東京ウィンドオーケストラの作品情報・感想・評価

東京ウィンドオーケストラ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:75分

3.2

あらすじ

屋久島で日本有数の吹奏楽団を招いたコンサートが開催されることになった。担当の役場職員・樋口が港に迎えに行くと、 そこにいたのは観光気分の10人の楽団員たち。だが彼らは自分たちが有名オーケストラと間違われていることに感づき、島から逃亡しようとする。 同じ頃、彼らが偽物だと気づいた樋口は自分のミスを隠すため、彼らを“本物”としてだまし通すことを決意する―。 刻一刻と迫る開演時間。果たして樋口と素人…

屋久島で日本有数の吹奏楽団を招いたコンサートが開催されることになった。担当の役場職員・樋口が港に迎えに行くと、 そこにいたのは観光気分の10人の楽団員たち。だが彼らは自分たちが有名オーケストラと間違われていることに感づき、島から逃亡しようとする。 同じ頃、彼らが偽物だと気づいた樋口は自分のミスを隠すため、彼らを“本物”としてだまし通すことを決意する―。 刻一刻と迫る開演時間。果たして樋口と素人同然のアマチュア楽団員たちは、このピンチを乗り切ることができるのか!?

「東京ウィンドオーケストラ」に投稿された感想・評価

きく

きくの感想・評価

4.8
へっぽこオーケストラとクールな女性職員の大きなウソ。最後は結構サワヤカ。
有名オーケストラに間違えられたポンコツ楽団が頑張って練習して素晴らしい演奏をする感動作かと思って観たら
有名オーケストラに間違えられたポンコツ楽団がアタフタしてなんとか誤魔化そうと必死こく作品だった…

屋久島に東京から有名楽団を招く事になる、町役場の担当のお姉ちゃんが彼等を迎に港へ行くとそこにはポンコツ臭漂う楽団員達が
間違いに気づいたお姉ちゃんと楽団員達はミスを隠すために本物のふりをする事になるが…、って話

これは刑事事件にならんの?大丈夫?
楽団員達は間違えた姉ちゃんが悪い!って怒ってたけど、そんな紛らわしい名前付けてれば誰だって間違うし、破格なギャラに何かがおかしい?なんて思わなかった楽団員達にこそ責任ある思うわぁ、誰がカルチャースクールのアマチュア劇団に楽器一新できる程のギャラ払うねん…、下手したら詐欺になるんちゃう?
決してお姉ちゃんが美人だから庇っているわけでは無い!

あ、でも本作の1番のポンコツは長年その有名オーケストラのファンで、ぜひ屋久島に迎えようと提案した町役場の職員のおじさんかと
会えただけで感動のあまりプルプルしてるくらいですもの、指揮者の顔くらい知ってて当然やろ!
そんなもん、はじめて「片腕マシンガール」観て以来その奇想天外な作品群に虜なマシンボーイが井口監督の顔知らんようなもんやで?そんなわけある?僕なんてスマホの中に魅惑のワガママボデーの井口監督のセミヌード写真がしっかり入ってるわ!ゲラゲラ、超癒されるぅ
ちなみに酔った西村監督がフルチンで佇んでる写真はさすがにいたたまれない気持ちになり削除しました…

とまぁ、田舎特有のなんて言ったら田舎の方に悪いですが、ユルさが全開の作品でして
つい先日仕事で五島列島に行ったのですが、ゆったりした空気がなんとも居心地がよく、やっぱり田舎は良いなぁ、なったんと同じ空気を本作からも感じました
はぁ、渋谷と新宿合わせたのと同じくらいミニシアターの揃った田舎に引っ越したいのですが、どこかの自治体の方頑張ってくれませんか?できたらあまり寒くないところが良いです、関東より南で日本海側も冬がキツイから嫌です
お願いします!
ひいら

ひいらの感想・評価

3.0
楽器に携わっている人間だからこそ
何も考えずに笑えた。無心で笑えた!!
miyabi

miyabiの感想・評価

3.5
普通、間違えないでしょう。そんな超有名オーケストラと カルチャースクールとなんて。 田舎の 役所を 馬鹿にしてないか?可笑しすぎる。
バレた後の 対応も 笑っちゃうな!
もっと 可笑しいのは、担当職員と課長の.... いくら 田舎の島だからって、もっと いるでしょ、外に。
しかし、いくらカルチャースクールだからっていっても、演奏 下手過ぎ

主演の 中西美帆、なんか山本彩に 似てる?

吹奏楽経験のある自分にはなんとなくわかる。たとえ上手に演奏できなくとも、舞台に立って演奏するひと時は楽しい。ただやはり練習はしなければいけない…
ずっと観たくて近くの映画館でやっと公開されたので観てきました!
屋久島に有名な交響楽団と間違えられてアマチュア楽団が呼ばれる話。
みなさん評価はイマイチですが、僕的にはかなりハマりました。

その勘違いが生み出す姿にクスクス笑えますし、中西美帆演じるクールな役場の女性とのやりとりや、ずっと交響楽団を神のように崇めていた職員とのズレとかが笑えます!
はたしてヘタな楽団がバレずにやり遂げられるのか?
そのハラハラ感も見どころです^ ^

いわゆる興行的な作品と違って、希望があるようでないような「そういうラストかぁ〜」ってのも好きでした。

とにかくニンマリさせられて、楽しく劇場をあとにできる作品だと思います!!
あの勘違いが生み出したあたふた具合は結構面白かった。
でももう少し抑揚が欲しかったかな。

初日舞台挨拶付き上映行ってきました。

坂下監督初の商業映画です

監督、
かなり変わった人でした
’`,、(’∀`) ’`,、

キャストも半素人っぽいので
舞台挨拶もトークが回らないんでしょうね?
(●´艸`)
MCの人が付いて来てましたし
質問ふられても、
何かボサッとしてて聞いてないの
_| ̄|○∠))バンバン

そんな人が撮ってるので
舞台の屋久島も
ほぼ、どこだかわからないし
伊豆辺りで撮って、屋久島ですって言ってもわからない感じ
屋久杉は登場してはいましたが。

しかし
この上映時間にして
見事なまでに完結してるし
笑えるし
高い才能を持った若き天才であるのは間違いない‼
変わり者だけどʅ(◞‿◟)ʃ

原案はまったくもってオーケストラの物語ではなかったと言ってたけど
上手く昇華させましたよね。

短くてサクッと観られ
とてもよく笑えます‼

出会ったら絶対観ようね
mura

muraの感想・評価

4.0
いやぁ、面白い。苦笑って感じだけど(笑)

友達が住んでいることもあり、屋久島には何度も訪れている。もちろん山と海を求めてなわけだけど、この映画ではそういった魅力はまったく語られない。ほぼ無視。そう来るかと。あれほど魅力的な島のなかで、あの役場のあたりだけで話を完結させるかと(笑)

でも、その発想が面白い。そして小気味いい。

松竹ブロードキャスティングが『滝を見にいく』『恋人たち』に続いて制作した映画。となると、絶対に期待してしまう。で、今ひとつ見なれない役者をうまい具合に配置しているところなんて、このシリーズの魅力を引き継いでいるなと。

でもそのなかで、小市慢太郎は相変わらずの存在感。そして、この中西美帆って女優がなかなか良かった。とくに不機嫌な表情が。

この話、結局は行政の失態と詐欺ってことになる。でも、それを笑い飛ばせるのが映画。この殺伐とした社会のなかで、映画が癒してくれることも多いなと、この映画を見ながらあらためて思った。

最後の最後の展開が、「ウィンド(ウインド)」なんだろうな。
1点以下つけれないから1点で笑

ニセの楽団がテーマなら映画自体は本物じゃなきゃ意味がない。超絶退屈だし、オチもつまんないし、感動もないし、役者も素人に毛が生えた程度。特にあの主役の女。誰だあいつ💢

だいいち役者が誰も見たことないような人ばっかりなんて映画初めて見たよ。なにこれどっかの文化祭かなんか?笑

屋久島が舞台ならもっと自然を綺麗に撮ろうよ!!屋久島に失礼だわ!😤
でもあれ何?イワサキホテル?
あそこは泊まりたい❤️
イワサキホテルに1点。それだけ。

どうしようもないウンコ映画💩
>|