アトラクション -制圧-の作品情報・感想・評価

アトラクション -制圧-2017年製作の映画)

Притяжение/Attraction/Prityazhenie

上映日:2017年08月08日

製作国:

上映時間:117分

3.1

あらすじ

それは突如やってきた― ロシアの首都モスクワに巨大な宇宙母船が墜落。 圧倒的な大きさでモスクワの街をなぎ倒し多くの死傷者を出しながら“それ”は着陸した。初めて遭遇する地球外生命体に戸惑う人々。ロシア政府は即座に戒厳令を敷き事態の鎮圧を図ろうとする。一方、軍の司令官の娘ユリアは、宇宙船とともにやってきた異星人の一人で、科学技術者であるヘイコンと知り合い仲を深める。異星人に対する排斥の機運が高まる…

それは突如やってきた― ロシアの首都モスクワに巨大な宇宙母船が墜落。 圧倒的な大きさでモスクワの街をなぎ倒し多くの死傷者を出しながら“それ”は着陸した。初めて遭遇する地球外生命体に戸惑う人々。ロシア政府は即座に戒厳令を敷き事態の鎮圧を図ろうとする。一方、軍の司令官の娘ユリアは、宇宙船とともにやってきた異星人の一人で、科学技術者であるヘイコンと知り合い仲を深める。異星人に対する排斥の機運が高まる中、ユリアはヘイコンが自身の惑星へと戻る為に必要なデバイスである“シルク”探しに協力する。

「アトラクション -制圧-」に投稿された感想・評価

PKとメッセージを無理矢理融合させたような変な映画だった。大好き。
ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

冒頭はロシアの新鋭戦闘機や航空母艦が登場し、滅多に見れない映像で楽しめた。
宇宙船や宇宙人の宇通服のデザインもオリジナリティーが高く、良かった。

中盤以降はヒューマンドラマが中心で迫力には欠けたたが、それなりに緊張感があった。

人間の本質を突いた作品で、そもそも人間が宇宙船を打ち落とし、それにより巻き添えを食った地球人が宇宙人を逆恨みするという人間の愚かさ全開。
そんな愚かな地球人の中にも救いの人はいるというお決まりのパターン。

たったの7億円という低予算で作ったそうで驚きです。
Vakira

Vakiraの感想・評価

4.0
これロシアのSF映画。ロシアのSFというと魂に沁みるタルコフスキーを思い出しますが、全然別の映像。SF娯楽作品に仕上がってます。

宇宙船、宇宙服の造形が素晴らしい。

ツッコミどころはありますが、SF映画として満足しました。

次回作 かなり期待出来そう(*^▽^)/★*☆♪
でる

でるの感想・評価

3.5
カリコレ2017にて鑑賞。ロシア発のSF!
本国公開前からずっと気になっていて、まさか日本で劇場公開されるとは思わず、とにかく凄すぎるCGメイキングを何回も観ていたこの作品。

がっつり地球外生命体の征服系かと思いきや、ドラマパートは想像以上に“愛“が主軸になっていてポスターに愛要素ゼロなのが奇跡に思えてくるくらい。
ロシア政府が無能すぎたり雑なキャラ設定など脚本はガバガバだがビジュアルだけでいったらかなり好みでした。

既に観ていたCGメイキングでド肝を抜かれた本作のVFX、冒頭の墜落シーンの破壊エフェクトや強化スーツの造形などやはり物凄いクオリティ。ロシア恐るべし…。(恐ロシア。)
これはもっと予算を与えたらとんでもない作品を出してきそうな予感…。要チェックですよこれは!!!
カリコレ2017

ロシア産SFアクション大作。

当然?のことながら
突っ込みどころ多めな反面、
そこがまたこの映画を超B級映画に押し上げる要因となっている。
特に脚本は、面白いほど突っ込みどころ満載である。
(安定の政府機関ザル警備、軍人の娘⇨無双 な展開、絶妙なラブロマンス展開etc...)

とは言いつつも、
非常に良かった点もあり、それは何より、
宇宙人の着ていた強化骨格スーツのビジュアル。

強化骨格の中身が普通にアレな分
より一層"宇宙人"感があって◎◎であった。

また、製作陣が意図してるかは不明だが
"水"
をかなり重要なモチーフとして扱っている点で、タルコフスキー作品へのリスペクト精神も個人的には感じられ、「ロシア産」というのも納得の行くところであった。


最後に、自分が見た回は
シアター内にいる多くの人が
上記のことを当然、念頭に置いて、
鑑賞している雰囲気があり、とてもアットホームな環境で見れたことも印象に。
これは、劇場でこの作品を見なければ
体感出来ないことだろう。笑
TeruHaruta

TeruHarutaの感想・評価

3.0
内容は超つまんないけど、、
これを7億で作ったっていう点で3.0。
興行収入も19億なんで大成功映画。

まあ始めの20分と最後の20分しかほぼcg使ってないけど。。CGのクオリティ半端ない。
Skylineを思い出した。
https://youtu.be/aYzr0jNBqp8

Skylineの予算の11億を考えるとこの映画凄い。。。。
ロシア半端ねえ。
まあ両方ともつまんないけど。。涙
特に目新しいところはありませんが、フェイクニュースや排外主義の要素を取り入れたSFとしてはなかなかの作品です。しかもそれが、ロシアで作られたというのは見逃せないポイントかと。支配的な男のダメさを見せてるのも興味深い。海外市場を見据えた内容はいろいろ分析しながら楽しめる。とはいえ、映画的な面白さや挑戦が見られない点は、アカンと思います。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.3
ロシア作のSF映画。突如首都モスクワに巨大な宇宙船が墜落。宇宙船とともにやって来た異星人と、軍の司令官を父に持つ娘との交流を描いた内容。序盤の宇宙船墜落シーンから見応えがあり、CGの作り込みも良い。その後は比較的ドラマパートで、SFではあるが、異種交流がメインの物語で、SFたる魅力が激減。青春系に方向転換はあるが、その点での面白みはあり、宇宙人と人間の交流の娯楽性はある。青春物語からSFアクションたるシーンへと移行もするが、魅力は弱く、危機感、緊迫感も弱い。所々SFアクションとしての面白くなりそうな材料があるだけに、惜しさがある構成で、117分ある大作ではあるが、全体的な粗さがあり、B級らしさもある内容。
ある日突然巨大UFOが都市に墜落、沢山の犠牲者が出て市民が怒る中、軍指揮官の娘がひょんなことからイケメン宇宙人と恋仲に。
二人は、UFOの修理に必要な"あるもの"を探し求める。
いわばロシア版「地球が静止する日」+ちょい「スターマン」か。
身内が死んで宇宙人排斥を叫ぶ若者たちと、混乱を抑えようとする軍の対立が、主人公カップルに絡む構造。
しかし、いろいろ展開強引だし、物語の辻褄合ってないし、最終的に最大の敵になるある人物も、宇宙スケールの話にしてはちょっと小さ過ぎないか。
都市上空で巨大UFOを撃墜しちゃうロシア軍もかなり間抜けだが、ヤンキー集団がバットとナイフで宇宙人にカチコミかける映画は初めて観たよw
宇宙船やパワードスーツのデザインとビジュアル表現はなかなか良かった。
B級だけど、それなりに楽しめる。
mpc

mpcの感想・評価

3.1
豪華な珍作!!😹

ロシア版シンゴジラとのことでロシア人歓喜のSF超大作

最初の破壊シーンはダイナミックCGで必見!
、、けどそれ以降は何故かティーンの三角関係恋愛ドラマへ突入へ!😹

アクション、ラブコメ、ディザスター、戦争、あれもこれもこの一作品の中に魅せたいのか盛り込みすぎてとにかく長い!(笑)けど、現代ロシア映画の集大成(笑)として観る価値あり!

アメリカの介入を断ったニュースシーンが一番の見せ場かも?

実は本編よりも、上映後の解説&突っ込みトークショーの方がめちゃめちゃ面白かった😹✨
>|