レフト ー恐怖物件ーの作品情報・感想・評価・動画配信

「レフト ー恐怖物件ー」に投稿された感想・評価

なんだろう、惜しい感じはする。
犯した罪からは逃れられない的なメッセージなんだとは思うんだけど、いまいちかな。
ちょす

ちょすの感想・評価

2.0
主人公がひたすら美しいから最後まで観れたけど、ストーリーはよく分からなかった
ケビンベーコンがカッコよく老けてるのがいい!
謎空間の映像が綺麗で好き
ストーリーはあんまり良くわかんないし、村の人はなんなん?
ホラーだし主演がケビン・ベーコンだしという期待は、中身の微妙さ加減に打ちのめされる。

出演はほぼ3人の家族だけだが、とにかく前半から中盤にかけてどうでもいい会話や、やり取りばかりで退屈この上ない。
眠気がやってくる頃にようやく思い出したかのようにホラーし始める。

別荘の中で前妻が死んだことに取り憑かれており、女優と再婚してもそれは消えず。
娘との関係も不仲のまま別荘へと移り住むことになる。

そもそもケビン・ベーコンとアマンダ・サイフリッドが夫婦と言われてもね。
親子にしか見えないし(笑)

期待しすぎた
脅かし系じゃなくて不気味系かな
娘が可愛い
物語が動き出すまでが長い
たむ

たむの感想・評価

2.6
ケヴィン・ベーコンさんとアマンダ・セイフライドさんが共演しているだけで観たくなり、しかもブラムハウスでなぜ劇場公開しない?と思わずにはいられないホラーです。
デイヴィッド・コープ監督は『ジュラシック・パーク』をはじめ、ハリウッド映画の娯楽大作の脚本を多く書いています。
ただ、監督をやるとおかしな事になる傾向があり、『シークレット・ウィンドウ』で「?」となりましたが、本作もそっち系でした。

お互いに信頼し合えない夫婦が娘を連れて、田舎町の一軒家で過ごす、という物語です。
これは、オープニングのシーンである程度オチが読めてしまうパターンで、悪夢と現実が交錯しつつ、家の中で本格的に迷走し始めます。
夫の過去の事件などが少しづつ明らかにされていきます。
頭で作ってしまった映画の典型的な失敗例を観てしまうようですが、映像よりも理屈っぽく話も引き伸ばされてしまいます。
ただこの2人の共演は、それだけで個人的には満足してしまう点もあるので、映画スターは大事だな、とも思いますね。
邦題ちょっとダサいね?

若い女優の妻と、可愛い娘がいる裕福な主人公。
夫婦関係は少しギクシャクしていて、
修復の意味も兼ねて、イギリスの郊外の豪邸で親子水入らずで休暇を過ごす事に。

家の中を横切る影、リアルな悪夢、
不可思議な出来事、深まる夫婦の溝…
一体この家は何なんだ?
という様な映画です。
嫌いじゃないかな。

静かに淡々と進み、ホラー感は弱め。
娘のエラちゃんが、とにかく聡明でかわいくて
この子の存在に救われた。
ケヴィン・ベーコンのイケおじみが
たまりませんでした。
ベーコン好きには是非観てもらいたい。

ちょい枯れベーコン
最高でした。
くらげ

くらげの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

導入自体が本編で恐怖パートはオマケ。
ベーコンの自縄自縛にたまたま悪いパワースポットに建ってるホーンテッドハウスが絡んでるだけで、本質はサスペンスドラマなのかも。

こういう家、昔はフラフラと迷い込まないと入れなかったものですけど、オンラインで世界中から餌食を呼べる恐ろしい時代になりましたね。
現象は何もかも古典的なのに入口が妙にスタイリッシュなのが現代のホラーらしさ。

同じ家で他の犠牲者がどういった心の闇を持っていたのかシリーズ化しても面白いかも。
pppppppp

ppppppppの感想・評価

2.7
ちびっ子がかわいい
なんかいまいちすっきりしないストーリーだったかも
ある

あるの感想・評価

3.0
悪魔の棲む家系のホラー。
日本人にはちょっとピンと来ない系😅

どこか影のある主人公は若い奥さんと小さな娘を連れて、ド田舎の丘にある豪華な屋敷に引っ越す。それから不思議なことが次々と起き始め...という話。

まぁ作品としては地味!

でも注目はやはり主人公役のケビンベーコン✨
フットルースの頃はヤンチャイケメンで、中年期はヤラしい小悪党の役が多かったけど、歳をとってイケオジになったなぁと。娘と二人で家を探索するシーンはなかなかエモかった🥰

奥さん役はアマンダセイフライド。あんな可愛い奥さんいたら、多少不安にもなるかもね💦
>|

あなたにおすすめの記事