ジャッキー・ブラウンの作品情報・感想・評価

「ジャッキー・ブラウン」に投稿された感想・評価

クエンティンの割にそんなに暴れてない見やすい映画。登場人物全員に魅力がある、その中でも特にサミュエルLジャクソンの存在感はジャッキーブラウンより目立っていた。みんなして囲ってピッチに金を運ばせようとしすぎて笑った。この頃のクエンティンの映画が一番俺に合ってるかも。はよレザボア観たいと思った。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

4.0
ボビーカーマックの曲と共にパムグリアが流れ進む冒頭で一気にこの映画のファンになる。そしてデニーロとLジャクのツーショットと来た…。もう完璧過ぎだよね。何回見たか分からないくらい見た作品だが色褪せない。更にブラザーズジョンソンの曲が流れながらS.L.ジャクソンが車を運転する夜のシーンもいいし、後にラッシュアワーで活躍するクリスタッカーも若くてステレオタイプの黒人を演じていてマッチしてた。その次のシーンではシュプリームズの音楽と黒人女性とデニーロの絵図らも良い。それにゴンザレスイニャリトゥ監督のバードマンでアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた若き日のマイケルキートンも出演…今改めて観ても豪華な顔触れだ。パムグリアのタフさが最高極まり無いしクールビューティ過ぎる。個人的に敵にしたくない女、ダリルハンナ、レベッカデモーネ、そしてパムグリアなんだよな…。
語り手が話している語り部の書肆老いた黒人女性が自分を敵対するアンチてニストをすべてヨッメクで成功することができた物語の力。
もう一度、見る機会があったらパルプフィクションの方を見たい。
ふーん、って感じ。

引きの画でぶっ殺してるのを移すショットは笑った
0y0

0y0の感想・評価

4.5
レザボア・ドッグス、パルプフィクションにあった無邪気さがない。ある人はこれを退屈と言い、ある人はこれを成熟と言う。もしかしたらパム・グリアへの愛からくる誠実さだと言い張る人もいるだろう。役者の交差する/しない目線を主体とした演出、適切なタイミングでのショットの切り返し、長回し、スプリット・スクリーンの使用。ダシール・ハメットのマルタの鷹から連なる一連のハードボイルドもののプロット。映画だと第三の男、ロング・グッドバイ、ビッグ・リボウスキ、インヒアレント・バイス辺りの観客が事態を理解する前にスルスルと霧の中に引きずり回す込むあの手のジャンルだ。ジャッキー・ブラウンを撮ってからタランティーノの演出は明らかに変わった。引き際を知る中年男女の切ないメロドラマの傑作。
始まってすぐタラちゃん作品だと分かるタラちゃん臭

音楽はもちろん字体もサミュエル具合もタラちゃんです!!
俺のセンス見せてやる。
って感じです。

でも今回はちょっと地味目。
そしてちょっと格好つけすぎな印象。まじめに良く出来てた。笑
もっともっとバカで良い。

私も大金一気に手に入れてどこかに飛びたいなぁ。
844

844の感想・評価

3.8
懐かしのブラックムービー
ジャッキーニガババCA
LLがボスでデニーロ相方。
色んなバカなビッチ囲ってて金を運ばせてる。
ジャッキーがパクられてチンコロする。
LL側にもチンコロする。
上手く絵を描くのが重要。
デニーロとビッチの件まじうける。
ビートはニガも真っ青のセレクト。
4747

4747の感想・評価

3.9
武器商人とお金の受け渡し人、そして保釈代理人、3つのステークホルダーがそれぞれの目的のために行動し、騙しあいを行っていく話。

タランティーノのしては珍しく、恋愛要素を含んでいる作品だと感じた。

サミュエル・ジョンソンの演技には脱帽である。
サミュエル・L・ジャクソンがファッショナブルすぎ、大好きなキャラクター
>|