最愛の子の作品情報・感想・評価・動画配信

「最愛の子」に投稿された感想・評価

一人っ子政策が齎らす闇

監督は「ラブソング」や「ウォーロード/男たちの誓い」のピーター・チャン。

人口が爆発的に増加した中国では1979年から2014年まで、原則として夫婦1組に対し子供を1人までとした「一人っ子政策」を実施した。
それに伴い、年間20万人にも及ぶ人身売買の為の児童誘拐事件が横行。これは実話を元にした中国映画だ。

皆が知っている政策だが、より詳しく知りたい方は、その実態を浮かび上がらせた「一人っ子の国」というドキュメンタリー作品を勧める。

あらすじ
中国の街中で3歳の息子ポンポンが、突然姿を消した。両親は、様々な手段を使って必死に息子を探すが、その消息は全く掴むことが出来なかった。微かな希望を胸に息子を探し続けた両親は、3年後のある日ついに見つけるのだが…

育ての親と実の親、両者にとっての

「最愛の子」

子供の感情
記憶から消えた生みの親
愛情を注がれた育ての親

親の感情
死に物狂いで見つけた我が子
突如引き剥がされる育ての親

担い手や男尊女卑の問題もある。特に農村部では顕著に現れる。

一人しか授かれない

もし男の子だったら
もし女の子だったら

欲しい
要らない

そして、授かれない人

我が子に損得や優劣という観念を助長し「政策として」埋め込まれてしまったが故の社会問題。

政策自体もそうだが
本当の闇は、已む無く受け入れた筈が、いつの間にか当たり前となり正常な思考が出来なくなる事かもしれない。

中国を取り巻く問題と親の愛という普遍的なものを合わせ視聴者に突きつけてくる。

物語としては、人によって行き過ぎた行為と思うだろうし、演出もやや過剰だ。

だが

ここまで!のように我が子に対する愛情のラインなんてものは存在しない。

場合によって、状況によっては、軽く上限をぶち破る。歪んだ描写ではあるが「母なる証明」にもそれは言える。

ただ、我が子と居たいだけ。何を差し置いても、何を犠牲にしても。

これは当時の中国の現状と環境が生んだ「闇」に翻弄される悲劇だ。


ネタバレ欄にて印象に残った場面を追記
諭吉

諭吉の感想・評価

3.8
異文化過ぎて、実話とは思えないような実話の話だった。
悪いのは誰か、分かってるのに、可哀想と思ってしまって辛かった。
ただこの映画の主人公はその人で間違いなかったと思う。

映画として見てるからこういう感想言えるんだろうけど、当事者がどんな気持ちで、、、と考えることはとても出来ない。
辛すぎる。中国で子供の失踪や誘拐って実際かなりあるらしく、夜中働いて昼間に子供探すみたいな親が多くいるんだと
この元ネタになったお父さんは去年子供見つかったらしいとのことだったので、本当によかった
泣いた。なんでジャケットが誘拐してたママの方なんだろうって思ってたけどそーゆー事か。ゴミ捨てるだけでも寝てる子供抱いて捨てに行くのが印象的

このレビューはネタバレを含みます


貧困
一人っ子政策
誘拐
人身売買
産んだ親
育ての親

何が正解か分からない。
どちらも被害者なのかもしれないとすら
思った。

誘拐してしまった夫が一番悪く思うが
貧困農家には手段がなかったのだろう…

これ以上あってはいけないお話し。
でも実際こうゆう事件は
今でもあるんだろうなと思った。



2022年2本目
ぴ

ぴの感想・評価

4.6
もし、妊娠できていたら。
もし、不妊症だと嘘をつかなかったら。
もし、ポンポンを誘拐していなかったら。
もし、喧嘩をそっちのけで、ポンポンと遊んでいたら。
ひとつの歯車が狂ったことで、大勢の人間の運命が変わってしまう話。実話がベースなのが、胸に奇妙な感動を残す。神。
興味深い映画だった。薄々感じていたが異文化ショックでした。中国の下町っぽい路地や高級マンション、農村の映像などあまりに違い過ぎて縮図を見ているようだった。内容も3才の子供を1人で遊びに行かせたり、加害者の妻が図々しく弁護士を雇って誘拐した子供の里親になろうとするとか中国らしい。色々考えさせられて楽しい映画でした。実話らしいけど、結構脚色してあって、それが、サスペンスっぽくて私的には、面白かった。


ここからネタバレになるかも。

最後に『桃は、食べさせないで。アレルギーがあるから』って、誘拐犯の妻が、主人公に言うんだけど、それって主人公の妻がポンポンが誘拐された時にネットに誘拐した人に向けて書き込んでた内容。彼女、ネットを見てポンポンが誘拐されて来た事を知ってたと思う。人を利用する為に身体を使ったり、頭の弱いふりしたり、ゾッとした。これは、私の妄想なので、お気になさらず。
 物語は中国の深圳に住む3歳児のぽんぽんが誘拐される事件から始まる。
さ

さの感想・評価

-
第三者の意見としては、子どもの気持ちを尊重すべきと思ってしまう。けど、当事者たちはそれが一番大事なのは分かってるけど...って自分たちの望みや考えとずっと葛藤してる気がした。
最後のご本人たち登場の映像と、今回演じた役者さんと会うシーンが胸熱。
「天使の失踪」(スタンリー・R・ジャッフェ監督)を見て、本作を思い出した。
こちらもなかなかなの佳作。

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=5lwtV4DlqTM
>|

あなたにおすすめの記事