海辺の週刊大衆の作品情報・感想・評価・動画配信

「海辺の週刊大衆」に投稿された感想・評価

大喜利妄想コメディー

週刊大衆だけをネタにどんどん妄想を広げていくところはテンポが良くて思わず笑ってしまう
精神世界のシーンがあるところは雰囲気に少しだけエヴァ味が感じられてよかった
あとは出演者が意外と豪華だけど出てくるシーンが少なく、少しもったいなく思ってしまった (磯山さやかはいっぱい出てくる)

82分にしては長すぎる
むー

むーの感想・評価

3.2
めっちゃシュール!!笑

いろんな妄想を週刊大衆でこんなにも広がるとはw
弟いいやつやん( ◜ω◝ )

色んな人が出てた!
み

みの感想・評価

3.3
せきしろさんのファンです
本棚にもあるよ、「海辺の週刊大衆」

せきしろさん✖️又吉先生というのも、もう、ありがとうございますという感じで
単調でしたけど、後半の「〇〇〇〇賞週刊大衆」の連続でくすっと笑っちゃったよ

とりとめのない心に浮かんだ週刊大衆に関する由無し事を、そこはかとなく書き連ねた、これは無人島を舞台にした現代版「方丈記」だと思います、それを映像にしたやつが、これ

終わりかたもやさし〜くて好きでした
雑レビュー連投!ってかこんな雑な映画は雑なレビューで充分や!

無人島流れ着いてまって、どうしたもんか?思ってたら、週刊大衆も一緒に流れ着いてたから、週刊大衆オカズに妄想に勤しむよ、って話

肉まんくん出てっから観たけど、週刊誌並に中身スカスカで残念やったぞぉ
脚本は吉本関連の放送作家でも書いてんのかな?でもその妄想は薄っぺらで退屈
マシンボーイの妄想のが俄然エンターテインメントでエモーショナルでうんこちんちんやぜ!ぺろぺろ

そんな作品やけど、久々に見た磯山さやかのセーラー服姿はこれはこれでありやな!なったから、まぁ損はしてないはずや

ちなみにマシンボーイはもし一緒に漂流するなら週刊大衆じゃなくて、映画「咲 -saki-」のビジュアルガイドブックが良いなぁ、ぺろぺろ、磯山さやかの水着グラビアよりも咲ちゃん役の浜辺美波ちゃんの着衣グラビアのがマシンボーイは俄然キュンキュンするし、元人気美容師が脱いだ袋とじより、おっぱいちゃん役のおっぱいちゃんの制服おっぱいのがマチンポーイもキュンキュンするやろしな!それにクロスワードパズルよりも咲ちゃん達の対局を思い返した方が頭使えるしな!

もしくはな…全巻一緒に漂流してくれんならな、「HUNTER×HUNTER」でも良いわ、週刊大衆なら2回も読めば飽きるやろうけど、「HUNTER×HUNTER」なら何回読んでも新しい発見があって飽きへんやろしな!どや!

でもな、もし本当に何年も漂流するハメになるならな…、マシンボーイは上巻の途中で挫折した「ドグママグラ」上下巻と一緒に漂流すればやな!読み終えたら最後、気狂いと化すからな!いっその事楽で良いかもしらんよな?

でもこうやって考えると船乗る時はどんな本を携帯しておこうか迷うよな!もし漂流した時のために
本を本として扱うなら上記した本は素晴らしいものばかりやし、他にもアンパンマンの公式キャラクターブックもずっと眺めていても飽きないし、マシンボーイ的には三国志人物辞典とかゾンビ映画年代記とか殺人王シリーズもキュンキュンしながら読む!
でも実用性を考えるとキノコ図鑑とかやけど…、お腹に忍ばせ猛獣に襲われた時に防具として使うならジャンプやし、逆に動物を倒すための武器とするなら重さのある広辞苑とかよな!
毎週浜に流れ着いてくれるならディアゴスティーニ系も有りやし!
浜辺でうち寄せる美しい波を素足に感じながら見る浜辺美波ちゃんの写真集とかも格別やろし!
「15少年漂流記」なんか誤って持っていこうもんなら、自分には仲間が1人もいない孤独感に死にたくなるやろうな…、重松清の「疾走」とか、平山夢明の「独白するユニバーサル横メルカトル」みたいな、漂流してる自分よりも不幸な主人公が出てくる作品読んでゲラゲラなるんが良いよな!

まぁな、でもな、本といえばクロロのスキルハンターか、露伴のヘブンズ・ドアーが最強なんやけどな!漂流なんのそのや思うわ!
でも残念ながら念能力もスタンド能力も持たないマシンボーイは、とりあえず船に乗る時はどこぞのブランドのムック本に入ってるバッグに上記したんはもちろん片っ端から本つっこんで漂流に備えることにするわ!
あんな磯山さやか。
こんな磯山さやか。
いろんな磯山さやかが堪能できます!笑

無人島に週刊大衆と共に流れ着いた男性の妄想だけで、ここまで作れるのはさすが‼️
しかし映画にするほどでもないかと…。
自分が無人島に着いたら袋とじはさっさと開けるだろうなぁ…💦
えの一

えの一の感想・評価

3.5
大喜利要素強めで笑えるけど少し単調だった。
袋とじ気になる。
ip

ipの感想・評価

1.0
もしもネタを連発して話を脱線して、人の空想ってあるあるこういうの、って反応を引き出したいのだろうが、こういう内容は漫画でやるべきであって実写映画だと面白くない。

又吉の語りが下手すぎてさらにつまらなくしてる。素人っぽい呟き風の喋りは、素人っぽさを出せる演技力ある人がやるから様になるのに、こんなに下手くそなド素人がやるともはや聞くに堪えない。

客層も映画の中身を下世話な週刊誌みたいな内容を期待してきた層が多いのか、絶えずお菓子袋ガサガサやイビキで迷惑な客多し。客のレベルはまさに週刊大衆そのものかもしれない。

良いところといえば磯山さやかが癒しになるはずだったのだろうが、内容の酷さと周囲の迷惑客に耐えかねて磯山さんが出てきたあたりで途中退室。何もいいところがない映画。
「海辺の週刊大衆」どんな映画になるんだろう????と思ってます。

キャスト:ピースの又吉直樹
グラビアアイドル兼女優の磯山さやからちゃん。
鈴木福君などなどで御座います。
期待値を込めましてスコアを致します。
半々と半々と期待はしております。
公開日:2017年中

そしてここからは映画とは全く全く関係ない話では有りますけど、ピース又吉の・「火花」に続きます第2弾「劇場」。発売日から一日あと・・・・・に買っちゃいました。読みたく読みたくて、そして昨日で全て読み終え読み終え読み切りました。!!!!!2017年6月3日 金曜日。この又吉さんの「劇場」人気が高く高く高く色々な本屋さんで・・・・・「品薄」「品薄」「品薄」状態の頻発で有ります。でも本はそれなりには、本屋さんは結構と注文してる見たいで、すぐに「補充」とされます。

又吉さんの話になりますと・・・・・、この第2弾の「劇場」力作力作力作・渾身渾身渾身渾身の力を入れに入れに入れ込んだと言ってる程の本(劇場)と言ってる見たいですよ。力量力量と・・・・・通常の3倍よりかはもう5倍6倍とスケールにスケールを入りコン見まして描きに描き込んだと。でもそこまで言っちゃうと・・・・・「第3弾」の時はどんな表現力を入れて書き込むのだろう????と楽しみにしてます。第三弾も発売日を楽しみで有ります。期待値期待値期待をしてます!!!!!!まだ全然とアナウスが有り(ませんけど)・・・・・
又吉さんの話に寄りますとこの、「劇場」二人の男女感の「恋愛小説❤️❤️」「恋愛(ものの)パターン」と成ってますと言ってます。でもこの「恋愛」について、全て読んだ人達からの意見としましては、「賛否両論・賛否両論」な世界感で有ります。恋愛に賛成とかいやいやコレは恋愛じゃないとか!!!!!それらを見て全て読み終わりました結果こちら側の・意見としましては、「恋愛ものの」と・言っても・呼んでも良いのでわないか????と思ってます。でも全体的に色々と色々と有りますけど面白かった面白かった本で有ります。どんな感じになるのかな???と思ってました劇場で有りましたけど、中々と良好な「劇場」で有りました。御座いました((o(^∇^)o))o(^▽^)o!!!!!!
***チョコチョコとは難しいな〜〜〜〜と感じる場面場面・展開は有りました!!!!

また近日中にはとはおもいますけど???
感想レビューを書き込み感想投稿をしたいと思ってます。
もしかしたらもしかしたら近日中から、「(ズレ)」を生じて日にち日にちをズラして、書き込み・投稿をする・・・・・かもしれません。

劇場:ページ数:207ページ

又吉さんの第一弾「火花」はドラマ・小説共々どちらもまだ観てません。本も買っておりません。「火花」をみないまま、第2弾「劇場」を読みました。「火花」全く持って見てないから、どおなんだろ〜〜〜〜〜〜と思いましたけど・・・・・・「良好・良好」で御座いました!!!!!!!

2017年 6月3日 土曜日 付け。、、

あなたにおすすめの記事