ラブ&ドラッグの作品情報・感想・評価・動画配信

ラブ&ドラッグ2010年製作の映画)

Love & Other Drugs

上映日:2011年11月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ラブ&ドラッグ」に投稿された感想・評価

noricco

noriccoの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

後半から号泣させられたけど、基本ずっとえっちしてる映画🎟

この人とは一生そばにはいられないんだな
この幸せはずっとは続かないんだな
でもいまは信じられないくらい幸せ
今この瞬間をこんなに幸せにしてくれる人に出会えたんだ
だからそれだけでいい何も望まない

そういう気持ちに自分を重ねちゃうと心臓痛くなるくらいしんどかった😩

難病を抱えた人が自虐ばっか言ってしまうこと、病気が理由で続かなかった恋愛のトラウマ、本気で人を好きになることを恐れる人生、ダメな人をあえて選んで性だけの関係を求めるほうが気楽だっていう考え

この映画では重く描かれてないけど、いつか何もできなくなって表情もなくなって認知症になるかもしれない将来を考えると本当に言葉にできない感情

最近なんの映画見ても自分のあるひとつの感情に重ねちゃって、全部胸が痛くなる🥺
気軽に見始めるにはちょっと重いテーマだったけど、コメディな所もあるし、人に対する理解も深まる素敵な映画だった
面白い!
MRってこんな感じだったらもっと仲良くなれそう笑

ヤリチンでも肉体すごくてイケメンなら許せる。しかも一途はいいね、

運命の人ってヤリチンさえも変えてしまうんだ…
NaruShoji

NaruShojiの感想・評価

4.6
個人的にめちゃくちゃすき
笑い、ジョークの掛け合い、人の変化、テンポのいい展開と音楽、涙

ジョークの通じる人が好き
つい

ついの感想・評価

3.7
良作でした。コメディ調ではあるんですけどズシンとくる重いテーマ。
女癖の悪いイケメンが、ファイザー製薬の営業としてトップセールスマンを目指して頑張る奮闘記。その中でパーキンソン病の女性と知り合い、持病のため恋愛関係を避ける彼女と体だけの交際を始めるが・・・という薬ビジネス・恋愛の両面を描いた映画。

アン・ハサウェイさんが大胆に脱ぎまくっててビックリするんだけど、「難病を抱えた人との恋」という映画のテーマの重さを考えると納得できる。
美しいから男は寄ってくるが、体の関係以上には発展しない。持病のせいでどれだけ傷ついてきたか痛切に伝わってくる。

終盤のジェイク・ジレンホールさんのセリフもすごく良かった。

この映画の良いところは、すごく重すぎず描いてるので観やすいこと。
観終わった後に色々と考えてしまう余韻が凄い映画でした。
れな

れなの感想・評価

4.2
単純ストーリーでスッキリ!いいふたりが巡り会えた素敵話!見やすかった👌🏻
Shu

Shuの感想・評価

5.0
自分と重なる点がいくつかあって、感情移入してしまった。この映画サイコウ!
まぁ

まぁの感想・評価

-
何千人と知り合っても
ただそれだけ

なのに1人と出会っただけで
人生が変わるんだよ

永遠にね
Sho

Shoの感想・評価

3.5
何千と人と出会う中でも、たった1人との出会いが人生を大きく変えることがある。この物語の主人公もまさにその1人。

周りからの目や、親の期待にいい顔をしようと本当の自分を殺して生きていた人生から、本当の自分を愛する人生へ。

本作のテーマは幅広い。
病気と向き合うこと、真実の愛、自己愛…
セクシーなシーンも多く描かれているが決してチープなものではない。様々なテーマによって奥行きを感じる名作といえる。

そして、シンプルに。
アンハサウェイが美しい。

人と向き合うことはもちろん、本当の自分を愛することの大切さを教えてくれる。アナタはもっと、自信を持っていいんだ。
タイトルとビジュアルだけでずっと敬遠してたけど、くだらない映画見たくて見てみたら思いのほか良い映画でした。
ちゃんと出演者にもお金もかけてるラブコメは一味ちがいました。
>|