アトラクション -制圧-の作品情報・感想・評価

アトラクション -制圧-2017年製作の映画)

Притяжение/Attraction/Prityazhenie

上映日:2017年08月08日

製作国:

上映時間:117分

3.0

あらすじ

それは突如やってきた― ロシアの首都モスクワに巨大な宇宙母船が墜落。 圧倒的な大きさでモスクワの街をなぎ倒し多くの死傷者を出しながら“それ”は着陸した。初めて遭遇する地球外生命体に戸惑う人々。ロシア政府は即座に戒厳令を敷き事態の鎮圧を図ろうとする。一方、軍の司令官の娘ユリアは、宇宙船とともにやってきた異星人の一人で、科学技術者であるヘイコンと知り合い仲を深める。異星人に対する排斥の機運が高まる…

それは突如やってきた― ロシアの首都モスクワに巨大な宇宙母船が墜落。 圧倒的な大きさでモスクワの街をなぎ倒し多くの死傷者を出しながら“それ”は着陸した。初めて遭遇する地球外生命体に戸惑う人々。ロシア政府は即座に戒厳令を敷き事態の鎮圧を図ろうとする。一方、軍の司令官の娘ユリアは、宇宙船とともにやってきた異星人の一人で、科学技術者であるヘイコンと知り合い仲を深める。異星人に対する排斥の機運が高まる中、ユリアはヘイコンが自身の惑星へと戻る為に必要なデバイスである“シルク”探しに協力する。

「アトラクション -制圧-」に投稿された感想・評価

cinemaBOND

cinemaBONDの感想・評価

3.3
悪くは無かったです。CGも綺麗でしたし。
永遠の命があれば争いは起きないのかもと思いました。
予告は良かった!
宇宙船のデザインや
街に落ちてくるところは良かった!

で?それだけ?

どこを見ても、ラブストーリーだし、SF要素が必要なのお話?

パパと、元カレと、今カレの間でバタバタして、
結局はそうなるん?

まぁ、
たしかに、
イケメンと美女だから、
見栄えはいいけど、
おパンツ姿だから、セクシー!
ってわけでもなく、
返って、おパンツでバタバタして、
おバカ?に見える。

永遠の命って?
結局、必要なの?

自分に置き換えて考えると、
永遠の命をもらったからって、
今の仕事や役割を永遠にして行くだけのことなら、
必要ない。

限りがある命だからこそ、
面白いんじゃないの?
どれだけ楽しめるかでしょ!

って事で、
今日も映画をたのしみましたよ。
思ってたより良かったぁぁあー
恋愛SF…
ロシア語わからんのが残念
予告編に興味を持ったので観賞しましたが、不思議な宇宙船デザインと人間がリアルに巻き込まれる様以外は至って普通のロシア映画。ロシア映画の空気感だけが味わえる作品です。
大まかなストーリーは好感が持てるが、それ以外の脚本が酷すぎる。

カットも、その大まかなストーリーに到達するための細かい経緯も、シロウトが考えたのかな?…というレベル。

もっともっと考えて構築していけば大作になっただろうに…とホントに勿体ないと感じました。
aki

akiの感想・評価

1.9
もうね、ドラマやキャラの魅力が皆無
起承転結の起が、いきなり生々しい主人公のベッドシーンの始まるてどーなの?
娯楽映画ならもっと考えろって、その時点で感情移入できねーよ(笑)
しかも、主人公が男とよろしくやってた時に「親友の命が失われてました!だから宇宙人許せない!」とか
んで、宇宙人に命助けられたから好き!w
あげく、性欲クズ男はNTR暴走

監督、ハリウッド映画観た事無いんか!
それとも、ハリウッドの興行成績見えんように目玉にピロシキ詰めとんか!
冒頭の衝撃

気になってた今作。確実にタイトル詐欺ですが、僕は好きですぞ。
タイトル的にはインディペンデンスデイ的な感じですが、どちらかと言えば宇宙人との恋愛を描いているので全く的外れなタイトルです。

この映画は、宇宙船が墜落してくる冒頭20分が素晴らしい! ロシアの音楽のリズムに合わせながら、絵としては凄惨な破壊シーンを描いていくわけですが、物凄い予算がかかっています。
マンションが倒壊し、スタジアムの席が吹き飛び、噴煙が吹き荒れるーーそのシーンの特撮は屈指の仕上がり。これだけでも見る価値はあるでしょうね。
あと、宇宙人のスーツが、それに伴う躍動がカッコ良すぎます。それだけでご飯3杯はいける仕上がりです。終盤の乱戦シーンとか、脚本のガバさを忘れさせるくらいの圧倒感です。

しかし…人間パート、ドラマパートがきつい。
中弛みですね。序盤の雰囲気、ノリで進んでいけばいいものの、あまり共感できないキャラクター、ストーリーラインに首を傾げてしまいました。
どいつもこいつも私利私欲で行動しすぎというか、自分勝手というか…綿密に描けているのならいいけれど、それも乏しいから終盤の混沌とした雰囲気を理解しきれなくなりますね。
脚本の矛盾も散見できたため、ただただ惜しい、の一言です。

ロシアのやたら金をかけたB級映画。
賛否は別れるし、人間面はあまり評価できないけれど……それでも自分は好きです。
序盤の特撮と、終盤のカオスな戦闘シーンだけでも見る価値は十分にあるネ!
Kaori

Kaoriの感想・評価

3.9
低評価なのが分からない!外から来たものを敵と決めつけちゃう人間の怖さだったり、色んなテーマがあったけど、十分面白かった(`・ω・´)
HidekiAndo

HidekiAndoの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

得たいの知れない現象により人類は 悲劇に見舞われてきた
十字軍の兵士も 隕石雨の犠牲となった

50年に1度の隕石雨の日。
地球の外にあった謎の飛行物体に隕石雨が衝突し、ロシアのチェルタノヴォに落下。
ユリアと彼氏のチョーマはそれによる被害からは免れるが、ユリアの友人は死んでしまう。
ユリアの父、レベデフ大佐はその飛行物体の対応を任される事に。

友人が死んでしまった事で、戦う事を決めたユリアとチョーマと3人の仲間達は、宇宙船の落下地点に侵入。
自分のマンションを訪れたユリアは、宇宙人と接触し、落ちそうになるが、その宇宙人に助けられる。
しかしチョーマらによって、宇宙人は落下してしまう。
その現場に行ってみると、防護服だけが残され、チョーマ達はそれを持ち去る
ユリアは翌日、その“中の人”ヘイコンと言う名の宇宙人を助け、二人に絆が生まれるが、チョーマら市民には対宇宙船への憎悪が生じ始める…

第9地区、エリジウムスタッフが送る、ロシアSF超大作映!って事謳い文句に誘われ鑑賞。
オープニング、映画のタイトルが出てるんだろーが読めない、という違和感バリバリ状態で始まりましたが😂、宇宙船の墜落シーンは何とも美しく、心を掴まれそうになりつつも、彼のとイチャイチャと対比するという、なかなかシュールな試みは、自分にはハマらず。

予告では“宇宙からの征服”的な臭いをプンプンに出し、自分もそれを期待して観ましたが、内容的には“子供向け小説の映画化”のような、“人類仲良く”なお説教的お話でした。
親子関係や、宇宙人とのコミュニケーション、地球に来た理由が“たまたま落ちちゃった“だけだったり😂、立ち上がるチョーマ達、市民の感情表現も雑だったりと、全体を通して荒いです😁。
もっと“B級”に攻めて欲しかった!
クラスメイトの“グーグル”を、もっと上手く使って欲しかったですねぇ。
どなたかが書いてらしたように『アトラクション~制圧』という邦題はあかんでしょう。
宇宙戦争みたいなタイプのSFアクションかと思ったら昔観た『スターマン』みたいな異星人との交流映画でいい意味で裏切られました。
>|