マイ・ボディガードの作品情報・感想・評価・動画配信

「マイ・ボディガード」に投稿された感想・評価

琵琶島

琵琶島の感想・評価

3.5
既視感のある内容ではあるけど、役者が良かった。
ラストの終わり方や、暴力的なシーンも多かったので、大衆受けよりも映画好きに向いてるかも。
見やすかった。
ロル

ロルの感想・評価

3.8
父親と同じサムという名前を父親自ら犬に付けたのは驚いた。
そういう名付けの文化が昔から不思議だ。

実話かと思ったけど実話じゃないらしい。でもメキシコで誘拐ビジネスがあったのは事実みたいだから、実際にこういうこともあったんだろうな。

たまに流れるクラシック音楽が良い。
映像が次々と切り替わるシーンが多用されてたけど、あれなんていう映像技術なんだろう。
Taku

Takuの感想・評価

3.7
映像デジャブで

内容レオン

既視感のある映画だったけどデーゼルワシントンかっこよかったし

アクションの感じも好きだった

あとやっぱりこっち系の役の子役の子めちゃくちゃ可愛い
tantam

tantamの感想・評価

3.5
すごく面白いわけじゃないけど、なぜか何回も見てる。そして内容を何一つ覚えていない不思議。
おじさんと子どもの組み合わせってなんか見たくなる。

ダコタ・ファニングがかわいくて本当にすき。
suna

sunaの感想・評価

3.5
14年ぶりに見直した
中学の友達のホームシアターで見た思い出

自分が親だとしたらメキシコ怖すぎる
トニスコの悪いところ出ちゃってる
真犯人に至るまで寄り道しまくりで話のまとまりがゼロ
ダコタ救出にゴール絞ってタイトな作りだったら良かったのに
トンデモ展開も許容範囲になるから対カルテルにすればさらに良し🇲🇽
話がゴチャつくと十八番のデジロック風ガチャガチャ演出も悪い形で作用🎥
ロバート・マッコールさん並みの無双は爽快
ただマッコールさんに比べると優しさが欠けてて人間味不足のため魅力半減
銃主体な殺生も好みではない
一線を退いた元殺人マシーンが少女との絆を守るために、悪鬼滅殺の修羅と化す!主演、デンゼル・ワシントン!!

と、ここまで聞くと『イコライザー』じゃん!マッコールさんじゃん!
となりますが、こちらの共演はクロエちゃんではなく、子役時代のダコタ・ファニング。メチャクチャ可愛らしい。😇

物語は、治安激悪、誘拐天国のメキシコを舞台に、前半は天使とおじさんの心の交流が微笑ましく描かれ、後半は血みどろの狩りの様子が描かれる。落差が凄い。マジで情け容赦無い。😱

『トップガン』のトニー・スコット監督作品ということで、なんとなくチョイスしてみた2004年の作品でしたが、コレ、相当良かったです!🎯

そして、なんといっても本作観賞後に知った『イコライザー3』の情報ですよ!
来年公開予定で、なんとダコタ・ファニング参戦とのこと!😂
クリーシーとピタ、20年ぶりの再会(違うけど)に、今からトキメキが止まりません!😆
まぬー

まぬーの感想・評価

4.0
トニー・スコット生誕日なのでアマプラで再鑑賞📺劇場で観た時より良かった👍歳のせいかデンゼル・ワシントンとダコタ・ファニングが心を通わせていくシーンが身に沁みて泣ける😢
POSCAM

POSCAMの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

前半、ピタとの絆が徐々に深まっていくまでの描写がすごく丁寧で、後半、ピタが誘拐されてからの怒涛の復讐劇にも、自然と感情移入してしまいました。

反面、主人公はピタが死んだと知らされて行動を起こしているわけだから、復讐のみに突き動かされているような感じがして、素直に応援できない気持ちもありました。
前半であんなに丁寧にピタとの絆を描いていたのに、後半、ピタがラストにしか出てこなかったのも少し残念でした。
rmi

rmiの感想・評価

4.0
あ!観てみようって思ったら、ハマってしまいました😆
泣きました。
>|

あなたにおすすめの記事