マイ・ボディガードの作品情報・感想・評価

「マイ・ボディガード」に投稿された感想・評価

何度目かの視聴。やっぱり名作。何度見ても面白い。
というか、「名作」というバイアスがかかりすぎていて、面白くしか感じない。デンゼル・ワシントンは格好いいし、ダコタ・ファニングはめっちゃ可愛い。

凄腕の元特殊部隊がアル中で云々...というありきたりな設定なのに、正統派的に面白いのは、それなりの評価に値すると思う。
うまる

うまるの感想・評価

3.1
目まぐるしい編集に目がチカチカする。

後発の「イコライザー」の方が面白い。
安藤

安藤の感想・評価

4.5
これはただの復讐劇ではありません

中南米では60分に1件、誘拐が起きている
犠牲者の70%は生還できない

このメッセージが映し出され誘拐の一連の流れ、どれだけ惨く酷いものか分かる描写から始まります。
上映時間146分の内、50分ほどはピタと過ごすクリーシーの日常が流れます。
あくまで仕事として護衛に尽きるクリーシーと「彼は大きくて寂しそう」と気遣い距離を近付けるピタ。最所はあしらっていたクリーシーも「ある事」がきっかけでピタを大事に思い、ピタの前で笑い心を開いていきます。

誘拐が全てのきっかけです。
クリーシーを、他の登場人物の環境や存在を変えてしまいます。
前半のピタと紡いだ時間があるからこそ後半のクリーシーの「そこまでやるか」といった行動も納得でき、物語の変化の具合も中々スリルがある面白い作品でした。
Shizka

Shizkaの感想・評価

4.0
監督の味がメキシコとベストマッチ。ストーリーもいいし、俳優陣も素敵
chu

chuの感想・評価

3.8
少女のために悪者どもに拷問をしたりするシーンはまさに痛快
アル中の設定はあんまりストーリーと関係なかったのはよくわからんかった
感動はそこまでしなかったけど面白かった
ダコタ・ファニング可愛すぎな。

デンゼル・ワシントン男だなあ。
感想川柳「パッケージ 後ろの炎は 怒りです」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

生きる希望を失った男ジョン・クリーシーは、メキシコシティでボディガードの職を得る。実業家の娘ピタを護衛することになった彼は、聡明な彼女と次第に心を通わせ合うようになるが…というお話。


デンゼル・ワシントンにダコタ・ファニングだし、映画の内容的にもハズレの可能性は低い作品だと思いました。( ̄ー ̄)

実際かなり面白いですし、長いですけど長さはあまり感じないと思います。(*´ω`*)子供が出てる割に結構な復讐劇ですけど、非情なところは96時間に近いものがあります。クリストファー・ウォーケンは基本的に悪人にしか見えない(笑)(;゜∀゜)

トニー・スコット監督の映画ってデンゼル・ワシントンがよく出ますね。(^^;今さら(笑)
mei

meiの感想・評価

3.7
\ 事件に関わったやつ全員ぶっ殺す。/
生きる希望失くした元CIAの男が少女(天使)と出会い少しずつ生きる希望を見出していく。が、ある日少女が誘拐され…。

『イコライザー』でデンゼル・ワシントンの魅力に気づき、オススメしてもらった本作を続けて鑑賞\(^o^)/デンゼル祭り!

ダコタちゃんの可愛さに心満たされながらニヤニヤ観てたら、中盤に一瞬で心が空っぽになるぐらいショッキングな出来事(展開)が起こって、なんと後半は無慈悲な復讐劇(´∵`)ナ、ナルホド。←想定外

まさかの『イコライザー』越えの暗さと非情さ。完全なる復讐劇でびっくりしました。『イコライザー』って結構コミカルだったんだね。←

可愛いダコタちゃんに会うためにまた借りたいと思うけど、、ビビりにとっては後半1時間は観るのがツラい。ダコタちゃんのシーンだけのダコタ・ファニングカット版出していただけませんかね?ね?きっと需要あるよ!


--怖がりさんへ----
グロい&血の苦手な人は気をつけて。
直接的なのはあまり映ってないけど..
いや、指吹っ飛んだりするけどね。←
想像力豊かな人はやめておいた方が良いかも。
あ、内蔵は出ないよ☆←重要ポイント

ダコタちゃん可愛いから頑張って観てほしい…。
でも復讐劇だからね、忠告はしたよ‪( ˙-˙ )✧‬
------------

【ぼやき】※読み飛ばしてOKです
メキシコ怖えぇぇぇぇ。
60分に一軒の誘拐事件、
人質が帰ってこないのか70%…。
日本に生まれて幸せだな。

そういえば、私メキシコではすごくモテるの。←
レストランに行けば求婚され、マックに行けば地元の中学生に囲まれキスの嵐。挙句の果てに男の店員全員外まで追いかけてきて…困っちゃった(*´ч`*)♡

あ、妄想じゃないよ。妄想は得意だけどさ!
もしメキシコ人のフェルナンドと結婚するとして、
ミゲルでもダビッドでもいいんだけども…
やはりメキシコに住むのはハードルが高すぎる。
諦めて大人しく画面の中の英国紳士に恋します。
inotak

inotakの感想・評価

3.5
寡黙なデンゼルおじさんが容赦なくブチ切れる復讐劇。カメラワークがせわしくて見づらいのとBGMのチョイスが下手くそなのが残念というかもったいなかった。
前半後半でのギャップが肝。
打ち拉がれるデンゼル・ワシントン。
そこへ天使ダコタ・ファニングとの出逢いが!

そんな満たされた日々も束の間。
巨大組織による誘拐事件が横行しており、警察も絡むというカオス。
天使もその被害に…

中盤からは打って変わって復讐劇。
このままクライマックスまで走り抜ける。
そんな疾走感もある。
爽やかにエグいデンゼル・ワシントンは見応えアリ。
寡黙な演技はいつ見ても素晴らしい。

最期はズシッときます。
>|