ひだまりが聴こえるの作品情報・感想・評価

ひだまりが聴こえる2017年製作の映画)

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:72分

3.4

あらすじ

中学生の時に難聴を患ったため教室でも何かと誤解を受けて周囲とうまくなじめないまま大学生になった杉原航平は、いつしか人と距離を置くようになっていた。大学の裏庭で出会った佐川太一は、バカみたいに明るい性格で思ったことを何でも口にする同級生だった。いつしか太一との距離が近づくようになるが、それでも学校での陰口や嫌がらせで卑屈になる航平に対し太一から「聴こえないのはお前のせいじゃないだろ!」と言われ、航…

中学生の時に難聴を患ったため教室でも何かと誤解を受けて周囲とうまくなじめないまま大学生になった杉原航平は、いつしか人と距離を置くようになっていた。大学の裏庭で出会った佐川太一は、バカみたいに明るい性格で思ったことを何でも口にする同級生だった。いつしか太一との距離が近づくようになるが、それでも学校での陰口や嫌がらせで卑屈になる航平に対し太一から「聴こえないのはお前のせいじゃないだろ!」と言われ、航平はその言葉に心の底から救われるのだった。太一との出会いが航平を変えていくのだが、近づけば近づくほど二人の距離に期待と不安が募る航平がいるようになって・・・

「ひだまりが聴こえる」に投稿された感想・評価

BLと知らずに鑑賞。キスシーンを除けば普通の友情物語。普通に良い歯。
それにしても、どうしてあんなに演技がクサいのか。そっちの方に気を取られた。
kaname

kanameの感想・評価

1.5
難聴の大学生とその友人が織り成す掛け替えのない日々を描いたBL漫画の実写化作品。

クサい芝居に薄い話…最後まで見るのが、なかなかキツいレベルの内容…

会話と独り言で全ての状況説明するあたりも何か古臭い作りだったなぁ…w
ぽん

ぽんの感想・評価

3.0
これもまた普通の人とは違う人の話

2本続けてこういうテーマの映画を見ると普通って結局何だろうと思わせる。

この映画の個人的に良かったなと思う点は
難聴の男の子にはどう聞こえてるか観てる側にも分かるとこが良かった。

あとは細かいけどもう一人の男の子は家が貧しい設定だからかガラケーのとこかな

原作あるらしくこれもまたBLだったみたいでなんとなく借りてみたけど、BLて感じより普通に友情って感じだった。最後らへんはあれだけど、これもまた誰が見てもいい映画だと思う。
ナーボ

ナーボの感想・評価

4.3
▼原作未読の状態で観た。
単にBLが好きというミーハー心で観た。

▼めちゃくちゃ良かった‥。すごくハートフルなストーリー。BLというジャンルだけに括るにはもったいない作品。

▼原作買いましたー!
愛り

愛りの感想・評価

3.8
一緒に居たい人と一緒に居ること、当たり前のそれがどれだけ幸せなことかを忘れていた。その空間には他には何も必要ない。ただただ2人で同じ時を過ごして笑い合う、それだけで充分なんだ。
2人が幸せだと楽しいと感じていれば憂鬱な現実など考える必要がない。

太一の真っ直ぐな人柄。
周囲を気にして生きるよりも、自分の心の思うままに生きたい。
自分よりも、誰かを想ってその為に生きたい。その人の為に一生懸命になりたい。そういう出会いをしてみたい。
こういう欲を持つことは久しぶりだ。
まどか

まどかの感想・評価

3.4
多和田秀弥がただただ天使。全然ボーイズがラブってないからほぼほぼ関係ないけどこれで攻めとか信じない。
“難聴の大学生と明るい同級生との温かな関係を描写したBLコミック”が原作とのこと。
どうしてもBLというワードの先入観込みで見てしまうわけですが、実際にはそれほどベッタリな風でもなくって。

その筋の方向けには ひとつの売りになるであろうBLテイストというのは ほぼほぼ感じられず。
「だから、そこがいいのよー」という声が聞こえてきそうではありますね。

ちゃんと物語に寄り添うとするならば、難聴を患っている方のエピソードとして、それはそれで見るべき点、考える点があったと思います。
全く何も聞き取れないということでもないとか。手話というのも一つの“手段”ではありますが、何やらファッション的にそういうものが扱われていたり、聴力の弱い方みんながみんな手話やってるのかっちゅうとそういうことでもないんだとね。

そういう部分を知ってか知らずか。あるいはただ美味い弁当が食いたいだけなのか。航平にやさしく向き合う太一。そんな彼に対し、他者に感じるものとは違う感情が沸き上がっていく航平。

ただし、男子同士の関係性で、感謝とか感情の高まりをこのような感じで表現することは…ないのかなと。リアルには思うわけですが。
これが女子同士ならどうなのかわからんのだけどね。

でも そこにある感情がとてもピュアであることが、この物語のファンには たまらないところなんでしょうな。
んで紗がかかったような映像も それに拍車をかけていたですかね。
色々気になってしまう映画だった。作中で行われているのは、ノートテイクではなく、ポイントテイクだと思う。それから、テイクは学校が準備するものであって、利用学生が用意しているのも、気になる。観て損したとまでは思わないけれど、人に勧めたくなるような映画ではなかった。
Canari

Canariの感想・評価

-
航平のように、
この人に出逢って、人生が変わった、
この人に出逢える人生なら、もう一度やり直せるとしても、同じ人生で良い、
そんな風に思えるほどの出逢いがあった時、
私はこの物語を思い出すと思う。

宝物みたいな、出逢いの物語。
太一がひたすらかわいいかわいい。
あか

あかの感想・評価

3.0
原作を読まず鑑賞。

純粋で暖かい話。ほんっとに体感短かった。先が観たくなるような終わりだった。ヨコがいちいち可愛かった。「たいち!」って両手広げて待ってるシーンとか面白くて和んでしまった。

航平の人の話を聞いて驚いてるのかわからないけど、目を見開いて瞬きをしない演技が苦手だった。あと、すれ違ってる時の太一の考え方が私には理解できなかった。

映画見て原作を読みたくなった。
>|