ある自殺の作品情報・感想・評価

「ある自殺」に投稿された感想・評価

TB12

TB12の感想・評価

1.2
ビックリした。何にビックリしたかと言うと2014年の作品にも関わらずもう何十年も前から使い古されてる既視感バリバリの手法で三流サスペンスを見せられたからだ。
まず冒頭からして先にオチっぽいシーンを見せてそこから時系列を戻して最後にまた冒頭で見せたオチに戻るって手法が古すぎる。そこからダラダラと無駄な中盤を挟みラストはお決まりの畳み掛ける種明かし演出。映画通ぶりたくはないがさすがにここまで予想通りの映画ってそうないよ。
何故最後まで見れたかと言うと製作国が自分には新鮮なイスラエルって事で違った味のサスペンスを見せてくれるかなと思ったから。だが全くの期待外れで大昔から何百回とアメリカやヨーロッパ、そして邦画でも見てきたような教科書通りの三流サスペンス。
唯一夫婦の関係性は謎を秘めてて面白くなりそうなネタだったのに最後までそんなにフォーカスされなかったのが心底がっかり。何故美人で金持ちの弁護士があんな貧乏なダメ男と結婚したのか全く説明がないし愛し合っていた過去を連想させる描写もないから最後に夫の自殺を食い止めに行くとこも全く盛り上がらない。主役はこの2人なのにそこの人間描写を疎かにしてどうすんだよと。
もっと夫婦間の愛を象徴するシーンがあれば(しょっぱいベッドシーンはあったがあんなもんあってもなくても変わらん)まだ別方面では評価できたかもしれないがそれもなかったから全く見所がない。
そして警察の無能さは今まで見てきた色んな映画の中でも群を抜いてるかもしれない。映画の中ではどこの国も警察を無能に描くのはもはやお決まりだけどこの無能さは笑っちゃうレベル。だって証拠の防犯ビデオを妻を解放した後に見るってやばいでしょ。こんな酷い種明かし描写見たことないよ。頭のキレる警官設定だったはずなのに脚本家は忘れたのか?