悪魔の棲む家の作品情報・感想・評価・動画配信

「悪魔の棲む家」に投稿された感想・評価

初代はそんなにだけどリメイクしたこちらのほうが個人的に良かった。
yuu

yuuの感想・評価

2.5
B級オカルト、ホラーハウスお引っ越し映画系(?)が大好きな私なのに、なぜかこれは見てなかったー!

引っ越ししたら家族の様子がどんどんおかしくなってくる映画の定番らしい。実話ベースらしい。

家族構成は色々あれど、末っ子が〝イマジナリーフレンド〟とお話しだしたり父親もしくは母親がどんどん狂っていくパターンはお決まりだな。。

そんなことより「わたしバタフライナイフが欲しい」とかわない純粋無垢な時代のクロエちゃんがめちゃめちゃカワイイダッタヨ🙏🙏
れな

れなの感想・評価

3.2

俺は俺の責務を全うする‼️



ママ「ここにいる者は誰も死なせない‼️」



ってセリフありました👀💕



1979年版悪魔の棲む家のリメイク‼️
何気にライアンレイノルズだし、クロエちゃんも出てるし豪華なんだなぁ〜💕 
クロエちゃんまだちっちゃくてめちゃ可愛い👍
むちむちてけてけ‼️


74年11月、ロングアイランドで一家惨殺事件が発生した🏘
犯人である一家の長男は「家が命じた」との言葉を残す。
それから1年後ジョージラッツは妻と3人の子供と共に屋敷に引っ越してくる。
やがて奇妙な出来事が次々と起こり始め…

実話らしいですけどね〜🤔
急に現れてびびらせる系ホラー🤭💦
話は王道なのでどっかで見た事あるパターンのやつが続いてゆく…
ので目新しさはまったく無かった‼️
めっちゃマイルドにライアンレイノルズが乗り移られて狂っていくんだけど、嫁さんがねぇ…
ほんとライアンレイノルズの言葉を借りて「馬鹿なの?」と問いかけたくなってくるww


明らかに旦那おかしくなってるだろ😂
この家おかしいと思ってるならまず旦那の状態をおかしいと思いなさいな💦
木持たされてる長男可哀想やったなぁwww


いや、それにしても
クロエちゃんがレイノルズにほっぺを片手で捕まれてむにってなってる顔が可愛すぎてやばかった😂✨緊迫感あるシーンだったのに笑ってしまったwww



結局なんで末娘だけが家に囚われていたのかとか、ラストの終わり方とかなんも解決してなくて納得がいかなかったけどオリジナル見てない私は何も言う権利ないや🙇‍♀️💦
『家は人を殺さない。人を殺すのは、人だよ。』

2005年のアメリカ合衆国のホラー映画。1979年の同名のホラー映画のリメイクであり、マイケル・ベイ率いるプラチナム・デューンズが手掛ける。監督は本作が長編デビューとなるアンドリュー・ダグラス。

1974年11月13日午前3時15分。ニューヨーク州ロングアイランドの豪邸に住むデフェオ一家が、長男のロナルド・デフェオ・ジュニアによって惨殺される。後に逮捕されたロナルドによると、自分は「家」から発せられた声によって操られたのだという。
それから1年後。ジョージ・ラッツとキャシー夫人が格安で売られていたこの家を購入し、3人の子供たちと共に引っ越して来る。そしてその直後から怪現象が起こり始める。

まず、、、若かりし頃のクロエさんが出てる!これが映画デビュー作だとか。もう完成されてる。美しい。

悪魔系の作品はいくつか鑑賞してるけど、イメージ的にはわかりやすいシャイニングみたいな感じかな。旦那の狂っていく様が似てる。
途中で出てきた色気MAXシッターは笑わせてくれた。長男、分かるぞ。
あとは神父もいい感じ。ヘタレてたなぁ。

犬に罪はない。あと家にも。
kazu

kazuの感想・評価

1.9
話は面白くないけどライアン・レイノルズの演技の幅がいい。ライアンファンがライアンを鑑賞する用、以上。
mai

maiの感想・評価

3.0
なんか自分も住む家は気をつけようと思った映画

ちゃんと人には優しくしたい
恨みはもたれたくない
再鑑賞 2020.10.15 DVD
DVD購入 2019.09.16 『悪魔の棲む家〈特別編〉』

家ホラーの金字塔"アミティヴィル"
『悪魔の棲む家』(1979米)のリメイク。

クロエかわいい。ヒットガールより5年前の作品。幼くとも風格を感じるのは後の作品を見ているせいか。
ライアン・レイノルズの肉体美が凄い。ジャック・トランスのような蝕まれゆく父(継父)役。俺ちゃんの片鱗も見せぬ怪演。

以前見たのはクロエ含め出演者みな認識していなかった頃。改めて見ると面白さ倍増。
堕ち父状態でクロエの顔を鷲掴みするのは、両者を知らない頃とはまったく違う見え方に。
明確なモンスターや殺人鬼が襲ってくる訳ではないので、より演者の反応が重要で楽しめる。

とはいえ、ポルターガイスト現象や少女の霊は出てくるし、過去の惨劇を幻視したりもあるので、ホラー描写としても遜色なく概ね満足。そもそも家ホラーだし。

特典映像でウォーレン夫妻のロレイン本人が出ていて驚き。アミティヴィルを調査した感想など興味津々。

未公開シーン集では、けっこう悪ガキな振る舞いがカットされてた。本編で子供らの言動にストレス感じなかったのはそのせいらしい。ただ逆に、継父の豹変が唐突に思っていたので、これらの悪ガキっぷりを踏まえていれば納得しやすかったとも。

他、友人役やレジのお姉さんなど、せっかく出演したのに出番ゼロって悲しすぎる。完全版が出ない限り、すべて無かったことに。映画製作では当り前らしいけど。

ちなみにクロエ入浴シーンもカット。してなかったら興行成績もっと上がってたりして。
肩のみとはいえ晒す必要もないしそもそも意味のない重複会話。カットも当然。

クロエの映画デビュー年の作品。安全確認やメンタルケアなど大事にされており、制作スタッフみなに愛されてるのが伝わってくる撮影風景だった。
素のクロエ映像には本編に劣らぬ価値あり。1作品で2本分の満足というお得な結果に。

※他、小ネタ的なメモ
長男ビリーの青色Tシャツ「KISSキッス」ってカタカナ表記あり。
鏡に映る少女の黒い影がサボテンダー。
クマ娘ジョディ役のイザベル・コナー。喋るとめちゃ舌足らずでクロエ以上に幼かった。検索してもこの子役は出てこない。関係ないトム・クルーズとニコール・キッドマンの養子ばかり出てくる。まぁ名前がダブルで被ってるし。というか今作以外の出演がないようだ。
1974年11月13日午後6時30分 神父 悪魔祓い ハエ Jケッチャム 先住民に布教 虐殺 ハンギング 湖に遺体 
タイラ

タイラの感想・評価

3.3
クロエモレッツ天使すぎるし、ライアンレイノルズがバキバキすぎて、良い意味で?気が散って

アミティヴィル事件が本当だとしたらと思うとちょっとだけ怖く思えた••
事故物件オカルトもの。広くて大きいアメリカの古い家には、日本とはまた違った怖さがあるね…。そしてここにもシャイニングの影が👀💭
 まだ幼いクロエ・グレース・モレッツが可愛すぎてたまらないホラー。彼女のファンにとっては『天使の棲む家』ですな。
>|