ベルリン・シンドロームの作品情報・感想・評価・動画配信

「ベルリン・シンドローム」に投稿された感想・評価

みーる

みーるの感想・評価

2.0
テリーサ・パーマー見たさに。
相変わらず美人だけど幸薄めな役が似合う…
旅行先で出会った男がヤバいやつだった、って話なんだけど、イマイチ盛り上がりに欠けて最後まで淡々と進んでいった。
心理描写も少なめなので、あんまりしっくり来なかった。
登場人物の心理がわからん なんで自分を監禁してる相手と仲良くしてんの?(^^;)
manac

manacの感想・評価

-
あまりドラマチックな展開がなく淡々と進んでいく映画。
その単調さが返ってリアリティを醸し出していて怖かった。

一人旅して見知らぬ男の家にホイホイついていくんだから、多少自業自得だよね。いくら相手がイケメンでも。
ところどころお前ホントに脱出したいと思ってる?と思われる言動が見られたが、自主性がなく判断能力・決断力に乏しい「極普通の女性」としては精いっぱいの行動だったのかもしれない。巧みに言葉で犯人を誘導するような知性や、常人離れしたサバイバル能力がないところがまた妙にリアルで恐怖を感じた。

嫌いな映画じゃないけど、エンターテイメント性はない。
ARLES

ARLESの感想・評価

3.6
アートっぽい描写・音楽でしっとりゆったりの長いシーンが結構あるけど不思議と観ていられた。。

ある程度の期間監禁される作品だと2時間近い上映時間は合っているのかもと。。

拉致系ではなく寝泊まりした男の家に鍵をかけられてしまい出れなくなる、というお話。

犯人の目的から監禁ものとしては胸糞度低め、ただ精神不安定なのか状況を打開する為なのかクレアの環境に適応したようにみせる演技や言動が痛々しかった、。

他ポイント

■テリーサパーマーの濡れ場がそこそこあって割と生々しい、。

■観逃したのか犬が途中から居なくなった、。もしかして殺害されたけどシーンをカットされてる??
honmosuki

honmosukiの感想・評価

3.0
スリラー。一人旅の女性が、旅先で出会った男の家で一夜を過ごすが、家から出してくれなくなる。旅先では気をつけようパターン。がっつりな監禁サイコではなく、ナチュラルな監禁。頑張れば、もう少しなんとかなりそうな感じがもどかしい。旧東ベルリンが舞台のようで、古い建物や寂れ具合がおしゃれ。
ねる

ねるの感想・評価

-
ひと昔前の二次創作に出てくるヤンデレ男みたいな奴に狙われた女の話
イッヌどこ行ったんやろか…
theocats

theocatsの感想・評価

1.9
異国で知り合った現地男に声をかけられた女性観光客。自室へと誘われセックスを済まし一夜明けて外へ出ようとしたら中から開錠しても外へ出られない・・・

ちょっと毛色の違う監禁ストーリーなんだけど、痛切さや切迫感はそれほど伝わらず、1.5倍速でもだるいムードが漂う。

「どのように女性が救われるのだろうか??」という好奇心のみが減退しつつある視聴意欲を引き留めるが、せっかくの救出劇も訳が分からないうちに・・・・みなまでは言いませんが、何とも消化不良。

芸術家的センスを垣間見せたがっているかのような無駄なカットも有ったりして何だかなぁ・・と思ったりもしたし。
もう少しリアルなエログロさえげつなさを突き詰めた方が良かったかもしれない。
tomoya

tomoyaの感想・評価

2.7

見てから知ったブラック・ウィドウの監督ですか😌
そう思うと映像の明るさとか家の感じとかちょっと似てた?笑

タイトルからドイツの映画かと思えばまさかのオーストラリアの映画笑
ドイツはイタリアの次に行きたい国なので、ちょっと陰気臭いドイツは嫌でした笑

そして主演の俳優さんもなんか見たことあると思ったらライトオフの主演だった人😌
叫び役がぴったりかもしれない😹

ストーリーは監禁ものなので基本的には波がないというか、あまり変化は無い
一目惚れ→実はヤバい奴→監禁
の流れはDisney+の「Fresh」に通じるところがあった😱

優しい部分と恐怖で支配する部分。この緩急が激しい人がサイコパスであり、緩急の付け方が上手な人が洗脳の上手い人であり発展すればカルト宗教になるのではないかなーと思う😨

そういう意味で今回のヤバい奴のことを考えると、ちょっと優しさも恐怖部分も足りないかなー
もっとサイコパス感を出してほしかった、、、
そしてやっぱり詰めが甘いんだよねー

やっぱり親から愛を受けないとこういう歪んだ癖とかを持っちゃうのかなー

結末はやり返すという意味ではいい終わり方だけど、それが正しいかと言われると難しいよね😅

まあまあです
あと10分短くてよかったかも笑
あと結局ベルリンシンドロームっていう症候群?はあるんですか?
比喩的な造語?ベルリン関係ある?
調べても出てこなかったんだよねー
はる

はるの感想・評価

2.0
★1842作品目
☆2022年︰757作品目

旅行でベルリンを訪れ、そこで出会った男性に監禁される女性カメラマンの物語。

他の監禁映画に比べると
随分ユルい。

2人が惹かれあったの理由も
監禁する理由も分からないし
モヤモヤが残る映画だった。
せきね

せきねの感想・評価

2.0
その男は、ナチュラルに監禁する。

一瞬、監禁されていることに気付かない。
その感じは新しかったです。

冒頭からしばらくが、あえてストレートなラブストーリーと勘違いさせる素敵な演出、フリは完璧。
監禁からの展開がもう一捻りあれば。
>|

あなたにおすすめの記事