マチェーテ・キルズの作品情報・感想・評価

「マチェーテ・キルズ」に投稿された感想・評価

マチェーテは爽快なアクション!グロ!そしておっぱい!これに尽きます。このマチェーテシリーズは全体的にあえて安っぽい特殊効果や撮影方法で、いかにもなB級感がたまりません!そして俳優陣がとにかく豪華。メルギブソン、レディーガガ、アントニオバンデランス、兎に角枚挙に尽きない。
今作の率直な感想としましては、前回程ではなかったな。と言う感じです。マチェーテと言う映画の作り方が前回で出来上がってしまっているせいか、前回なら笑えたところが今作では滑りはしないけど、素通りしてしまう感じですね。
冗談に冗談を重ね、パロディにパロディを重ね、まじめにふざけるているのがこの映画。次回作は13日の金曜日でマチェットを振りまわしていたジェイソンが宇宙に行ったように、マチェーテもマチェット片手に宇宙戦を繰り広げる相当アホな映画になる事を楽しみに待っています。
【字幕・吹替/VOD視聴・セル盤視聴】
前作をよりコミカルというかトンデモ路線に進めた今作。
相変わらずキャストは豪華だし、物語もまずまず面白いのだけれど、私が求めていたマチェーテじゃなかったかな。どうしても前作と見比べてしまうのだけれど、前作が良過ぎて見劣りしてしまうというか。

そんなことより早く続編が観たいです…。
『マチェーテ キルズ』鑑賞
R.ロドリゲス監督作品。D.トレホ主演映画。やっぱり音楽と映像のマッチがいいね。今回は1に引き続きキャストが豪華でまさかのカメレオン役でL.ガガやA.バンデラスなどが出ている。確かに1に増してマチェーテの強さはupしてたけど前半はなかなか楽しめたけど後半からだんだんおかしくなっていって監督の意図がわからなくなっていった。3もやるらしいが予告を見てから観るか決めようと思う。
なべ

なべの感想・評価

2.5
これはひどいw
ひどいとは聞いてたけど、これほどとは。前作でのB級愛はどこへ行った? こんなにいい役者を使ってこんなクソ映画をつくったロドリゲスに罰を!
B級映画は大好物だけど、「ちゃんとつくったけど予算が足りなくてごめん」という愛のあるB級が好きなの。ちゃんと撮れるのにおふざけが過ぎて適当につくったのはダメダメ!内輪の笑いでできてるような雑なおもしろもあかん。カットごとの絵はとてもいいのに、ほんと残念。いや、続きはいらんから。もう最後の方はよそ見してたからね。
どれ、今日はむしゃくしゃするからひどいB級映画でもみてやるかって時にどうぞ。
終盤若干グダったけど乳マシンガンとかぺニバンピストルとか小道具大好き。一個一個の場面の絵面がいい
これはbadなバカですね~。バカ映画もね、ある程度真剣にやってくれなきゃ面白くないですね~。

みどころ:
T800くらい強いトレホ
楽しそうなメル・ギブソン
素人レベルの悪ふざけ脚本
飽きてくる殺人SHOW
キャスト無駄遣い
おっぱい不足
ぐだぐだ

あらすじ:
最強戦士マチェーテが同窓会を開いたからみんなおいでよ♪今度は前より派手にしたよ!あと、レディー・ガガがハリウッドデビューしたよ☆

「俺の考えた必殺技の方がスゴいからな!」的な、おバカ小学生じゃなきゃ許されないレベルのお粗末なストーリー。面白くない人の下ネタを聞く時と、同じ辛さに襲われます。

いや~ダニー・トレホってね、やっぱあんまり強くなくていいんですよ。「メキシコにヤバいやつがいるぜ…」くらいが上限ですよ。それをみんなで持ち上げたから『1』は微笑ましかったんですよ。骨格もちゃんとB級アクションしてましたしねぇ。アレでギリギリのバランスだったんじゃないかと思います。

ただ、メル・ギブソンが「お互い悪役が好きだよなぁゲヘヘ」とご満悦だったのはほっこりしましたね♪『3』はSWのパロディっぽいので、コスプレじーさん二人が張りぼてでじゃれるだけの、ロバート・ロドリゲスらしい超低予算映画を期待します!
blue

blueの感想・評価

3.0
前評判通り、B級感満載でした。
決してハンサムとは言えない不死身の主人公が美女にモテまくり、大統領直々の指令を遂行するという内容。
美女は沢山出てきますが、添え物のような存在。メキシコの街並みは美しいですが、グロい殺戮シーンも多数。
なんとなくマッドマックスを連想しました。男のための映画のような。。

美女達が目の保養だったので、☆3点。
みねば

みねばの感想・評価

3.6
アクション 7/10
脚本 6/10
グロ 4/10

正攻法では前作を越えられないと見たのか変化球を投げまくってきた。あ~~~~楽しかった

"It takes a bitch to make a bitch and I smell fish taco."

血と臓物と女で彩られた、クソB級映画。

なんといってもキャストの豪華さがたまらない。特に容姿が変わる「カメレオン」の配役が無駄遣いすぎて笑う。出演者も悪ノリが過ぎるな。

麻薬カルテルの恐怖や国境の壁など、地味に現代の問題を孕んでいるのも笑える。

ロドリゲス監督のこの路線は好きなものの、「アリータ」がB級にならないか心配。
ヒスパニック版ジェイソン大乱闘の何曜日?Part2!

今回はより不死身の男ジェイソンに近づいた男マチェーテ(ダニートレホ)の復讐物語!

前作よりマチェーテ(ナタ)、B級感、キャスト、グロさ、エ〇さ、敵の攻撃バリーエーションが...

大幅アッップデ〜〜〜ト‼︎‼︎‼︎w

腸のシーンは健在で腸絶面白かった🤣

股間マグナムやおっ〇いマシピス、内臓破裂銃など常識が通用しない作品になってて臓器全体でワッハッハハ〜したwww

なんといっても今作はキャストの贅沢使いw

金かかってんるね〜🤑

特にレディーガガ!

他の俳優女優さんたちを押し退いてのあのオーラ‼︎

たった一瞬だけの出演なのに眩しすぎる☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

もう最&高‼️

これで主題歌も歌ってくれてたらこの上ない満足感だったのにな〜w

ロバートロドリゲス監督よ!ほんと恐ろしい監督だね〜w

有名ハリウッド俳優をどんどん悪役にしちまう!

良いサイコパス頭脳をお持ちでw(これでも褒め言葉w)

あーさんのテンションMAX❗️でアゲアゲ⤴︎⤴︎なレビューも納得😆😆😆

自分も血管切れる勢いで爆笑しっぱなしでした🤣

寝る前に鑑賞する場合の注意点・・・アドレナリンの大量分泌!

もし寝る前に鑑賞した場合寝れなくなりますw

自分はそのおかげで寝不足です😂
>|