トゥルー・ロマンスの作品情報・感想・評価

トゥルー・ロマンス1993年製作の映画)

True Romance

上映日:1994年01月22日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「トゥルー・ロマンス」に投稿された感想・評価

はなを

はなをの感想・評価

4.5
バイオレンスラブストーリーすぎるまじバイオレンス。タランティーノがそのまま監督したらもっとヤバそうじゃない?音楽ももっとイカしたの持ってきそうだからやってくんない?って感じ。超面白かった!声出して笑ったし、マジでカッコよかったりどうしようもなかったり。ブラピとゲイリーオールドマン出番少ないけど強烈だな〜ゴリ推し顔面すぎる、、、、銃撃戦がサイコーすぎて手に負えないや トゥルーロマンスだねっ
タイトル通りトゥルーロマンス。
今まで見たラブストーリーの中ではかなり血が出てたけど最高笑
とにかくタランティーノが好きでした
お洒落な映画で出演者も豪華です
トニースコットの映画はザ・アメリカと言う感じがして、もちろんトップガンも大好きです
ある意味ほのぼのしてる映画ですな
ラストはタランティーノの原作とは違うらしいので、是非タランティーノ版を観てみたい

きっとタランティーノが監督したら、どっかで自分も出演するわけで、おそらくブラピの役をやったりするんでしょう(笑)
てか、ブラピちょい役過ぎるわ~
この頃ってまだ売れてなかったのかな?

ついでに言うたらサミュエル・L・ジャクソンが何処に出てきてたのか全く分からんかったわ 解答調べて笑ろた


トニー・スコットて『スパイゲーム』の監督なんですな
あの時のブラピとレッドフォードはカッコ良かった~
ひでG

ひでGの感想・評価

3.5
それにしても超豪華な出演者ですな〜
何でこんなメンバーがあつまったんですか、

ブラッド・ピットなんてちょい役→でも、インパクト強いけどね😃

サミュエル・L・ジャクソンなんて、あれだけ?

デニス・ホッパーも、ゲイリー・オールドマンも、クリストファー・ウォーケンも
さすがです!濃い〜ぷっとい演技で
堪能させてくれます。

ただ、映画全体の出来としてどうだったか?と訊かれると、、

正直、僕は皆さんほど、この映画に馴染めなかった、評価できませんでした。

料理に例えると、豪華な海鮮品が入ったバスタ。

一つずつのウニとかホタテは美味しいんだけど、バスタ全体の味がそれで凄いかと言うと、、どこか不調和のままって感じ

この映画の柱は、「真実の愛」
2人の恋愛逃避行なんだけど、

別に嫌いじゃないけど、さして好きにはなれなかったから、心から応援できない

あまりにも行き当たりばったりで、、
いや、それはいいんだけど、、

意に反して、組織に追われてしまうパターンは、たくさんあるけど、

追われているのに、チュチュ、このノンキさがこの映画の良いとこなんだろうけど、

僕はそこにリアリティを感じらなかった
もう一つ乗れなかった。

最大の引っ掛かりは、
ちょいネタバレになるけど、

あんなにやられてるのに、死なないで、後遺症もなしかよ!って、何度もあること。

そこのリアリティがどうも引っ掛かってしまう。

各パーツの面白さや緊張感は、楽しめたよ
あのおとり捜査の男とかは、笑っちゃったけど
流浪の月という本に良く出てくるので鑑賞したくなり観ました。良かった。
奈央

奈央の感想・評価

3.5
尺のとり方が…らしいというか何というか



とりあえず終始、胸しか見てませんでした(*´ェ`*)
ママン

ママンの感想・評価

3.4
記録👀

20歳くらいの頃に付き合ってた男に「これ好きなんだ」と観せられた作品。

当時の自分には「カッコイイ生き方」にこれも見えてたはずだ。

若いうちは好きなこと沢山やって、罪もおかしておかねば、何が《良いコト》か見分けはつかない。

早く悔い改めて「本気で生きる」世界に立ち返ろう😇✝️


https://youtu.be/vdgNC4o9S8M

このレビューはネタバレを含みます

どう猛な愛すぎる

後半に行くにつれてクラレンスが狂いにくるってラストは幸せエンドで片付けられてるけど玉が5センチずれてようがいないが幸せの巻き返しすごすぎる、、
銃撃戦のシーンも最高だったけど
個人的にアラバマの戦闘シーンが無双しすぎてスカッとした好き

ゲイリーオールドマンとプラッドピットがカッコ良すぎて天国
ハネムーン


これがタランティーノが描くの真実の愛か…
バイオレンスでスリリングなのに、間違いなくこれは愛の物語。

まだタランティーノが売れてない時代だけど、間違いなくラストの銃撃戦には彼の現在に通ずるものがある。

ポップコーンから始まる恋は直ぐに結婚へと結びつく。超スピード映画婚。たまらないね〜!

“ハネムーン”は逃避行へと姿を変え、新婚さんなのに銃を向けられたり殺されかけたり…リスクを負いながらも麻薬を売ったお金で夫婦としての時間をゆっくり過ごしたいという思い…
これはもう愛だな。
マフィアに追われることになったのも結局はクラレンスの愛ゆえの行動が原因。ドラッグを置いて関わらなければよかったのに、ドラッグを売ってお金にするという道を選んだのも愛ゆえの行動から。全てのきっかけがとにかく愛に溢れてる。

だけどしっかり血が飛びます。血が苦手な人はロマンティックなムードになっても乗り切れないかも…笑

ラストはタラちゃんの脚本とは真逆だったらしい。トニースコット版は比較的ハッピーエンド。まあでもあの銃撃戦を挟むならタランティーノ版のラストでも良かったような…“エルヴィス”で感動しちゃったのでこのラストで結果オーライですけども!😭

ドレッドヘアのゲイリー・オールドマン、出番が少ないサミュエル・L・ジャクソン、全然イケてないブラッド・ピットには爆笑。VIPの配役がおかしい…笑
>|