映画 ギヴンの作品情報・感想・評価・動画配信

「映画 ギヴン」に投稿された感想・評価

秋春すきなのと、特に春樹には幸せになってもらいたいから泣いた
7676

7676の感想・評価

4.7
アニメシリーズを踏まえつつ空間や音響が劇場向きにしっかり作られていたと思う。ライブシーンはもっとライブの箱のような閉塞感を感じる音響調整してほしかった。浅沼さんの芝居があって雨月により寄り添えるようになった。
テレビシリーズみたいな絶対的にここのシーンが!みたいな山場がなくてOVAって感じだった
kame

kameの感想・評価

4.3
見れました見れました、あぁ尊い🥺🥺


前情報で春樹さんと秋彦さんメインだったのは知っていたのですが、こんなにしんどいとは!何事ですか!聞いてない!

友達と、「秋彦よりいい奴いるんだから!!やめとけ!!春樹!!」とかツッコミながら見てたのも楽しかったなぁ、、映画館では感傷に浸りながら観れるけど、家だとこうやって色々ツッコミながら見れるのが好きなんですよね!!

雨月くんと秋彦さんの関係性がなんだかんだで好きで、お互い必要な存在なのに、離れなければお互いがダメになってしまう。なんだこの反比例状態!!そこに巻き込まれる春樹さん、、本当に良い人ですよね🥲🥲ロン毛好きなので三つ編み春樹さんは我得でした。


本当にラストのシーンとか、雨月くんと秋彦さんのシーンとか本当にしんどくて、しんどくて。原作も読んだのですがめちゃくちゃ忠実でびっくりました。 原作を今ある限りまで読みましたが、次は柊くんなんですよね!頑張れ!でも気をつけな!

個人的にはやっぱり真冬と立夏が好きで、2人が出てくるほんわかシーンはその前後の怒涛のシーンから守ってくれるような、癒しの空間。

立夏の鈍臭鈍感なところが本当に可愛い、、内田雄馬さん😣😣 立夏の俺様なのに色々考えすぎちゃうところが好きで、それを包み込む真冬くんの優しさがまたいいんですよね、、
変な話、私はユキくんと真冬くんのペアも好きです。めっちゃ好きです。。

アニメ見返そうかな!!

柊くんが号泣してたのチラッて出てきてて可愛かったなぁ、、続編のネタバレ少しすると、立夏と柊くんは似たもの同士すぎてよく喧嘩してるんですよ〜、でもそれが尊い(いくらとしらすの下りが好き)


楽曲がとにかくいいので、友達の家から帰る際にはずっと彼らの音楽を聴いていました。

お前ら一生幸せでいろよな!!
TVアニメ版の伏線回収してこの映画で一段落

主役は春樹
バンドも同じ好きを追及するとぶつかり合って解散っていってたもんね。
自己主張が映える天才ばかりじゃなく年長兄貴なフォローがなきゃバンドにはならない!

クラシックなヴァイオリニストとバンドのドラマーの二刀流は格好いい

夏祭りから夏祭りで一年経ってる
cyan

cyanの感想・評価

2.5
アニメより倍BL色強くなっててワロタ
どうしようもないくらいの天才が好きってだけで雨月が好きだわ
てかガチレスしちゃって申し訳ないんだけど本番まで自分らの曲歌詞しらないんすごいな
ブワッッッッッッッて泣いたの久しぶりだった
歌上手すぎ、、しんどい、、

様々な拗れを乗り越えた先の演奏は心にくるものがある、、
pomme

pommeの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

アニメシリーズでは真冬と立夏の話でしたが、
こちらは春樹と秋彦(と雨月)の話です。

いわゆるBLですが、人が人に惹かれるということ、心理描写が丁寧に描かれているので、綺麗な恋愛ものだなと思いました。
アニメーションもとても綺麗です。

秋彦は音楽が好きだったことを思い出し、雨月は真冬の歌に救われる、"夜が明ける"。
アニメシリーズもそうですが、ライブシーンの使い方上手すぎだと思いました。
思いの外BL色強めだった。
中身は普通の雰囲気作品だなと思ってたけど、その雰囲気作りが丁寧でよかった。作画が良い。
雨月が泣きながら振り返るシーンはくるものがある、、、切ない。
アニメもそうだったけどライブシーンで感情をぶち込んでくる演出がすごく良かったしシンプルに曲もいい。
才能への羨望が恋情になってこんがらがってくのはわりと恋愛ものとしてリアルなシチュだよね。
K

Kの感想・評価

-
アニメは未鑑賞でしたが、原作は読んでいたのでお勧めされて観賞。音楽が良かった。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品