ジョン・カーターの作品情報・感想・評価

「ジョン・カーター」に投稿された感想・評価

MiYA

MiYAの感想・評価

3.0
マッチョ版スターウォーズといった感じか。3つの勢力が入り乱れるストーリーがわかりにくいのが難。

ただ、人間が重力の小さい火星に行って超人的な跳躍力を見せるという設定は目新しく感心。彼が火星で英雄になるという展開のリアリティを補強しています。
青猫

青猫の感想・評価

3.6
火星に迷い込んだジョン・カーターと、そこで対立する部族同士の争いをめぐる話。莫大な制作費をかけたと言われるディズニー映画。アンドリュー・スタントン監督。原作はエドガー・ライス・バローズ「火星のプリンセス」。

133分で最後の最後まで詰め込みまくった脚本。そして詰め込みまくったけれど、削ったシーンも結構あったんじゃないかな?説明不足の脚本を演出の勢いで押して成立させた印象。ウーラがかわいい。

個人的に、無理やり結婚させられる女性を救う話や飛行艇のシーンは「ファイナルファンタジーX」と近いと思う。この手のSF映画としては「スターウォーズ」と比べるとやっぱり弱いかな...。

作品全体通しての世界観はよかったです。続編が作れる感じの終わり方ではあるのですが、ないのかな?
Reiko

Reikoの感想・評価

3.1
バリバリのSFが観たくて色々検索して出会いました😊

評価はあまり良くないのですが、私は意外と面白かったです✨

濃すぎず、薄すぎず、ちょうどいいSF感でした👍

映像の完成度も高いので、おススメです✨
ザン

ザンの感想・評価

3.7
醜くとも人懐っこい所作によって段々可愛く見えてくるから不思議。あのやたらにすばしっこいペット、ウーラ。大半が暗がりでのシーンだったのでわかりにくし。
jojo

jojoの感想・評価

3.8
約100年前に書かれたSF小説『火星のプリンセス』の実写版。
本国アメリカでは大コケした作品と聞いていたのであまり期待せずに観たら
これが結構面白かった。
スターウォーズなどに影響を与えてるだけあってその世界観がSF好きにはたまらない。 こんなイメージが100年前に書かれていた事に驚く。
でも若い人がこの映画観たら「スターウォーズみたいな映画」ってなるんだろうな。
刺繍屋

刺繍屋の感想・評価

3.9
興行的には全く奮わなかった作品みたいですが、さすがに安心のディズニー作品。
いろんな意味で既視感の漂う作品でしたが、割りと楽しめましたよ。

あれだけ跳べるのなら、力もそれなりにあって然るべきだと思うのですが…などの細かい設定は無視するべきですね(笑)

何よりウーラが可愛かったです(♡ˊ艸ˋ♡)
tonnt

tonntの感想・評価

3.3
予備知識なしで予告が大袈裟だったから期待せずに見たけど結構面白かった。
wedge

wedgeの感想・評価

2.9
事前知識のいらない、
とても見やすい、
わかりやすい映画。

と思っていると、
意外に長い(笑)
展開も思ったよりある。

深み、を求めるのではなく、
気楽に楽しむ(ただし時間のある時)
映画かなと思います。

テイラーキッチュ、この頃よく主役級
やってたのに、最近あまり見ない気が?
tappa

tappaの感想・評価

3.8
やっぱ筋肉なんですよね。

筋トレをすれば火星でも戦えちゃうんですよ。

筋肉が宇宙を超えた瞬間を、

見てしまったよね。
火星人相手にスーパーマンになった主人公が、火星の為に立ち上がるお話です(^-^)

火星に地球みたいな文明がある時点で かなりのファンタジーですが、そこで俺TUEEEをしている主人公は日本の転生ラベルモノみたいな気軽な見易さがありました。

冒険★★★★
ファンタジー★★★
見易さ★★★★
>|