東京ウィンドオーケストラの作品情報・感想・評価

東京ウィンドオーケストラ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:75分

3.2

あらすじ

屋久島で日本有数の吹奏楽団を招いたコンサートが開催されることになった。担当の役場職員・樋口が港に迎えに行くと、 そこにいたのは観光気分の10人の楽団員たち。だが彼らは自分たちが有名オーケストラと間違われていることに感づき、島から逃亡しようとする。 同じ頃、彼らが偽物だと気づいた樋口は自分のミスを隠すため、彼らを“本物”としてだまし通すことを決意する―。 刻一刻と迫る開演時間。果たして樋口と素人…

屋久島で日本有数の吹奏楽団を招いたコンサートが開催されることになった。担当の役場職員・樋口が港に迎えに行くと、 そこにいたのは観光気分の10人の楽団員たち。だが彼らは自分たちが有名オーケストラと間違われていることに感づき、島から逃亡しようとする。 同じ頃、彼らが偽物だと気づいた樋口は自分のミスを隠すため、彼らを“本物”としてだまし通すことを決意する―。 刻一刻と迫る開演時間。果たして樋口と素人同然のアマチュア楽団員たちは、このピンチを乗り切ることができるのか!?

「東京ウィンドオーケストラ」に投稿された感想・評価

うさこ

うさこの感想・評価

3.0
ロケーションはもっと屋久島らしさを強調するのかと思ったら案外サクッと紹介した感じ(笑)
ハラハラドキドキではなくクスッとするような緩い感覚の映画でした。
ゆるーく。
音楽すきなんだなーって。

ずっと閉じ込められちゃえばよかったのに笑
ひろ

ひろの感想・評価

3.8
まさかこんなに笑わせてもらえるなんて(о´∀`о)橘さんの追い詰め方がエグい!基本顔芸なんだけど、その間が好きだった。最後の橘さんの一言に感動!なんて器の大きい人なんだろう、また笑顔が可愛くて素敵すぎる!コンパクトにまとまった良作(о´∀`о)
あまり笑えん感じですが、その独特な雰囲気は良いかもです。
ほぼ無表情の中西美帆は良いね。
2018年4月5日
新文芸坐にて鑑賞。
東京の有名な吹奏楽団と間違われて屋久島にやってきたカルチャースクールのアマチュア楽団。
アマチュア楽団と楽団を呼んだ町役場職員の樋口詩織が繰り広げる騒動を描いた作品。
樋口詩織を演じた中西美帆さんだけでなく、役場の職員、楽団員全員が実に素晴らしく、とても爽やかな気分になりました。
テンポ良くまとめられた展開、上映時間の長さ、演奏会の結末も実に良かったなぁ。
設定や脚本が少し荒い感じかしたけど、監督さんの品があるのか、なんだ好感を持って観られる。
遠くから撮る画が可愛くてなんだか笑える。
小市さんの演技が、作品の品格をぐっとあげている。
もう一人の市役所の俳優の演技はまぁ煩くて、鬱陶しかった。
面白い個性派俳優目指してますみたいな。
あの男でなければもうちょっと豊かなものになってた気がするだけに残念。
東京から有名オーケストラを屋久島に呼んだはずだった。
しかし、彼らは、同じような名前を持つ素人のオーケストラ。
島の吹奏楽部よりも下手。

さあ、どうしよう。
お客さんは入れた。
彼らに演奏させた。
本当に下手。

そのまま、逃げ出す。
練習に練習を重ねて、10年後、20年後に来てください。
それまで続けることができるのか?

これで、いいのかな~島の人たち。
今度は似ていない名前の本物を呼んだらどうでしょう?
もう予算つかないか。
みべに

みべにの感想・評価

4.5
楽団員の腑抜けた表情や会話の間や仕草、演出が絶妙で、ああ、これはもうおもしろいな…!と冒頭で確信した。終始ハラハラドキドキだったけど、腹をくくってからのニセモノ楽団員たちの熱意だけは本物にも近づけそうな。監督の力も偉大なんだと思いますが、このプロジェクトで作られる作品のワークショップから選ばれた俳優さんたちは毎回とても味のある人たちばかり。映画を作ることに、有名も無名もないよなと考えさせられます。
RikiFujita

RikiFujitaの感想・評価

3.3
終始ゆるかった。
設定は好きなんだけど、ストーリーに意外性がなさすぎたのかいまひとつ物足りなかった。

のぺ〜って印象です。

俳優ワークショップの役者さんに満遍なく
台詞を言わせすぎていて、ちょっと違和感があった。
1人喋ると全員一言喋るのが、せっかくキャラをわざわざ1人ずつ設定しているのに勿体ないなぁと思った。

ただ役者側からしたら監督優しいなぁと微笑ましくも思う。

ただ作品は作品だ!笑

中西美帆さんが可愛いかった。
全然関係ない話しま~す(*´∀`*)
賭ケグルイってギャンブル漫画知ってます??
チョット前にアニメもやってたんですけど、今は実写ドラマ(深夜だけどね)やってるんですよねぇ~
関東では正月明けから始まったんですけど、大いなるド田舎 名古屋では一ヶ月以上遅れで昨日ようやく第1話が放送されたんです\(•ㅂ•)/
ネトフリでは先行配信してるらしいけど、入ってないし(´Д`)

めっちゃ待ってた!!
めっちゃ楽しみにしてた!!

で、見た感想
めっちゃ面白かったぁ~!!!
毎週の楽しみが増えたわぁ~。

あ、あと人狼ゲームもドラマやってるって知ってました?あれも毎週見てるのよん♪

以上、どうでもいい話でした。

さてさて、この映画「東京ウィンドオーケストラ」なんですけど、松竹ブロードキャスティング オリジナル映画プロジェクト作品のひとつなんですよね。以前見た「滝を見にいく」がめっちゃ面白かったんで、これも超期待して見たんです(*´∀`*)









期待値高すぎた(´Д`)

勝手に同じ監督の作品だと思い込んでた私も悪かったと思うんですけどね。

もっとドタバタしてるのかなぁ~って思ってたら、結構あっさりしてたw

屋久島にある市民会館(なのかな?)に東京でも超有名なオーケストラがやってくる!!……はずが同じ名前の素人楽団が来てしまった!!
みたいな話です(・∀・)

主演の女優さんが柴咲コウに見えてしょうがなかった。で、この人めっちゃテンション低いの!演技だと思うんですけど、なんかイラッときたw
たまにフワッしたと笑顔見せるんだけどね( ¯ω¯ )

あ、もっとイラッとくる上司もいるんで大丈夫ですよ♪
(何が大丈夫なんだ笑)

とりあえずドタバタ感の異常に薄いドタバタコメディーでした(意味不明)

ちなみにこの監督の作品で「ピンカートンに会いにいく」ってヤツがすんごい気になってるの!
これは映画館に見に行きたい!!

東京では1月から公開中なんですけど、名古屋は3月までお預けなんですよねぇ~

あれ?デジャブ?
>|