好きになるその瞬間を。 告白実行委員会の作品情報・感想・評価

好きになるその瞬間を。 告白実行委員会2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

3.2

あらすじ

あと何回、目が合えばきっと―― 出会いは最低だったのにいつの間にか雛の胸は高鳴っていく。雛は中学の先輩・恋雪に惹かれ同じ高校に進学を決意して猛勉強。 幼なじみの虎太朗と桜丘高校に入学する。冴えなかった恋雪は片思いの相手の為に、休み明けにイメチェンしてモテ始める。そんな 状況に雛は「告白」決意するけれど――!?

「好きになるその瞬間を。 告白実行委員会」に投稿された感想・評価

ニコ動発祥のメディアミックスプロジェクト映画化第2弾!見てるこっちが恥ずかしくなるくらいの胸キュンストーリー!ああああああああああ!眩しい!!!(悶絶)
あーーって思うところもまあまああったけど全体的にいうとほんっっとに胸キュンです… 胸キュンすぎて1ヶ月くらい挿入歌聴けなかった(重症)

このレビューはネタバレを含みます

・憧れの先輩を追う一途なJK
・みんな片想い
・前作と若干リンク

主人公の雛は前作のライバルである恋雪に憧れ、同じ高校に入学する。雛の事をずっと昔から好きな幼なじみの虎太郎も雛を追いかけ入学。

ん〜前作が良かっただけに期待値を高め過ぎてたかな…
特に盛り上がるシーンも無く、サラッと青春して終わりって印象…サブキャラクターも薄く、何のために出て来たのかよくわからない。

個人的な好みの問題だけど、途中途中で挿入歌が入るたびに流れを切られるようで何だかな〜
他の方のレビューを見ると、HoneyWorksのファンが多いようで、映画と言うよりは壮大なPVを観て楽しむのが正解っぽい。HoneyWorksを知らない私はイマイチ楽しめてないので、チャンスがあれば曲を聴いて、その後でもう一度観てみよう…
私は前作でお腹いっぱいになったのに夫が続編も見たいと言うので一緒に見たよ。
みんな片思いですねぇ
改めて若い子向けだと考えさせられた。
私も学生だったら友達や彼氏とキャッキャ言いながら見に行ったことでしょう。
理系の夫は 好きと好きの方程式 って何だよってずっと考えておりました。
前作で慣れただけなのか?今作の方が良かったです。笑
ただ映画として観るのはちょっと違うかな。
途中で前作と並行して話が進んでる事に気付いた時は少しアガりました。
トータル前作観てた方がいいです。
pipi

pipiの感想・評価

3.5
前作の裏ストーリー。それぞれ恋をしていて、結ばれる奇跡を感じたな~♡
好きな曲盛りだくさんで楽しめた!
主題歌の 大嫌いなはずだった すっごく好き!
みぃ

みぃの感想・評価

4.0
honey worksの曲が好きで聴いてる人にはおすすめ。

映画としてより、歌詞をよりわかりやすくしたアニメーションのようなイメージ。

松岡くんの演技ホント最高。

あと好きだった曲が、あ、こういうシチュエーション!ってわかって、更に好きになった。
Toshiya

Toshiyaの感想・評価

3.0
こっちはちゃんとストーリーがあって、ほろ苦くてHoneyWorksだった!
とあ

とあの感想・評価

2.8
勢いで二作目も観た〜〜〜

ハニワファンでもともと楽曲を知ってる人なら楽しめる映画。楽曲知らない人が急に観ても「なにこの茶番」ってなりがちな映画。私は前者だったからふつうに面白かった。

みんないろいろ恋してて可愛いね〜青春だね〜〜。
学生の頃の先輩後輩の壁ってでっかいからなあ。


一番びっくりしたのは高見沢さんのキャラ。楽曲だけのときとイメージめっちゃ変わった…(笑) あとこゆきくんがイメチェンしてからのモブ女たちのゲンキンっぷりが面白すぎる。プラス、どうでもいいけど桜丘高校?って割と頭いい高校なんだね。


今作は雛ちゃんがいろいろがんばってるけど、前作でメインだった優と夏樹カップルよいわ〜。優、ほんとできる男。雛のブラコンはすごすぎるな…カップルかよ……(笑) 理想のタイプはお兄ちゃんって、やばないか。

まあなんといっても虎太郎可愛いわ。分かりやすすぎて。健気で応援したくなる。今作じゃ雛と虎太郎にあんま進展なかったけど、これから「大嫌いなはずだった」の展開になるんだよね!!報われろ、虎太郎!



ストーリーはほんと、まあ、ありきたりというか、よくある青春の恋模様って感じで。甘酸っぱくて甘酸っぱくて、もう高校卒業済みな私にはしんどさもあったや。


あとまふまふが声優してたって全然気付かなんだ。
yuzulover

yuzuloverの感想・評価

3.8
前作も見ましたが、今作の方が好きです!

幼馴染って、いいですよね(*´∀`*)
>|