モールスの作品情報・感想・評価

「モールス」に投稿された感想・評価

琉太

琉太の感想・評価

3.8
サスペンスかと思ってたらホラーでした
裸足のクロエが可愛いけど可哀想
病室での対面からの流れが切なく悲しい
夏のニューメキシコしか知らないのでモノトーンの寒そうな景色が新鮮
moe

moeの感想・評価

3.6
オリジナルは未見ですが、今作でも充分に北欧映画の雰囲気が出ていたと思います!

ホラーというよりは、ブラックファンタジーのような雰囲気で、個人的には好みの世界観でした( ´ ▽ ` )

最初は説明が少ないので、中々物語を把握しづらかったのですが、段々と全貌が見えてくるとかなりジワジワくる映画。

物語が終わった後も、物語の続きを考えさせられる作品でした!
ああ、切ない…

主役の男の子、ウィノナ・ライダーに似てる…笑笑
ありきたり。

少女の悲しみや悲劇の主人公感があまり感じられなかった。
ラストも微妙。
わし

わしの感想・評価

3.0
クロエ可愛い〜〜〜〜〜
オーウェンも最初のアビーのパパ的なおじさんみたいになっていくんだろうなぁ...悲しい
異種族の恋愛って本当に切なくて泣ける
ラストが良い
オリジナル版の「ぼくのエリ」も観てみたい
鯖

鯖の感想・評価

3.0
結局最後はいっしょになったけど、今後うまくいくとは思わないな
yuko

yukoの感想・評価

3.6
バンパイア物ってなんでこんなに物哀しいんだろうなー。人間でも完全な化け物でもない、居場所のない悲哀と人間にもなれないジレンマに感情が揺さぶられたなぁ。フランケンシュタインとか泣いた赤鬼とか異形のモンスターの悲哀に通づる切なさがある。インタビューウィズバンパイアを観た時みたいな、哀しいような切ない気持ちが込み上げてきた。

みなさんレビューであげている、リメイクの元になっているぼくのエリは、ハリウッド版との違いを是非見比べてみたい。

そしてクロエちゃんの可愛さと演技力に完敗。やはりこの子には無条件でメロメロになってしまう自分がいる。主演の男の子の少年が大人になっていく時期のピュアで透明感のある演技が刺さる。切なくも美しいラブストーリーだった。

淡々として陰鬱な映像とストーリーの中にも、美しく切り取られた景色や思いがけないカメラワークがキリッと際立って引き締めてくれる演出は、派手さが無いからこそ緩急があり考え抜かれていると思った。

なんだか自分の中で忘れかけていた甘酸っぱい気持ちを思い出させてくれたり、不思議な余韻の残る映画。邦題はモールスだけど、LET ME IN の意味を知ると原題の方がいいかも。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.0
オリジナル版にエロティシズムを足してきた感じ。悪くないです。
あや

あやの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

思ったよりも純愛映画を見たな、という感覚が強い
好きな人のために自分の手を血で染めて人生を捧げてしまうのは初恋の狂気なのだろうか
アビーの人生にはオーウェン含め、数々の少年たちの初恋が葬られていると考えるとゾッとする…

このレビューはネタバレを含みます

ホラーなのかと思ったらヴァンパイアのお話でした。
最初の血を集めてるシーンでピンと来てしまった。

一般的なヴァンパイアな感じ、
でも家に入るのに招いて貰わないと
血が出ちゃうのかは謎。
日本の幽霊みたいにドア開けないと入れないみたいなパターンだったのか?

綺麗で可愛いクロエ。
声も可愛いとかたまらないなあ。
今回もクロエ目的に見たけど
バッチリ満たされました🙆

最後一緒に電車に乗ってたけど、
オーウェンもアビーの付き人みたいになるのかな?

思い出したけど、
アビーのパパ役みたいな男性は
車の運転の仕方分からなかったのだろうか?
ウィンカーやれば視界もちゃんとして
逃げれたのだろうに、、、

そして、血をスって殺さないと
ヴァンパイアになるらしく光に当たると燃えて死ぬ。
それなら毎回最後まで飲まずにヴァンパイアにして燃やしちゃえば
死体処理しなくてすむんじゃ、、?
って思ったけど、
本能的に殺すまで飲んでしまうのかなあ?

モールスも映画タイトルになってるとはいえ
そこまで使ってるシーンないし、
使ってるシーンあっても字幕訳ないから分からないし(笑)

疑問残るところもあるけど、
ヴァンパイア映画としては楽しめた!
スウェーデン映画「ぼくのエリ」のリメイク。ヒロインがもう少し美人であればよかったというのが旧作の数少ない不満だったが、本作ではクロエ・グレース・モレッツという若い美人女優が起用されている。
>|