好きになるその瞬間を。 告白実行委員会の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 好きになるその瞬間を。 告白実行委員会の作品情報・感想・評価

好きになるその瞬間を。 告白実行委員会2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

3.2

あらすじ

あと何回、目が合えばきっと―― 出会いは最低だったのにいつの間にか雛の胸は高鳴っていく。雛は中学の先輩・恋雪に惹かれ同じ高校に進学を決意して猛勉強。 幼なじみの虎太朗と桜丘高校に入学する。冴えなかった恋雪は片思いの相手の為に、休み明けにイメチェンしてモテ始める。そんな 状況に雛は「告白」決意するけれど――!?

「好きになるその瞬間を。 告白実行委員会」に投稿された感想・評価

前作「ずっと前から〜」の続編。
キャラもそのまま引き継がれてて、その周りの人らの恋愛劇。

ユウの妹、ヒナが主役。コユキが好き。
ナツキの弟、コタロウはヒナが好き。

中学生から受験してみんなで同じ高校に行く。
幼なじみのカップル(ナツキ×ユウ)にその妹と弟(ヒナ×コタロウ)のカップリング。

狭っい世界じゃのうー!どこの田舎のヤンキーカップルだよ!
前作の幼なじみカップルはまだ良いとして、その兄弟までってのは、ちょっと気持ち悪いなあ。ムラ社会じゃないか。

中性的で優しいコユキが髪を切って急にモテキャラになる。うーん。あり得ないねぇ(笑)
少女漫画的にはありがちなキャラクターだけど、この子が最も現実味が無いね。

しかし、これ続編は無いのかな?他にも性格悪そうなチャラ男とか元いじめられっ子の黒髪のおかっぱ女子とかいたじゃん。
ぶっちゃけいくらでもシリーズ化できるだろうし、出来れば3部作の方が良いんじゃないかしら?
knmur

knmurの感想・評価

2.6
前作のんがよかったなーっと。
ゆと

ゆとの感想・評価

3.4
告白実行委員会シリーズのアニメは義務教育を終えている私が観るのはちょっぴり恥ずかしかったのですが、昔からHoneyWorksさんが制作する楽曲が大好きなので前作も今作も鑑賞しました。

いかにも「青春っ!!」という感じのストーリーで観ていて懐かしい気持ちになります。

主人公の雛ちゃんがとにかく初々しくて「はぁ~可愛いなぁ..」と癒されていました..。笑

HoneyWorksさん好きの私にとっては音楽もストーリーも楽しめて面白かったです!

恋がしたくなる映画です◎
nnn

nnnの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

前作視聴済み。高校生の片思いを対象にした前作のスピンオフ的作品。クリエーター集団honeyworks発信らしいが、よく知らない。60分完結のショートストーリーなのと、前作より対象カップルを絞ったので見やすかった。

一方、挿入歌をふんだんに使って盛り上げたり、不完全燃焼に終わるラストには、あまり感情移入できない。あんだけ悩んで、ヒロインはちゃんと思いを告げられないのはいかがなものか。現実的なのかもしれないが、この映画には現実感は求めてない。ただ、幼馴染同士の関係性には憧れるし、高校生活がこんなに甘酸っぱければ毎日楽しいだろうな、とは思う。エンドロール後の部分が個人的には好き。この部分がなかったら2.5点ぐらいだったと思う。
佐藤七

佐藤七の感想・評価

3.0
初見時、本編と同じくらいの物量の話がエンドロール中に静止画で展開されるのを観て唖然とした。前作は3組のカップルを程よいバランスで描けていたが今回メインの二人以外は次回以降描けたら描くわ〜〜程度の描写しかなく残念。また前作の視聴が大前提の作りな上に「前作のサイドストーリー」くらいにしかなっていない。単行本化時に作者が異様に頑張った書き下ろし外伝くらいのノリで観ないとがっかりする。した。
ハクノ

ハクノの感想・評価

3.4
前作よりも、全体的にクオリティが上がっていたことで、見やすくなっていました。

…が、2本目まで見て気づいたですが(遅い)、これは中高生のときに見たかったなぁ…と(笑)

思い出す、という感じではいいのですが、時々恥ずかしくなりました(笑)
たま

たまの感想・評価

-
しばけんくんかわいい🙏
中高生とかは全力で楽しめるんじゃないかな?

そこそこ面白かったけど、物足りない感はありますね〜。
mao

maoの感想・評価

3.2
こたろーの想いが報われるといいなー。
そんなに
>|