帰ってきたバスジャックの作品情報・感想・評価

帰ってきたバスジャック2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:68分

1.8

あらすじ

萩原バスのツアー添乗員・小宮昇(遠藤章造)は失敗ばかり繰り返し上司・八巻(藤重政孝)からクビを言い渡された。しかし、同僚の岡田花子(黒沢かずこ)の一言で小宮に最後のチャンスが舞い込む。それはミステリーツアーの企画だった。しかし、岡田はそのツアーで小宮にバスジャック犯の役をやるように持ち掛ける・・・。

「帰ってきたバスジャック」に投稿された感想・評価

charon

charonの感想・評価

1.5
2回は見ないけどな〜
ジミーちゃん面白かった〜
さや

さやの感想・評価

2.0
ダウンタウンの、
「パート2あったら俺ら出るで」
の発言を間に受け制作された誰得シリーズ第2弾!!
※ダウンタウンは出ません。


あらすじ

前略、
中略、
後略!

(ちゃんと書いてあるんです!ただ略してるだけなんです!)


「帰ってきたバスジャック」
帰 っ て く ん な ! !(切実に)
これ一体どこの誰に向けた作品なんだよ!
需要と供給が合ってないよ!!!
まるで発注ミスだよ!!!!!
だいたい前作のバスジャック犯は村田充なんだけど??
帰ってきてないんだけど??
バットマン抜きの「バットマン リターンズ」が許されるのかと私は問いたい(誰に?)
ジミーに!(ジミーかよ)


監督は藤原健一。
主演は遠藤章造。
助演に黒沢かずこ、岩尾望、ほんこん。
ジミー大西も出るよ!(私得)


前作の方が面白かったです。
今作は少しバカバカしさに欠けていましたね。
黒沢がわりかしいい演技してたんですけど、違うんだよなぁ。
ガキ使でも遠藤の演技がクサすぎると言われていましたが(遠藤の演技のクサさを確認するだけの回があった)、バスジャックってそこも含めて面白いんだと思うんですよね。そんな世界観でお笑い芸人ともあろう人が真剣に演技をされたんじゃ困るんですよ。黒沢には遠藤のクサさを少しは学んでもらいたい。
あっ、遠藤は前作よりも酷かったです(褒め?)

演出と台詞がまぁクサい!
台詞回しががっつり20世紀でしたわ。
あまりのクサさに、料理中の母の手を止めてしまいましたよ。
母の心は"ジャック"されていたのかもしれませんね。

バスジャックシリーズの魅力と言ったら、上映時間の短さでしょうか?
68分しかないので、カップ麺の待ち時間にサクッと観れちゃいますよ!(スープ吸い込ませたい派かよ)

ポスターを拝見して気になったんですが、
「島ぜんぶでおーきな祭」って何?w
しかも「〇〇賞受賞!」とかじゃなく、
「特別上映作品」て!!!
あんたらこんなよくわからん映画祭で上映されたことになんぼほど誇り持ってんねん!!
なんでそれが売り文句になるって思ったんや!!
カンヌか!島ぜんぶでおーきな祭はあんたらにとってはカンヌなんか!!

ちなみに3日間で撮ったらしいですが(AV!? by松本)3日にしてはいい方だと思いますよ。
前作のDVDはガキ使影響でアマゾン売り上げランキングで4万805位から216位にまで上がったそうですね(4万805位って言葉あんの? by松本)
ダウンタウンが出てくれないと知っても、制作発表した責任をしっかりと取って、泣く泣く撮影した製作陣のことを考えるとなんか低評価つけづらいなぁ(本当はもうちょっと「泣く」足したいくらい。2個じゃ足りてない。 by松本)
結論:バスジャックより、バスジャック弄りの方が面白い。
Tako

Takoの感想・評価

1.0
点数はつけられない駄作。
必死に探しても褒めるところはない。
rieko

riekoの感想・評価

1.5
ガキ使で弄られてたので興味本位で観たのだけど、いろんな意味で予想以上に凄かった。
映画として本気で観に行っていたら憤慨したところだけど、ネタとして観てるのでこれはこれでアリでした。
1234

1234の感想・評価

1.0
演出、カット割り、カメラ、セリフ、音楽なにもかもひどい 遠藤だけのせいではない 学芸会
mash1966

mash1966の感想・評価

1.5
http://mash1966.hatenablog.com/entry/2017/08/28/233602
RABI

RABIの感想・評価

2.5
ガキ使で観賞www
もうね……クサッwww


2278クサイですwww
ガキ使で観たので十分です。
フルで観るのは…いつになるかな…?
海杜

海杜の感想・評価

1.8
ガキ使の企画のやつで十分かな?
もう観る気がしない 笑
LUKE

LUKEの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

沖縄映画祭にて鑑賞。
前作は不人気だったらしい。ガキ使で知名度を上げたとのこと。とてもシュールなコメディー映画。