ライオンのネタバレレビュー・内容・結末

「ライオン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

幼くしてハプニングで見知らぬ地へ。
そして、言葉も分からないまま、様々な危機を辿った幼少時代。
彼は人を見抜く力が長けていて、寸でで怪しい大人から逃げ延びた。
その後、養子としてオーストラリアに行けた、幸運を持った少年でした。

しかし、自分の出生や両親など様々な謎が彼を苦しめて、恋人にも最後の扉を閉ざしてしまっていた。
インドでは、毎年多く子供が消息不明となっている。
彼のように優しい両親に恵まれずに、虐げられこの世を去る子供も多い。
幸運にも新たな道を踏み出せても、本来彼は本当の親と兄弟と居るべき運命を変えられたら人間てす。
向かえてくれたファミリーは素晴らしい人達であったが、それだけにサルーは凄い葛藤に苦しんだのだと思う。

最後、本当の母親と再会を果たしたときは、言葉も通じなくなっており、彼の人生が大きく変わったことを感じました。
そして、一目見て彼を息子と確信した母の強さも感じるシーンでした。

エンドロールも意味が深く。
人によって副題が多く見つかる映画だと思います。
急にお兄ちゃんがいなくなる不安。そして、疲れ寝てしまうと世界が一変している。不安に支配されながら、ドンドン状況は変わる。出会う人々は素敵な人ばかりだが、帰ることのできない場所で待っている家族を思うと胸がえぐられる想い…
最後に母親に会えたことはよかった。本当に良かった。けど、弟がいなくなったときのお兄ちゃんの想いは、どうしようもなく辛かっただろうな。そして、何度か描かれる大好きなお兄ちゃんとの時間がすごく良かった。
前半の子供サルーやインドの描写が素晴らしく、自然と感情移入できた。主人公にすごく共感する一方、育ての親や回りについて余り説明がなく、疑問が生じる。しかし、実話だから何かあるんだろうと思えば、問題になるレベルではない。ラストはとても感動的、Google Earth最高!