最愛の子の作品情報・感想・評価

最愛の子2014年製作の映画)

親愛的/Dearest

上映日:2016年01月16日

製作国:

上映時間:130分

3.9

あらすじ

中国・深圳の街なかで、ある日突然姿を消した3歳の息子ポンポン。両親は必死で愛する息子を探すが、警察に届け出て、 インターネットを使って情報を求めてもその消息はつかめない。罪の意識と後悔に苛まれながらも、かすかな希望を胸に探し続けて3年後、 両親は中国北部の村に暮らす息子をようやく見つけ出す。だが、6歳になった彼は実の親のことを何一つ覚えておらず、育ての親である最愛の母との別れを嘆き悲しむのだ…

中国・深圳の街なかで、ある日突然姿を消した3歳の息子ポンポン。両親は必死で愛する息子を探すが、警察に届け出て、 インターネットを使って情報を求めてもその消息はつかめない。罪の意識と後悔に苛まれながらも、かすかな希望を胸に探し続けて3年後、 両親は中国北部の村に暮らす息子をようやく見つけ出す。だが、6歳になった彼は実の親のことを何一つ覚えておらず、育ての親である最愛の母との別れを嘆き悲しむのだった―。

「最愛の子」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

幼児誘拐の闇と残酷さを感じた
とても胸が痛い

色んな人にスポットが当てられたから、色んな感情が流れ込んできて、心の整理が大変だった笑


3歳で誘拐されちゃえば、
誰が生みの親なのかなんて分からないよね
物心ついた時にそばにいる人が親だもの
実の親と暮らすのが一番いいはずなのに、ポンポン自身も両親も、そして育ての親も、誰の顔にも笑顔がない
事態は「正常」に戻ったはずなのに、どこか捻れている、解決されていない
みんな親だった
すべてがうまくいかないし、救われない

ラストは衝撃的でした
ティエン一家は少し前進した感じだったのに、
育ての親の妊娠発覚

家族がほしい、育ての娘と一緒に暮らしたい、そのはずだったのに、実の子どもができてしまった
彼女はどうするんだろう

ひとり母親が会いにきた窓から外を見つめるジーファンは、ずっと母親を待っている
そのシーンがとても印象的
母親は迎えに来てくれるのだろうか
sonozy

sonozyの感想・評価

4.5
2014年 香港のピーター・チャン(陳 可辛)監督作。Netflixで。
http://bitters.co.jp/saiainoko/
1980年以降の中国の闇となっている児童誘拐がテーマ。
年間20万人とも言われる中国の行方不明児。
その多くは数十人から数百人のメンバーを抱える犯罪組織によって行われ、誘拐された子どもは5,000ドルから13,000ドルで売買されているという。

2008年に誘拐された男の子が2011年に両親のもとに帰ってきたという実際の誘拐事件のドキュメンタリーを見た監督が映画化したもの。
俳優も子役も迫真の演技でリアル・ドキュメンタリーを見ているような心揺さぶられる作品となっています。

2009年夏、中国 深圳。
寂れたネットカフェを営むティエン(ホアン・ボー)は離婚した妻ジュアン(ハオ・レイ)と交互に3歳の息子ポンポンと暮らす生活をしていた。
ある日、近所の子供と遊んでいたポンポンは、母親が運転する車に気付き、後を追いかけるが追いつかず、1人呆然としているところを何者かに連れ去られてしまう。

警察の協力も期待出来ない中、ネットで情報提供を呼びかけたり、友人・知人の協力を得ながら探し回るティエンとジュアン。
弱みにつけ込み、詐欺まがいの情報提供を行って金銭を巻き上げようとする輩まで登場し、探索は難航。

ハン(チャン・イー)をリーダーとする「行方不明児を探す交流会」に参加し、同じ境遇にある親たちと探索を続ける2人。
失踪から3年が経った2012年夏、安徽省の農村にポンポンらしき男の子がいるという情報が入る。
そこにはポンポンと幼い妹が遊んでいた。

ホンチンは子どもが産めないため、1年前に死んだ夫がよその女に産ませて3年前に連れてきたのがポンポンと信じていたが、実際は夫が誘拐してきた子だったのだ。
幼い妹も、夫が拾ってきたという。。

奪い返すようにポンポンを連れ戻すティエンとジュアンだが、6歳になったポンポンに2人の記憶はなく、育ての母親ホンチン(ヴィッキー・チャオ)が彼にとっての母親となっていた。
突然、育ての母と妹と引き裂かれるポンポンの悲しみ、ホンチンの子供たちへの深い愛情・・・
やっと見つかったものの記憶がないポンポンとの関係を取り戻そうともがくティエンとジュアン・・・

罪のない子供たちの心情、実の親/育ての親、それぞれの深い愛情・・胸が締め付けられます。。

一人っ子政策、都市と農村の経済的格差、犯罪組織、警察の汚職..などが複雑にからみ合い、未だ解決できていない社会問題ですが、
この映画公開がきっかけとなって刑法が改正され、誘拐された子どもや女性を買うことを重罪とみなす事が規定されたそうです。
中国の映画はなぜか敬遠していたが、これは見るべき映画。

子供の誘拐される話はわりかしありがち。

その大半が誘拐された子が見つかったところで終わり

ハッピーエンドに描かれる

しかし、この映画の凄いところは誘拐された子が見つかった後の話もちゃんとかかれていること

見つかったからといってその子と親は幸せに暮らせるかといえば難しい問題

あと一人っ子政策を行っている中国ならではの問題もあり、

考えさせられる映画だった
わが子を誘拐されて勝手に育てられるやつでなかなか考えさせられる。

このレビューはネタバレを含みます

ただただ子を想う親の気持ちの純粋さよ。

前に評価で書いている人もいるけど、視点が途中から育ての親になり、急に子供の視点になり、弁護士の視点になり、などなど鑑賞者が立たされる立場が多すぎてちょっと付いていけないところがあった。それぞれの思いの強さを強調したいことはよく分かるけど、全体として散漫な印象はある。
ぬまき

ぬまきの感想・評価

3.7
生みの親と育ての親、どちらもやろうとすることに次々に困難が待っていて辛かった。
いろんな人にスポットが当てられているのでそれぞれに共感も嫌悪感も持ってしまって感情が追いつかない、、、でもみてよかったなと思える映画だった
主演のヴィッキー・チャオに興味を持ったのは「少林サッカー」。
当時、彼女のビジュアル面に惹かれた。本作では彼女の演技が光る。
心に響いた作品。
生みの親の気持ちも 育てた親の気持ちも どっちも強くて苦しかった 息子をもう二度と離すもんかとでも言うように、ゴミを捨てに行くだけでも寝てる息子を担いで外に出る親父の姿が泣ける〜〜 妹ジーファンはめちゃめちゃ可愛い
ぽこ

ぽこの感想・評価

-
スポットライトがあたる人がころころ変わり、そこまで深くもなく、どの人に共感すべきかよく分からなかった。
実話をもとにしてるから一人を主人公にできなかったのか、、
ドラマ母になるを少し観たことがあるだけに、生んでないけど母になった人と産みの母の愛情の深さがドーーンとくることを期待してしまった。ちょっと浅かった。

これはどうでもいいことだけど、3歳のポンポン、千鳥のノブに似てた。
見つけるまでの話かと思ったらそこからが凄かった。そして実話ってのにびびった
>|