ニキータの作品情報・感想・評価

「ニキータ」に投稿された感想・評価

『レオン』からノータイムで『ニキータ』を観た。

やはりシナリオとは、魅力あるキャラクタを如何に描くか、なのだ。アンヌ・パリローが徐々に、野生的なゴロツキから女に変わっていく様をさり気なく、しかして丹念に描写しているのがニクい。美しい。マウスを教えてくれた教官に"マウス"をプレゼントして汚く歌い笑っていた女が、悲しいかな、政府の犬としてシャバに出て、出逢った男とは仮面を被ったまま愛を育み、綺麗になっていくのだ――その手は対照的に汚しながら。

そこでいくと、ジャンヌ・モローが自分の手を「昔は綺麗だったんだけど今はもうカサカサ」と称し、最後にジャン=ユーグ・アングラードがアンヌ・パリローの手を「可愛い手だ」「この手を守りたい」「カサカサにしたくない」と評するのは対比的で良い台詞回しだったと思う。

だが、印象に残ったのはその辺りか。『レオン』と比べるとシナリオにパンチが効いていないように思えたし、アクションとしてもドラマとしてももう一つアクセントが欲しいような。ラストシーンの評価が分かれるのも頷ける。ぼくの中では、少なくとも初見の段階では『もっと他になかったんか?」という評価だ。もう一周したら変わるのかなあ。

偉そうなことを言ってしまったが、何様なのかという話だ。リュック・ベッソン作品を遡る形になったので、次は新しいのも観てみよう。
Mayu

Mayuの感想・評価

2.0
ヒスの不良娘が訓練でエージェントになる話だけどあまりにもヒスなのが気になりすぎて話に集中できなかった。
観終わったあとじわじわラストが良かったかなあと思ったけど木のせいかもしれない。
Father

Fatherの感想・評価

3.9
アクションにリアリティがある!
無駄がない!
残り7分どんな展開で幕を下ろすか気になったが綺麗な終わり方
れい

れいの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ニキータ、イカれてるけれど
美しい、、、!

旅行中に殺人の依頼がきたシーンが
切なかった

雰囲気が独特の映画だった
分かりにくい所があったが、鑑賞後調べると納得した。
最後のシーンが良かった。
結局マルコって何者?
ママン

ママンの感想・評価

3.0
久しぶりに午後ローにて鑑賞👀

個人的には『レオン』のマチルダが成長してあんなんなっちゃったんじゃないか?なんて思ってた時がありました(笑)

とてもじゃないけど「来週20歳になるの」には見えない‼️ww

リュック・ベッソンは《自分の好み》の女性を起用してると思ってるが、このニキータのは私は好みでないから、イマイチ感情移入出来ないのと、そもそも「めっちゃ凶悪な女」なので、可哀想には思えないんですよね💧サーセン

でも最初の任務の時のレストランとか行きたい‼️トイレの窓が壁で出られず…には毎回ハラハラさせられる💦

お気に入りは【塩酸】による証拠隠滅✨
改めてこの作品を見て、
最初に歌舞伎町の劇場で見たのが、
もう20年近くも前のことなのか?
と、当時の記憶が蘇った。

マイフェイバリット映画「ディア・ハンター」の
マイケル・チミノ監督の新作、
ミッキー・ローク主演の「逃亡者」を観た後、
隣の劇場に入ってこの映画を観たのですが、
それは「逃亡者」の記憶が
まったく後に残らないくらいの衝撃でした。

リュック・ベッソン監督は前作「グレート・ブルー」を観た時から
只者ではないと思っていたのですが、
「二キータ」を観た時は本当に
凄いと思った。
なにしろこの映画の後から
私の映画の見方が変わってしまったっていうか、
アクション映画の一つの基準になってしまったといって良く、
そしてこの作品を超えるアクション映画には
なかなか出会えないでいるといってよい。
むしろ悪く言うと、その後の映画が
ベッソンの知的でスタイリッシュな映像の
影響を受けてしまった感じで
出来の悪い粗悪品を見ているように
感じるようになったと思うぐらいだ。

それでいてこの映画の本質はアクションではない。
どちらかというと女性の映画。
恋愛映画に近いものなのだから、
その悲しい職業が際立つといった感じで、
監督のセンスの奥深さが見て取れます。

リュック・ベッソン監督といえば
語るのに外せないのが、音楽のエリック・セラ。
まさに究極のゴールデンコンビ。
中でもこの作品の音楽と映像は
素晴らしいです。

今どきの若い人たちの映画好きで
この作品が未見なら絶対に観て欲しい傑作。

どっかで大画面大音量で
もう一度観たいと思う映画です。

https://american.naturum.ne.jp/e1005453.html
純粋なんだよなぁ
レオンと似てそうで違う。
生きるために仕方なく殺し屋をやるしかない

フランス語話せるようになりたいなぁ
あんな殺風景な部屋が素敵部屋に変身しててすごい。
表紙めちゃオシャレ
はしゃぐニキータが可愛らしい
ジャンレノの扱いが酷くて笑う
ka28mar

ka28marの感想・評価

2.8
ニューフレンチアクションシネマってw
長い命名だけどそのまんまね。
女性主人公によるハードボイルドだからちょっと切ないw
ニキータがあってのレオンやもんね。
[R_ac]
>|