最愛の子の作品情報・感想・評価

最愛の子2014年製作の映画)

親愛的/Dearest

上映日:2016年01月16日

製作国:

上映時間:130分

3.9

あらすじ

中国・深圳の街なかで、ある日突然姿を消した3歳の息子ポンポン。両親は必死で愛する息子を探すが、警察に届け出て、 インターネットを使って情報を求めてもその消息はつかめない。罪の意識と後悔に苛まれながらも、かすかな希望を胸に探し続けて3年後、 両親は中国北部の村に暮らす息子をようやく見つけ出す。だが、6歳になった彼は実の親のことを何一つ覚えておらず、育ての親である最愛の母との別れを嘆き悲しむのだ…

中国・深圳の街なかで、ある日突然姿を消した3歳の息子ポンポン。両親は必死で愛する息子を探すが、警察に届け出て、 インターネットを使って情報を求めてもその消息はつかめない。罪の意識と後悔に苛まれながらも、かすかな希望を胸に探し続けて3年後、 両親は中国北部の村に暮らす息子をようやく見つけ出す。だが、6歳になった彼は実の親のことを何一つ覚えておらず、育ての親である最愛の母との別れを嘆き悲しむのだった―。

「最愛の子」に投稿された感想・評価

中国版『八日目の蝉』『そして、父になる』

誘拐された息子が3年後発見されたけど、本当の両親のことを覚えておらず、育ての母親との別れを悲しむ。

中国社会の暗い一面が様様描かれています。中国では毎年、数十万人の子どもが誘拐されているそうです。ついでに日本では数百人らしいです。かなりの人数、しかも政府の公式発表なので、実際はもっとありそう。
映画の中で、ある夫婦が新しい子どもを産むためには前の子どもの死亡証明書を提出しなければならないシーンがあって、驚いた。

それぞれの親の立場が前半と後半で描かれていて、どちらの気持ちも分かるから苦しい気持ちになる。
最愛の子

■実話映画!
中国では毎年役20万人誘拐されているらしい
日本円で男は140万円、女は30万円。
そんな中国の裏の背景に映画で戦い社会現象から法改正を変える原動力になったらしいです。


2009年🇨🇳中国の深圳市、河北省など

子供を誘拐されてしまった親、その子供を育てる親、探す親、弱味につけこむ人達。
人身売買の実態や子を思う家族を描く実話ドラマ。

◉81C点。
1979年の政策で夫婦1組に原則子供を1人!
違反は罰金という制度が多少なりとも影響しているようです。

男の子なら働き手や跡継ぎになりまだ良い方と思われていて、女の子だと売られしまうなどの事情があるそうです。

★彡主人公が変化し、目線や見方が少しずつ変化する映画でした。


◉見所ベスト3!
◎第1位🏅
深圳の街の雰囲気が凄い。

★彡ストーリーは深刻な話しですが、街の活気を見るに旅行気分になれる景色でした。
★彡逆にこの街から子供を探す難しさや怪しい雰囲気に見えてくる映像は圧巻です。



◎第2位🥈
たった15分でかなりの情報量!感情移入が凄い

★彡家族関係や周囲の街の繋がり、子供の可愛さを理解させサラッと誘拐し、こちらに悲痛感や絶望感を感じさせる手腕が天才的かも…⁉️

★彡今行ってしまった飛行機や電車、車に乗っていたかもしれないと思いながら、また違う所を探す悲壮感もかなりヤバイ😱


◎第3位🥉
前半と後半で主人公がスイッチするのが◯
★彡誘拐された親目線で見ていた所に後半新たな問題も背景にあり主人公が変わる為、さらに中国の闇を感じる事が出来ました。

★彡よく中国の恥や黒歴史の映画を検閲でクリアーできたのか?本当にこの映画は貴重な作品だと思う!
妻と離婚し3歳になる息子と暮らしている父親、ある日息子が外に遊びに行ったまま帰ってこない
何よりも大切な息子を失って喪失感や後悔など様々な思いの中でひたすら当てのない息子の行方を捜し続ける3年間
そして遂に有力な情報が入り息子を見つけることが出来たのだが、、、

ってところまでが前半部分、前半はひたすら探す!同じような被害にあっている親たちの親睦会の模様をはさみながら中国のお国事情には驚かされる

まず失踪から24時間経たないと事件として警察が介入出来ないってのはまあわかる、けど防犯カメラに攫ってる映像があって尚見つからない、しかもそんな親たちがたくさんいる
うーーん、やっぱり国土のデカさ、そして人口の多さ!いろんな事情があって、なかなか見つからないんだろうねー
そして!当たり前のように人買いなるものがある!!子供をさらって売るって商売が普通に成立してるらしい!え??って感じですよ!もう世界が違うの、架空のお話でもこれはないでしょ!ってのが現実にあるってのがショック!
さらに子供を作るのに出産許可証なるものが必要らしい、それに認められないと合法じゃないみたいな、中国って、、、ファンタジーの世界なんでしょうか?

そしてなんとなくわかっていたけど国民性もだいぶ日本とは違う、感情を表にかなり出してくる、泣いたり叫んだり暴力だったり
でも子を想う親の心は万国共通的な、そんなお話

3年ぶりに息子を探し出して共に暮らしても、誘拐犯の妻を母と信じて家に帰りたがったり、なかなか慣れない
子供からしたらそりゃそうだよねー、やっと探し出して何もかもうまくいくって思いたいのに、それなのにまだまだいろんな苦労が続くんですよね

後半は誘拐犯の妻がメイン、亡くなった夫が誘拐したんだけど奥さんはそれを知らなかった、さらに夫が拾ってきたという小さな女の子もいて、その子も誘拐を疑われて離れ離れにされちゃう
その子だけは手元に置いておきたいと裁判をするんだけど、誘拐犯の妻っていう状況から厳しいんですよね

でもその奥さんからしてみれば、子供をさらわれた親たちと同じような感じなんですよね
大切に育ててきた子供達と離される、しかも法律的にどうしようもない、子供がいる場所がわかっていながら会うことも許されない、つらいですよねー

エンディングでは実際の人物の映像が使われていて、つまり、実話ってことですよね!
日本から見ると色々ありえないような事ばかりでリアリティないようにも思えちゃうんだけど、子供を想う親たちの姿はリアリティ抜群で実話なのは納得かもしれない
つまり人の売り買いとか子供をさらうとかが悪い!こういう悲劇を生まないためにも治安だとが政治だとかそこからですよ!

劇中、手元に戻った息子を常に離さないようにしている父親の姿が印象的でした、ゴミを捨てに外に出る際も、寝ている息子を担いででも目を離さない徹底さ
中国ではちょっとでも子供から目を離したら危険ってことですよね、いやだなー
これが事実なのか。
中国は本当に底知れずすごい。怖い。
映画もなかなかで迫力ありました。
Narmy

Narmyの感想・評価

3.9
複雑に絡み合う電線だらけの町、中国の深圳(シンセン)。
そこでティエンは3歳の息子ポンポンと暮らす。
ティエンは数年前にこの地に来たが、事業の失敗もあり、妻ジュアンとは別れ、ポンポンの親権はティエンが持っていた。

細長い路地に、素行の悪い若者、ネットのお店を営んでいるティエンはとても裕福にはみえない。
ただ、ティエンも、再婚して裕福に暮らすジョアンもポンポンのことはとても可愛がり、愛情を注いでいた。

2009年7月18日 、いつもと何も変わらないその日、事件が起きる。

アンビリーバボーか仰天ニュースだったかで、この話のモデルとなった実在の事件を扱った番組を見たことがある。
その時は初耳だったので、驚愕しながら見入ってしまった。
中国ではよくある事件なのか、、

全体としては富裕層と貧困層の格差、政府の倫理的にも無茶な政策、その結果からくるそこら中に溢れる暴力や詐欺、中国の国として行き届いていない闇部分がかなり多くえがかれている。
ただ、事実の酷さも視点を次々かえていくことと、どの人物にも感じる仕方ないと思わせるほどの丁寧な状況描写と感情描写のおかげで、過度に重たくなることもなく冷静に見続けることができた。

この事件の後ティエンとジョアンにはさらに追い討ちをかけるような試練が続いていく。

この作品では同情的な扱いがされているけど、リーの行動にはどうしても共感できない。
無知なこと、貧しいことでそこに考えがいたらないのだとしたらそれもまた中国の根深い問題なのかも、、

可愛がっていた、なんてそれは自己満足で、一目会いたい、なんて自分の欲求だけ、、
ただ、リーの心からの愛情がこちらに伝わるシーンがある。
でも、心の底から本当に大切に思うなら、とるべき道は1つだと思う。
ラストまで転がり続ける皮肉な展開は秀逸。
リーはその時何を思ったのか、最後まで考えさせられる。

見れば見るほど中国の印象が悪くなるばかりだったんだけど、酷い状況下でも、子を大切に思い愛している多くの親の姿に安心もした。
この作品を観てこの状況を多くの人が知ることで、少しでも解決の糸口になればいいのだけど。
中國で毎年20万人子供が行方不明になっている
その社会問題を描いた作品
見て絶対に損はない作品 中国映画恐るべし
changye

changyeの感想・評価

3.7
誘拐が多い中国事情。
親と子、誘拐側の育ての親、それぞれの心情が描かれていて、善悪を批判するというより、中国の実情を知って欲しいという感じの映画だった。

日本だと誘拐の目的は金銭であることがほとんどだけど、中国では人手がほしかったり、家族を増やしたいという人間味がある理由もあったりする。

誘拐という犯罪がこんなにあふれているなんて、とてつもなく恐ろしいところだと思う。
だけど、この映画ストーリーの中での誘拐犯側は子供に対しての強い愛情があった。
それを思うと、今の日本でよく報道される実親の子供に対する虐待事件。こっちの方がよっぽど恐ろしいって思ったりもする。
YURIKA

YURIKAの感想・評価

3.7
中国映画、初めて観た!!

中国の闇を表してるかのような、何本もの電線が複雑に絡み合っている場面から始まる!

産みの親と育ての親。
どちらにとってもポンポンは最愛の子で、思いがリアルに描かれている分観ていて辛い。
そして幼い子どもにとってその現実は荷が重すぎる。
中国では誘拐、人身売買、無戸籍はざらにあることで、一人っ子政策が引き起こした闇は相当深い。誘拐された子どもが見つかることはほとんどない。
しかも、子どもを誘拐された親は、次の子を妊娠しても、行方不明の我が子の死亡届を書かないと出産許可証が取得できないという残酷な現実。勉強になりました。
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
たぶんちゃんと中国映画を見たのが初めてかも知れない。

なかなかエグいと言うか…お国柄と言ってしまえばそれまでなんだろうけど
平和な国日本に生まれ育った自分にはそもそも子供を売買する事も映画の中での話で
それが実際に頻繁に起きているって事が怖かった。

被害者側だけの視点じゃなく知らずに育てた母親視点やいろんな視点から作られてるので考えさせられる事もあったり。

しかし3歳までの記憶ってそんなにキレイに消えちゃうもんかなぁ?
昔すぎて覚えてないけど虐待されてたわけでもないのに実の親を全く覚えてないもんか?とそれが気になってしまった。

育ての親役の人が田舎者には見えないくらい洗練されたw
子供を欲しいのはどうしてだろう、本能?親のエゴ?
最近あったひどい親からの虐待。
色々考えさせられた。
>|