パリ、ただよう花の作品情報・感想・評価

パリ、ただよう花2011年製作の映画)

LOVE AND BRUISES

上映日:2013年12月21日

製作国:

上映時間:105分

3.2

『パリ、ただよう花』に投稿された感想・評価

jamming

jammingの感想・評価

4.1
こうゆう話はなぜか
パリが多い気がする。

タハールラヒムの色気
こんなに暴力性の強い恋愛映画だと思っていなかった。愛じゃなくて依存の関係。マチューのことが好きだけど幸せにはなれないことが気付けただけ良かった。家族にアバズレって紹介してる人間だし...
ホアが常に不安そうな表情だったしこのままこういう関係を続けてたらいつか体調壊しそうだと心配になってしまった。でもこういう人よくいると思います。
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.3
タイトル的にお洒落そうと思ったら、男を渡り歩く花(ホア)さんのお話だった。
男性たちの言動にも不快感があり、共感ポイントはなかった。
タハール・ラヒムがとても若くて、「モーリタニアン」の時の方がかっこいいと思った。
ryo

ryoの感想・評価

4.1
関係性に閉ざされて、自由がない
所有欲は身体性によって解かれる
個人的には、最後のクレジットで、本映画の手持ち撮影が、賈樟柯監督作品の撮影余力為だったことに、ちょっとビックリしちゃいました。
どうしようもない中国のアバズレがパリを舞台に、まさにタイトルどおり"ただよう"話。
セックスシーンも下品なポルノ並みの質で鼻白むほどだ。喘げばいいってもんじゃないよ‼︎セックスは。

本当どうしようもない作品だなと思ったけど、その中でもこれは面白いと感じたのは場所によって変化する"格差"の描き方。

花(ホア)は、中国では大学で必要とされるくらいの通訳という知識人であるにもかかわらず、フランスでは中国女として労働者階級にもバカにされる始末。

監督が中国人みたいだったので、中途半端なアジア人の描き方でないのは良かったが、これまた中途半端に当局と反体制派の話題を盛り込んできて、結局何なん⁈て話。

お目当てのタハール・ラヒムは、露骨なセックスシーン多めな割にあまり色気を感じなかった。
「預言者」の囚人役が観た作品の中でなぜか色っぽく感じた。 https://pedia.watcha.com/ja-JP/comments/boY2lJKjNYQWO
まつこ

まつこの感想・評価

3.0
赤裸々な愛の記憶。性と暴力と情熱が絡み合う男と女の日常。不倫は犯罪じゃないけど不道徳だと別の作品で言ってたっけ。でもこれを見ていると「愛の前では何もかもが平等になる」とでも言っているみたいだった。あれやこれや考えるならホルモンに従えということなのか。(私には無理だ〜)まず原作が私小説なことに驚く。色んな男と絡みすぎだし、殆ど喘いでいるからな。タイトルが「bitch」から変更されたみたいだけど…たしかにそっちの方がしっくりくる。(一番初めの「裸」が一番よかったような気もする)花から花へと漂うように男にとまっても何も変わらないし、埋まらない。拭いきれない孤独がロウ・イエ作品の中にはいつも収められているように思う。
memo

memoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公の女性ホアの名前を漢字で書くと花。『パリ、ただよう花』は良いタイトル。異国での満たされない孤独感や不安感。居場所を求めるようにパリと北京を行き来するホア。居場所や頼る場所のないホアの不安感を表すような、パリの街の手持ちカメラの映像がとにかく良い。あと部屋の中で窓を映す場面が多かった気がする。中国に戻ったときに大学でエリート的な扱いを受けており、生きていく選択肢がいくらでも広がっていそうな彼女が、パリではアジア人そして女性というマイノリティとして過ごし、中国でもなぜかそこまで望んでなさそうな結婚を選ぶという、どこまでいっても抜け出せないほの暗い絶望感……

ほとんどレイプのような形で最初に体を重ねるのだが、パリに着いたばかりで男に振られて頼るあてのなかったところに自分に興味を強く示してくれる存在が現れる、というのは孤独な彼女にとって大きかったのだろうか。「パリの大学に通う賢い中国人女性ホア、工事現場で働く学歴の低いフランス人男性」という構図、大学ではフェミニズムの講義(授業をぼーっと聞いている男性が何人か映される)、男が隠していた秘密(もう一人の相手もパリではマイノリティの立場にあるっぽい見た目の女性だった)、男の実家を訪れた際ホアはその家族から差別的な発言を受ける、など、自分ではまだうまく落とし込めていないが作品のテーマと関係あるのだろうなあという部分も多くて、興味深かった。
es

esの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

パリ18区。17区18区19区で映画分布図を作りたいくらいにパリの複雑性を描く際にはこの移民が多く住む地域が舞台となる。

学歴を持ち自ら自由な道を選び取ることもできるのに絶えず男性に束縛される事を望む主人公と、民主化運動が頓挫したままエリートとして育て上げられ国家に管理される事を受け入れる中国国民の姿を重ね合わせている。

属性によって変化するマイノリティとマジョリティの描き方も上手い。
フェミニズムに関する講義の際に他人事として意識を他所に飛ばしていた男子学生のように、マジョリティによる無自覚・無関心・無配慮を感じるシーンが作中に沢山散りばめられている。それがアジア人であり女性であるホアに対してだけではなく、時として白人で男性ではあるが低学歴のマテューに対しても向けられる。
特にマテューがホアの友人達が集まる食事会に合流するシーンが印象的。唯一共通の話題にできそうな「女の扱い方」を得意げに話しマウントを取ろうとするマテューの姿が痛々しい。
全体を通してホアだけではなくマテューに関しても丁寧に描いていたのが良かった。仕事仲間や故郷の炭鉱町の人々と比べればマテューはそこまで保守的ではない。中国人であるという理由で偏見の目で見てきたり、ステレオタイプな中国人像を押し付けてくる人々とは違い、彼は知ろうとする姿勢を初対面時にホアに対して向けていた。生まれた環境が押し付けてきた男らしさに雁字搦めになって最低な行動を繰り返していた彼をホアが見限れなかった理由はそこにあると思えた。そして彼の故郷、家族を見たホアがマテューは彼自身が生きるコミュニティの中でマイノリティだったのだと察するシーンの描き方も上手い。(読書していたり、壁に大黒様らしき絵があったり、あの盗んだサーベルも結局売れずに自室に飾っている所とかもその後のホテルへ向かう展開への説得力となる)

そんな演出の巧さに唸りながらも、正直冒頭は性描写が苦手なので無理かもしれないと思いかけた。揺れる画面も画面酔いしやすい人には辛いかもしれない。けれど最後まで観て良かったと思える作品だった。
DZ015

DZ015の感想・評価

3.2
原作が「裸」という身も蓋もないタイトルのリウ・ジエの半自伝小説ということで、まるで会話のような性描写。性描写でこんなにも語る作品は初めて。登場する男女どちらにも共感こそ出来ないが、ロウ・イエ監督一流の細やかな演出によりリアルに響く。主人公ホアに対するあからさまな差別にロウ・イエ監督の思いが透けて見える。毎度音楽のチョイスと使いどころが素晴らしい。
>|

あなたにおすすめの記事