勝手に逃げろ/人生を配信している動画配信サービス

『勝手に逃げろ/人生』の
動画配信サービス情報をご紹介!視聴する方法はある?

勝手に逃げろ/人生
動画配信は2023年11月時点の情報です。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。
本ページには動画配信サービスのプロモーションが含まれています。
目次

勝手に逃げろ/人生が配信されているサービス一覧

勝手に逃げろ/人生が配信されていないサービス一覧

Prime Video
U-NEXT
DMM TV
Rakuten TV
FOD
TELASA
ABEMA
dアニメストア
Hulu
Netflix
クランクイン!ビデオ
JAIHO
ザ・シネマメンバーズ
スターチャンネルEX
みるアジア

勝手に逃げろ/人生の作品紹介

勝手に逃げろ/人生のあらすじ

ライターのドゥニーズはTVディレクターの恋人ポールに別れを切り出し、田舎暮らしを始めようと決意。住んでいた部屋を広告に出し、レマン湖のほとりを自転車で駆け抜ける。一方、ポールは別れた妻子と月に一度面会するだけの関係に虚しさを感じていた。そんなある日、一人になったポールは娼婦イザベルに声を掛けられ、客となる。イザベルは田舎から都会へ出て新しい生活を始めるため、偶然ドゥニーズの空き部屋を見つける。

勝手に逃げろ/人生の監督

勝手に逃げろ/人生の出演者

原題
SAUVE QUI PEUT
製作年
1980年
製作国
フランススイス
上映時間
98分
ジャンル
ドラマ

『勝手に逃げろ/人生』に投稿された感想・評価

netfilms

netfilmsの感想・評価

4.4
 私の携帯にゴダールの死の報せが届いたのが夕方の17時を回ったくらいで、絶句した。いつか来ると思っていたものがとうとうやって来た。やって来てしまったと思いながらジムでひとしきり汗を流しながら、ゴダールについてしばし思いを巡らせた。昨夜は『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』のBlu-Rayを2本立てて観た。観終えて何かしら感想めいた文章を書かなければとSNSを開いたら再度絶句してしまった。これは言葉にならない幕切れではないか。「自殺幇助」とは聞き慣れない言葉だが、「安楽死」のようなものだという。厳密には両者は違うと言う者もいて混乱する。要するに彼は日常生活に支障を来す疾患を複数患っており、スイスで合法化されている医師による「自殺幇助」による死を自身が選択したという。最後は医師に言われた薬を飲み、家族に看取られながら静かに絶命したというのだ。一昨日も友人とゴダールについて話していた。8年前だったかジャン=ピエール・レオが来日した時にトリュフォーとゴダールの数々の映画に主演した彼に当時は引き裂かれる思いだったかとインタビュアーが尋ねると即答でハイと答えた後、でもその後のトリュフォー作品とゴダール作品の愛され方の違いをご覧いただければ皆さんおわかりではと幾分挑発的なスタンスで語気を荒げたのが印象的だった。それを聞いた私は苛立ってしまった。

 言うまでもなく67年以降の彼は孤独だった。歴史の連続性から断絶され、79年にフランス映画の栄華を感じさせない離れ小島のようなスイスを選び、それまでと変わらない姿勢で映像に没頭した。3人目のパートナーであるアンヌ=マリー・ミエヴィルとレマン湖のほとりに小さな工房を構え、半ば世捨て人のような暮らしを送る中で今作を撮った。『勝手に逃げろ/人生』には文字通り、冒頭から死の匂いが立ち込めている。傑作『ウイークエンド』で商業映画との絶縁を宣言し、それから12年の時を経て、再び生まれ変わったと宣言して発表されたのが今作なのだが、そのあまりにも陰惨で憂鬱なトーンが頭から離れない。今作の冒頭は印象的な空の青で始まる。都会の全てを捨てたナタリー・バイと新しい生活環境を欲する売春婦イザベル・ユペールを対比させるように物語は進んで行くのだが、今作で炙り出されるのはゴダールのメタ的な自己投影なのだ。ストップ・モーションが露にする前進と停滞の剝き出しな視覚的野心。連続性の中で脱臼する驚きは映画的欲望に溢れる。弛緩した映像の中にしばし顔を出す映画的欲望は物語の中にあるセクシュアルな欲望とは完全に切り離され、別のベクトルで進んで行く。ゴダールの死は盟友シャブロルの描くような陰鬱な死に違いないが、おそらく世捨て人になった後のゴダールはシャブロルの映画など観ていないだろう。観る者を常に挑発し続けたゴダールの人生は、その壮絶なラストまで我々観客の予想を裏切り続けた。涙はとめどなく流れ続け、これで良かったのかという違和感も残るものの、正にゴダールらしい最期だった。今はまだ冷静になれず、そうとしか言いようがない。さよならジャン=リュック・ゴダール。愛すべきジャン=リュック・ゴダール。ありがとうジャン=リュック・ゴダール。
残像

残像の感想・評価

4.0
大好きな映画。ガブリエル・ヤレドの音楽が最高。おしりとかちんちんとかうんちとかがたくさん出てくる脚本も素晴らしい。そこはジャン・クロード・カリエールのいい仕事。

個人的に、いま見直したいゴダールはこの作品以降の近作。なので、ストレンジャーの企画はドンピシャでした。
劇物語に回帰ゴダール。商業映画といってもゴダールはゴダール。脱都会志向の象徴である元テレビウーマン、都会の経済的自己責任に追いやられた被搾取の象徴である売春婦。愛されたい欲望と支配したい性欲に引き裂かれた変態パパは理念なき知識人の迷いの象徴らしい。ファスビンダーっぽく思えたが、そもそもファスビンダーがゴダールっぽいのかもしれない。その辺の相互関係はよくわからない。

映像は好き。特にある決別から家族の再会→交通事故→路上の演奏→立ち去るまでのシークェンスが絶妙ゴダールだった。電子ピアノやシンセサイザーを使った音楽、乱発されるストップモーション、自然光を活かした深みのある絵もまたこれまで見てきたゴダールとは一味違うゴダール。

『勝手に逃げろ/人生』に似ている作品

パッション

上映日:

1983年11月19日

製作国:

上映時間:

88分

ジャンル:

3.6

あらすじ

映画監督のジェルジーは、スイスの小さな村で『パッション』という題の映画を撮影中。その作品は、レンブラントやドラクロワの名画を、扮装したり裸になった俳優をカメラの前で静止させ映像で再現すると…

>>続きを読む

カルメンという名の女

上映日:

1984年06月23日

製作国:

上映時間:

85分

ジャンル:

3.9

あらすじ

仲間と銀行を襲撃した美しい娘・カルメン。警備員のジョゼフともみあううち心が通じ、2人は恋に落ちてしまう。2人は逃避行を始めるが、ほどなくしてジョゼフは逮捕。やがて釈放された時には、カルメン…

>>続きを読む

ゴダールの探偵

上映日:

1986年05月01日

製作国:

上映時間:

105分

ジャンル:

3.5

あらすじ

パリの古いホテルで、中年の男2人が若い女を助手にビデオカメラで窓の外を撮影している。ロビーではパイロットの夫が妻ともめている。部屋でたわむれるボクサーと若い娘たち。そして、ボクシングのプロ…

>>続きを読む

気狂いピエロ

上映日:

1967年07月07日

製作国:

上映時間:

109分

ジャンル:

配給:

  • オンリー・ハーツ
3.8

あらすじ

妻との生活に退屈し、逃げ出したい衝動に駆られていたフェルディナン。ある夜、彼の家にベビーシッターとして現れたのは、かつての恋人・マリアンヌだった。フェルディナンは彼女を車で送り、そのまま一…

>>続きを読む

女と男のいる舗道

上映日:

1963年11月19日

製作国:

上映時間:

84分

ジャンル:

3.9

あらすじ

舞台女優を志すナナは、夢を叶えるため夫と子供を置き去りにして家を出てしまう。夫の説得に応じずレコード店で働きながら自活するが、やがて家賃を支払えなくなり、アパートの鍵を取り上げられてしまう…

>>続きを読む