誘拐の掟の作品情報・感想・評価

誘拐の掟2014年製作の映画)

A Walk Among the Tombstones

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:114分

3.3

あらすじ

1999年、ニューヨークでは連続誘拐殺人事件が人々を震撼させていた。「妻を誘拐した犯人を探して欲しい」。引退した刑事マット・スカダー(リーアム・ニーソン)に持ちかけられた相談、それは誘拐犯の捜索だった。だが犯人は残忍で狡猾、交渉不可能な猟奇殺人鬼。身代金を奪い、人質を変わり果てた姿で返す。今、ひとりの少女が新たに誘拐され、絶体絶命の交渉にこの男が打って出る。

「誘拐の掟」に投稿された感想・評価

ホセ

ホセの感想・評価

3.5
いつものリーアム・ニーソンかと思いきや、なかなかハードボイルドで見応えあり。
重くて、暗くて、顔を大して隠すこともなく残虐な犯行を次々重ねる犯人と、中々しんどい話でしたが、故に主役のリーアム・ニーソンの存在が光るようにも見えたりします。
ただただリーアムニーソン鑑賞用の映画。
残忍で胸糞悪いシーンがしんどい。犯人をもっとボッコボコにやって欲しかった。
mick

mickの感想・評価

4.1
リーアムニーソンがただ渋くてカッコいい。
ボイドホルブルック、ダンスティーブンス、デイビッドハーバーと脇を固めるキャストも素晴らしかった
水曜日

水曜日の感想・評価

3.6
麻薬の密売人の妻が誘拐され殺された。元刑事のマットは犯人探しを依頼された。犯人を追う途中、もう1件の誘拐事件が発生する。

終始リーアム・ニーソンの悲痛な表情…夜と安宿。意外にもハードボイルドな映画だった。原題の「A Walk Among the Tombstones」(墓標の中の散歩)を「誘拐の掟」とするから「96時間」みたいな話を想像してしまった。

リーアム以外の登場人物も、きちんと各々イカレているのも良い感じだ。それにしても…映画の中の痩せた白人俳優の麻薬の密売人率の高さは異常ではないのか?頻繁に見てる気がする。
同時期公開の「ラン・オールナイト」に気が取られ、劇場公開を見損なう。何時ものリーアムのノンストップアクションとたかを括っていた事を大後悔!原作のあるしっかりとしたミステリー。

1999年のニューヨーク、アル中の元刑事リーアムが酒を断つ葛藤と猟奇殺人犯との対峙が、じっくりと描かれる。

このハードボイルドな画面は今まで観た事がないぞ!と、自分のリーアム・ニーソン鑑賞歴を振り返ってみると…
なんとジャウム・コレット=セラ監督作品がほとんど。「アンノウン」「フライト・ゲーム」「トレインミッション」等
本作は、スコット・フランク監督、脚本家としての彼の作品は観たが監督作品は初めて。
なるほど、こんなにも同じ草臥れた中年男のリーアムが主人公でも違うかなと驚き( °◊° )

いつものスピーディーな運びの作品を期待される方には、チョっと退屈だろうか?
胸糞悪い部分もありましたが、ストーリーも終わり方もよかったです。
厳ついおじさまと子供のコンビは最高ですね…
ヒロインもいないし、展開もなかなか陰惨なものなので、他のリーアム・ニーソン主演のサスペンスアクションとは若干趣が異なる。ハードボイルドものの小説やその映画化が好きな人は観て損は無いと思う。
コロン

コロンの感想・評価

3.5
リーアムほど、こういう哀愁を帯びた私立探偵役にピッタリの役者はいないのでは。リーアムと黒人少年とのバディ感が微笑ましい。それにしてもこんな重大な連続誘拐殺人事件なのに、警察は一体何やってたんだろう。
ucy

ucyの感想・評価

4.0
サイコパスなんだけど映像美とたまにクスって笑えるセリフがあったりで最後まで引き込まれました 女の子が犬の散歩で車の前を横切るシーン、何回も観たい
>|