ジャッキー・ブラウンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ジャッキー・ブラウン」に投稿された感想・評価

どうしてタランティーノ作品は、長いから観るまで躊躇するけど、いざ覚悟を決めて、見始めたらあっという間なんだろう。

今回も、続きが観たくなるような終わり方。

テーマである「老い」と「恋愛」を、さりげなくセリフに散りばめているところが、すごくスキ!

ジャッキーとあの人の恋愛はどうなるのか妄想が膨らむ。

ジャッキー役のパム・グリアは、スタイル抜群で、彼女が着るCAの制服やスーツが輝いて見えた。

サミュエルは、長髪とヘンテコな長ヒゲが印象的。
Riy

Riyの感想・評価

4.0
オープニングはマイク・ニコルズ「卒業」へのオマージュとか。ボビー・ウォーマックの歌曲と共にジャッキーの登場、カッコいいです。素晴らしい役者陣ですが、ロバート・フォスターに釘付け!
Keiing

Keiingの感想・評価

3.6
何だろ、ジャッキーブラウンだけあまり好きではないんだ。もう一回観てみようか。
元々この映画の為に作られたわけじゃないのに親和性ありすぎのacross 110th street好き。(他にも劇中曲で使われるmetersとかのファンキーな曲もゴキゲンで最高)

そして俳優陣のアンサンブルも素晴らしく、間とかの取り方が絶妙でそういうのを堪能しているだけでそんな短くもない上映時間があっという間だった。(タランティーノは奇抜な展開とかが注目されがちだがやはり一番良いのは俳優の映し方だろう)

意外と長回しの場面が多かったのも自分の好みに合っていて(特に最初の殺しが行われる場面が印象的)、タランティーノ作品の中でも結構上位に来るくらい好きなものと言える。

しかしこの作品が上映された年のアカデミー賞ではタイタニックとかLAコンフィデンシャルとかが注目されてこの作品からはロバート・フォスターが助演男優賞候補になったのみの低い評価で終わってしまったが、この退屈とは無縁の巧みで風変わりかつ面白い作品ももっと候補になって然るべきだったと強く思う。

ロバート・フォスターと言えば彼が2019年に亡くなったのをついさっき知って驚き、そうと知っていたらもっと早くこの作品を再見していたろうに少し悔やまれる。
全編でブラック・ミュージックが堪能出来る。ロバート・デ・ニーロがダメな役でなんか好い。
いとうA

いとうAの感想・評価

3.8
・こういう音楽の使い方憧れる。
・デニーロがマリファナ吸いながらテレビで見てる映画気になる。
・カッコいいおばさん映画もっと見たい
過去鑑賞。タランティーノ作品の中でも群を抜いて音楽が良い作品です◎もう20年も前になるんだなぁ。自分はサウンドトラックのレコードを持っていました。かなり繰り返し聴いていた思い出があります。

映画の内容ですが一人のスチュワーデスがギャングと警察を欺いて一攫千金を狙ういわゆるシンプルなお話なんですがそこは何タランティーノ作品。三つ巴の会話劇となんといっても主演のパムグリアが絵的にもとにかくカッコよくてバッチリ。流れる音楽も相まってタランティーノ流70年代アメリカンニューシネマに仕上がっています。オススメです!
ANI

ANIの感想・評価

3.6
音楽サイコー!!
サミュエルジャクソンのポニテ姿と
ロバートデニーロのドジさ
確かにタランティーノ節は弱かったけど個人的には楽しめた
後半シーン、車内のBGMはそれぞれの心情を表しているのか?とにかく音楽かっこィーノ タランティーノ てかデニーロでてんじゃん!!!
後でじわじわ見たくなるのがタランティーノ
テロリ

テロリの感想・評価

4.6
当時はピンとこなかったけど、20年振りに観たらジャッキーとマックスのラストシーンがグッときた。

速攻でサントラも買いました。ブリジットフォンダが最高。
>|