レオンの作品情報・感想・評価

「レオン」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「レオン」
1996年公開 アメリカ作品 2016-144
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1990年代ランキング3位 再鑑賞

やはりこの作品が my most favorite movies ですね!
リュック・ベッソン作品の中でも究極的に素晴らしい作品です。
ジャン・レノ演じる不器用な殺し屋レオンとナタリー・ポートマン演じる大人びた少女マチルダのプラトニックな純愛をとその悲しい結末を描いた“名作”、涙なしでは観れません!
本作がデビュー作とは思えない演技力を発揮しているナタリー・ポートマンの大人びた表情やしぐさと多面性のあるキャラクターが魅力的で独特の存在感を出しています。またマチルダとは正反対に殺し屋という冷酷な仕事をしながらも純粋な一面を持つレオンのギャップあるキャラクターもまた魅力的。
さらにゲイリー・オールドマンが演じたマチルダの仇であるスタンスフィールドの、常にドラッグでぶっ飛んでいて、これこそ悪役というポジションも素晴らしく、それぞれの個性がお互いを対比させ特徴づける素晴らしい演出です。
レオンに説得されて涙を流しながら別れを決意するマチルダのシーンやラストでマチルダが寄宿舎の庭にレオンの残した鉢植えを植えるシーンは、涙無くしては見る事ができません。
スティングの『レオン』のエンディングは語り継がれる映画にふさわしいものだと思います。

リュック・ベッソン監督作品「レオン」に、22分の未公開映像を加えた完全版。舞台はニューヨーク。少女マチルダを演じるのは、オーディションで選ばれ、本作が映画初出演となったナタリー・ポートマン。また、寡黙な凄腕の殺し屋レオンをベッソン作品おなじみのジャン・レノが演じている。
niho

nihoの感想・評価

4.5
「出会わなければ」って、その続きは言えないけれど言いたくなるような、二人の人生が交わる。

大人と子供の、しかしどちらが大人で子供か分からない二人の間にあるのは、友情というには近過ぎて、親子のそれでもなく、恋人ほど甘くはない、そんな愛だったと思う。

ナタリー・ポートマン演じるマチルダは私が生まれてから見てきた中でいちばん泣き顔がかわいい女の子。
yae

yaeの感想・評価

4.4
切なすぎ
Rara

Raraの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最後の最後に涙が止まらない。
究極の愛の映画だった。

親子じゃない、友達じゃない、恋人でもない、名前はつけられないかもしれないけど強い絆がレオンとマチルダの間には確かにあったし、少しずつ少しずつ縮まっていく2人の距離が見ていて愛おしかった。

最強の殺し屋がマチルダに出会って、生きる幸せを知り、心を持つ人間になり、誰かを想って死んでいくラストシーンに胸が熱くなった。
マチルダ〜〜〜最後のシーン切なかった。
愛が欲しいマチルダ。
過去から抜け出し大人になるLEON。
この作品の独特な雰囲気が好きです。
kikibear

kikibearの感想・評価

4.0
(´;ω;`)
MomokaSato

MomokaSatoの感想・評価

3.7
大量の人間が死ぬ
レオンかっこいい
マチルダのファッションと雰囲気が好き
ち

ちの感想・評価

3.6
最後はせつない
警察きたない
マチルダとにかくかわいい
>|