを与えるパッドが無くサメをこすりチャージ!! サメのAEDは爆笑でウケました。

視聴環境:吹替え、本編ノーカット
パンフ:未保有(未公開)
ひろ

ひろの感想・評価

2.8
シャークネード、サンドネード、オイルネード、ファイアーネード、カウネード、ニュークリアーネード
新しい名前どれだけ出てきたことかw

女性陣がみんな垢抜けて美人で強くなってる

なんかもう訳がわからないけど、何も考えずに見れてストレスフリーw

今回、サメが少ない❓
なと

なとの感想・評価

2.9
色々な台風が出てきたのは良かったけど基本的に対処法はそんなに変わらないし絵面的に面白いところも少なかった感じ。最後の戦闘シーンで着てたやつも微妙だし、もっとチェーンソーを使ってド派手に倒してほしかった。家族みんなでチェーンソー持ってサメを倒すために歩き出すところはかっこ良かった。
最後のサメを使って電気ショックをあたえるところは面白かった。

2021 101作目
カカ

カカの感想・評価

3.2
冒頭から登場する女の人誰かと思ったら、おじさんって呼んでたからフィンの姪なのか?2の時の姪とは全く雰囲気違うけどまた別の姪なのかな〜
そんなことはどうでもいいか笑
開幕からSTARWARSのパロディで笑ったし、色々な種類のシャークネードが観れるので楽しい作品でした。
シャークネードの世界観がどんどん広がっているので観ていて飽きさせない工夫がされているなと思いました。
シャークマトリョーシカのシーン大好き。
ゴールデンサメ劇場。
スターウォーズでスタートレックなベガスとテキサスチェーンソー編。
あいるーびーばっく。ワーグナー。

またOPのアニメがポップで可愛い。
前作のあの赤ちゃんがおっきくなって。
移動の車の中でのフィンの姪っ子のモード切り替えな変身っぷりに心ときめく。素敵。そしてこの人もまた美人。
エイプリルが「アイアンマンの奥さんよ」と言ってたけど、どっちか言ったら貴女がアイアンマンや。

ナイアガラの滝でアメリカの独断であんな事したらカナダと問題になるやろなぁ。。

作中で指摘される程にフィンの死神化が加速したな。
自分が行った先にコナン一派や金田一少年一派がいたら逃げるが、フィンがいても逃げる。

不意打ちの「コミコンが危険だ」の台詞に鼻水出た。
けぶ

けぶの感想・評価

3.0
やっぱり、オープニング豪華になってるわ。面白いし。
いいオープニング。かわいいしね。

だんだんもうよく分からんし、連続で見てるからだんだん飽きてきそう、、、


いや、そんなことない!疲れた時こそシャークネード!
>|