クレイジーなくらい君に夢中の作品情報・感想・評価・動画配信

「クレイジーなくらい君に夢中」に投稿された感想・評価

ゆき

ゆきの感想・評価

3.4
最後カルラが会社で色々言っても「それでもいい」「僕の問題だ」って言うアドリから覚悟とか強い想いが滲み出ていて素敵だったな。ありのままを受け入れてくれる人がいるっていうのは強い。

ただ二人はこの後どうなるのかな?院長先生の言う「自分を受け入れる」を目指すんだろうけど、うまく共に生きる未来があるのか不安になる終わり方。

前半、えぇ…そんな治るとか簡単に言って…と思って複雑な感じだったけど、回収されて安心した。院長先生自分でも言ってたけど、いいこと言う。

自分で死にたくなる、か。
⚠予備知識: スペインには🏥精神病院がありません(️※バザリア法🎓)で。🏆👫受賞俳優コンビの実力に裏打ちされたラブコメ。主演のアルバロ君👨🏻‍🦱『バルセロナ、天使のセックス(‘12)』では”うぶい”青年だったのに…すっかりオ・ト・コね(*´👄`*)ハァハァ❤️✨先が読めない展開で🃏意外に深く、BBAにも刺さりますた🎯。最後が良き🙌🏻

精神病を扱っているのもあり、ただのドタバタ(ベタ)なラブコメ👩‍❤️‍💋‍👨とはひと味違い、鑑賞後に余韻の残る良作ドラマでもありまつ。🇪🇸スペイン映画にしては軽やかな作風で観やすいですお🎶
Azmin

Azminの感想・評価

3.5
まず軽いラブコメ風タイトルが頂けない。
もっと奥が深いドラマだった。

主人公の記者は一夜限りの関係になったカルラのことが忘れられず、彼女に再会する為自分も病人を装って入院する。
そこは何と精神病院だった。

かなり無理のある設定だけど、双極性障害を患うカルラと接するうちに
、改めて彼女のことを深く愛するようになる。
カルラは自分がいつ豹変するかわからず、相手に幻滅されたくなくて主人公と素直に向き合えない。

このすれ違う気持ちの描写が少しくどいので中だるみしそう。
個性的で魅力的な顔立ちのカルラは一見まともそうなのに、やることがぶっ飛んでいてついていけない。
特に運転させたらに異常に熱くなる。
こんな子をガールフレンドにすると絶対疲れるなぁ(汗
確かに一夜限りで良さそう。

ラストは意外にも静かな終わり方。
途中散々激しかったのでいいかもしれない。
個人的には、周りの個性的な患者仲間のドラマの方が面白いぐらいだった。
邦題然り、トンデモラブコメみたいな印象になっちゃってるのが、観ず嫌いの人生んでそうでかなりもったいない…!

これは想定外のヒューマン。
切なかったり暖かかったり、考えさせられたり、かなり刺さりまくった。
最後どう捉えていいの🥺🤯
でも全体として良かった。
主人公が精神的な病を抱えているヒロインに恋してしまうという映画。
脇のサブキャラのエピソードも魅力的で大当たりでした。
主人公が治るよ、良くなるよ、のスタンスから、そのままの君でいい、という心境に変化する過程が見応えあり。
複雑な余韻を残すラストもいい。
『世界にひとつのプレイブック』よりさらに踏み込んだ内容の映画だと思いました。
アルバーロ・セルバンテスの優しい眼差しの虜になります。
多様性。みんなそれぞれ、みんないい。
誰かが決めた普通に振り回されず、
個性として肯定して生きていけたら良いなと思いました。
ココ

ココの感想・評価

3.9
「どんな状態でも今の君が好き」って言葉は心の病気を患ってる私からしたらすごく救いになる
桜

桜の感想・評価

2.8
恋だけではなく、周りの人との人間関係も築いていて面白かった。
ゆりな

ゆりなの感想・評価

3.8
スペイン精神科ラブコメ
けど、ラブコメだけじゃないいい話👏
普通ってなんやろ?!
全てを受け入れてくれる優しさ!
愛や根性では治らないよなー

サウラの娘とのくだりが泣ける😢
あんず

あんずの感想・評価

4.0
同室のおじちゃんの話がよい、、、泣きそうだったよ
心の病気は死なないけど、自分で死にたくなる的なこと言ってて当たり前のこと言ってるんだけど刺さった
>|