エンジェルサインの作品情報・感想・評価

「エンジェルサイン」に投稿された感想・評価

みのる

みのるの感想・評価

3.0
漫画原作で、言葉を使わない映画と銘打って作られた作品。
しかもオムニバス形式。
言葉がなくてもどういう話なのか、どういう事を言いたいのか凄くわかりやすかった。
テーマも分かりやすい。
誰もが経験する事がテーマだから共感や感情移入がしやすく、感動した。

心が洗われたい人にオススメするよ。
junkoFeb4

junkoFeb4の感想・評価

3.8
試写会&トークショーより

オムニバス形式のサイレント映画
見る前はサイレントだし、北条司さんは漫画家としては素晴らしいけれど、初監督作ってどんな感じなの〜?とか…退屈だったりしないかな?とか…ちょっと思ったりしたけれど(ファンの方すみません)
全くその心配はいりませんでした!!!
映像と音楽がとても美しく、時に胸を打つ素敵な作品になっていました
音楽の持つ力にとても癒される映画でした✨
🦋が繋げるストーリー
アジアが舞台の作品もあり、多くの人(国境を越え)が見て楽しめる作品になっていると思います


シティハンターの北条司さんが総監督と「プロローグ」と「エピローグ」を監督、そこにサイレント漫画オーディション世界6888作品から選ばれた5作品をアジアの才能ある5監督が描くセリフのない6つのオムニバス作品

「プロローグ、エピローグ」

「別れと始まり」

「空へ」

「30分30秒」

「父の贈り物」

「故郷−ふるさと−へ」

セリフがない分観る人の感受性ひとつでいかようにも受け止めることが出来るし、しかも短編オムニバス構成なんで退屈しない。

基本全話悲しい話でひとつの楽曲と青い蝶の導きで繋がってて素敵なんです、そのなかでも、
松下奈緒さんの美しさと悲哀さが際立ってましたね、エンドロールでも流れるディーン・フジオカ歌う挿入歌も良かったな〜

北条司先生色の抒情詩是非ご覧あれ(´∀`)