OSIRIS オシリスの作品情報・感想・評価

「OSIRIS オシリス」に投稿された感想・評価

いやいやいや、
なんだこれ。内容も覚えてないし
つまんないし、
10歳くらいの女の子を他の星に1人で
活かせないでしょ、しかも私服で…
Nori

Noriの感想・評価

2.5
CG映像はそこそこ凄い、しかし実写映像がショボい。
安価にCGが利用できるが、実写とのギャップの差が激しい、ヘンテコな時代になりました。

こんな映画が増える事を考えると
嫌になる。
途中まで物語がよく分からないし、オシリスが消滅と言っているが全然消滅でもないし、終わり方もスッキリとしない終わり方。
buenavista

buenavistaの感想・評価

2.7
ストーリーは良かったかもしれないが、途中でだれてしまった☺
モンスターがイグアナの娘にしか見えなかった🎵
凪

凪の感想・評価

3.5
だいたい予測できる範囲の展開だが、人間ドラマと人間性への問いかけが、作品に奥行きを出す。どこか懐かしい風景なのに、メカはハイテクと、無理のない設定で映像の作り込みがハンパないので、最後まで飽きずに引き込まれた。SFの力量を存分に見せてくれる。
普通なら死なない人が死ぬからびっくりしたなー。観てる間も観終わってからも頭の上はハテナだらけだった。
foxtrot

foxtrotの感想・評価

3.0
 軍人であり父である男は地上に娘がいなければどうしただろうか?

 囚人が脱走を試みなければどうなっていただろうか?

 そもそもなぜ脱走計画を企てたのか?

 その計画の立案者はなぜ刑務所に送り込まれたのか?

 刑務所に入れられるに至る罪を犯さなければ?

 その罪を犯すに至ったきっかけの事故が無ければ?

 物事には始まりがあり終わりがある。終わりがあり始まりがある。この物語の起点(分岐)を眺めてみると全て家族が関係していることがわかる。彼らを突き動かしたのは何者にも代えられない家族という存在である。家族が巻き込まれなければ、そもそも家族を築かなければ何も始まらなかったはず、何も終わらなかったはず、罪を犯さなかったはず…。これは始まりと終わりを、そして終わりと始まりを繋ぎ紡ぐ家族の絆を見つめる物語。
来夢

来夢の感想・評価

3.6
『OSIRIS』
囚人の暴動と脱走。ウイルスの拡散。事態を収束させるべく、上層部は惑星オシリスを破壊使用とするが、オシリス都市部には休暇で遊びに来ていた娘が。オシリス植民地化の為に働く主人公は娘を救出するために軍を脱走する。SWのような空中戦に始まり、マッドマックスのような砂漠でのならず者との出会い、ゾンビ映画的なモンスターの登場。70年代、80年代映画を合わせたような作品。低予算ならではのチープ感はありながらも、徐々に加速し、終盤畳み掛けるような展開は、かなり胸アツ。予告でスルーしようか悩んだけれど、これは観て正解。シンプルだけれど出汁の効いたような面白さでした。
かみ

かみの感想・評価

2.9
チャプター分けはクエンティンタランティーノのやり方に似てるなぁと思った。
環境に適応する為、自らの肉体を変えるって言う作品は今まで何度か見てるしありきたりな感じはしたかな…
sizusss

sizusssの感想・評価

3.9
面白かった!何でこんな評価悪いのか?
最後までみはまりました^_^
終わりは最後どうなったかまで見たかったけど…
>|