熊川哲也 Kバレエ カンパニー 「くるみ割り人形」 in Cinemaの作品情報・感想・評価

熊川哲也 Kバレエ カンパニー 「くるみ割り人形」 in Cinema2019年製作の映画)

上映日:2019年11月29日

製作国:

上映時間:92分

4.2

「熊川哲也 Kバレエ カンパニー 「くるみ割り人形」 in Cinema」に投稿された感想・評価

ayn

aynの感想・評価

4.9
CS放送で視聴

最高
今まで観たくるみの中で1番好きかもしれない。

クララ≠マリーの独特な解釈、
ドロッセルマイヤーの立ち位置が面白い。
独自解釈に合わせてなのか、
使わない曲もあるし、ここでその曲を使うのか!という意外性もあった。

2021年度の同カンパニーの公演と比べると、違う年だからか同じ流れながらも所々演出が違っているのもまた面白い。
古典であり、毎年恒例の作品だからこそなのか毎度少しずつ変わってるのかも?

・印象的だった、2021年との違い

1幕1場の人形劇シーン。
人形役はお三方ともスクールの生徒さん。
人形マリー姫がねずみvs王子に積極的に加わる/加わらない。ずっと笑顔/そうじゃない。1体ずつ抱えられる/箱に詰められて捌けていく。
そして2021年の方がより幼い生徒さんに見えた気がする。

最後、クララを眠らせてベッドにプレゼントを置いて行くシーン。
ドロッセルマイヤーは後ろへ少しずつ消えて行くのが本公演バージョン
今年は、軽やかにマントを翻して去って行く。(どちらも杉野さんドロッセルマイヤー)

なんと言っても中村祥子さんのオーラ!
貫禄のあるマリー姫。いやいっそ女王様。
ペアによってはお互い見つめ合って終始笑顔なのに対し、王子も見るけど何より客席。360度美しい。
そんなマリー女王をそっと支える優しそうな遅沢さん王子。

クララは夢見る少女らしさ全開、天真爛漫でくるくる変わる表情が愛らしい。
雪の国直前の王子とドロッセルマイヤーとのパドトロワ、さり気なくアクロバティック過ぎる。巻き戻して確認した。

ドロッセルマイヤーが今までのイメージではもっと不気味なキャラクターだったが
Kバレエ版はなんだか父性がある。
クララに対して夢への案内人かつ保護者な立ち位置。
花のワルツに参加した後の2人の会話のお芝居が微笑ましい。

小林美奈さんの雪の女王はクールで優雅で美しい。
クールな表情を変えないキャラクターでありながら、冷たい印象はない。御御足が綺麗。女王だけポンポン付きの衣装なのが意外で可愛らしい。
クララを見送る時の柔らかな表情が素敵。
コールドの一矢乱れぬ美しさと、容赦ない大雪!(笑)
そんな雪ん子たちは雪の両陛下とは違って、意外と満面の笑みだったり。
幕間、声をかけ合いながら掃除機で吸っている様子が聞こえてきて面白かった。

くるみが割れる時の火花、この年はなかったんだ…
などと違いを面白がり始めるといよいよ、
来年も行きたくなってしまっているただのファンである。
バーフ

バーフの感想・評価

4.0
栗山廉さん
美しすぎる
同じ人間とは思えない
神の作った造形物だ
chaooon

chaooonの感想・評価

3.8
先日観た『クレオパトラ』が素晴らしかったので、WOWOWでこちらも鑑賞🩰✨

クリスマスの風物詩として、熊川哲也率いるKバレエカンパニーで毎年定番の公演「くるみ割り人形」🎄✨
こちらは2018年の公演を収録し、翌年に映画館上映もされたもの。

これはかなりファンタジックな世界観✨
ネズミの被り物がなかなか珍妙🐭

チャイコフスキーのクラシックのメロディに載せて、優美なダンスが美しい〜👏🏻
衣装もセットも華やかでうっとり✨
白を基調としたモノが多くて、穢れのない純真さや美しさが象徴的だったなぁ✨

1幕ラストの雪が降り頻る中で雪の精霊❄️?の皆様が踊る群舞は美しかった〜❄️❄️✨✨
衣装もこれぞバレエって感じの真っ白なチュチュ姿だし✨

クレオパトラに比べたらかなり王道バレエ感を堪能出来た気がする😋
(素人なのでかなり適当な感想w)

クレオパトラ役もやっていた中村祥子が、今回もマリー姫役で登場✨
同じ人とは言われなきゃ分からないくらい、役で全然見せ方が違ってびっくり✨
今回もダンスが素晴らしかった✨✨

くるみ割り人形役の遅沢佑介とのパ・ド・ドゥは息ぴったりでため息でたわ🥰

遅沢さんの跳躍もピッタリ白タイツ姿もすんごかった🥺
尻と太腿の筋肉の締まり具合よ🥺
バレエダンサー凄い✨✨

バレエって基本全てがダンスの動きだから、一見踊っていない演技パートでも、一つ一つの手の動き、振り向き方と言った所作が全て振付された動きなのかしら?
だから全てが計算されていて美しいんだなと、今回わかった気がした😌✨✨


▼公演情報メモ✍️

2018年12月6日/東京 Bunkamuraオーチャードホール公演収録

マリー姫: 中村祥子
くるみ割り人形王子: 遅沢佑介
ドロッセルマイヤー: 杉野慧
クララ: 吉田このみ
雪の王: 益子倭
雪の女王: 戸田梨紗子
MoekaF

MoekaFの感想・評価

3.4
演出が変わってて素敵だったけど
やっぱり振り付けがどうもしっくりこなくて

男性的というかなんというか
美的センスというかなんというか

でした。

中村祥子さんはやはり神様かもしれない
Mai

Maiの感想・評価

4.8
美しい踊りと音楽、華やかな衣装や舞台装置、可愛いストーリーに、生舞台じゃなくても十分夢のような時間をすごせた🎄✨
ドロッセルマイヤーさんが踊るとロングコートの裾がひらりと舞うとことが最高に最高😍💕
mami

mamiの感想・評価

5.0
大大大好きな趣味の一つであるバレエを劇場で♡生で観に行けなかったからずっと楽しみにしてた╰(*´︶`*)╯最高すぎて星5個じゃ足りない⭐⭐⭐⭐⭐
マリー姫役の中村祥子さんの美しさ、佇まい、踊り、表現力…二幕の見せ場であるペアの遅沢さんとの息ぴったりのグランパドドゥは圧巻…うるうるしながら見入ってしまった。
クララは可愛くてドロッセルマイヤーとの踊りが楽しい。雪の国の群舞、演出ともに素晴らしくて拍手したかった!
またそれぞれの国のダンスも見所。特にアラビア人形のダンスは妖しげな雰囲気と美しさにうっとり…
一流のダンサー、チャイコフスキーの音楽、衣装や舞台美術のセンスなど華やかな世界を堪能できた幸せな時間でした💖💖💖期間限定だけどもう一回観に行きたいよー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
calmo

calmoの感想・評価

5.0
どの場面もうっとり…
たまたま見つけラッキー。
アラビア人形、美しくてみとれてました。
ふっ

ふっの感想・評価

4.0
中村祥子さんからものすごいオーラ

2018年公演の映像なので初演とはまた違った感覚になった
あらすじがアルってわかりやすい
(映画の括りで良いの?と思うのでノースコア。でも心のスコアは5です)
Kバレエのくるみを観たのは初めて。まぁ豪華!舞台美術の素晴らしさ、衣裳も凝ってます。隅々まで観たくなるからビデオ欲しい!
物語はネズミ王国vs人形王国。子供じゃなくても楽しめますね
クリスマス時期に観るのがやっぱり良いです。



ドロッセル杉野さん大活躍です。めちゃ嬉しい😆
祥子さんはいつもながらお美しい。遅沢さんとのPDDはシンクロ具合がぴったりで素敵でした。
ダンサーのテクニックは言わずもがなですけど、雪の国の群舞なんて拍手したくなるぐらいでした!
ああ楽しかった〜
2500円でバレエが観られるのなら、とTV情報番組からの初バレエ(スクリーンだが)。昔からカラヤンのCD持ってるのさ。
連続ターン、群舞、45度90度180度の手足の開き、それ以上のしなり。何故止められるの⁈と言いたくなるポージングの数々。バレエダンサーの身体能力驚異。華やかなファンタジーの世界を堪能した。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品