LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手…

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。 大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは――。

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

belmondo

belmondoの感想・評価

5.0
言葉がない。ただこれほどまでに満ち足りた結末の映画は他にない気がする。
みやり

みやりの感想・評価

3.8
凄い話だった。
奇跡の話も凄かったけど、インドの暗部が恐ろしすぎる。
ストリート・チルドレンや臓器売買、人身売買、性的虐待なんでもありで近づいてくる大人も信用できない保護施設もおかしい、主人公が痛い目にもあわず、生きてこられたのはラッキーでしかないというのが怖かった。

オーストラリア人の養父母はすごいなと思った。お母さんも虐待されて育ったのにちゃんと愛情を与えることのできる素晴らしい人だと思った。
れんげ

れんげの感想・評価

4.0
実話だなんて。こんなん泣かないはずがないですよね。 Google Earthありがとう。
kurasaki

kurasakiの感想・評価

4.3
いやーよかった!!
これ実話なのかぁ
5年もかけてGoogleMap使ってたのね

兄ちゃんすげーかっこいい
主人公の子供の頃もすごい可愛いな

ラストのLIONのくだりで
ゾワっときた
ブワっときた

最後に実際の映像でるんだけど
反則だよねーあんなの(褒め言葉
実話であること、タイトルの意味を最後に知り、感動で涙が止まらなかった。最高に心に残る一作。
mssssn

mssssnの感想・評価

4.5
サルーの子めちゃめちゃかわいい。お兄ちゃん、めちゃめちゃええお兄ちゃんやなぁ。
逆説的だけれど、実話に基づくこの映画を通して、フィクションの素晴らしさを感じることになった。

ものごころが芽生え、母親への思慕(しぼ)を自覚した頃の、あの独特の揺らぎが素晴らしく表現されていたからだ。『ルーム』に通じるほどうまく撮れている。

つまり、前半の子供時代の"映像"に尽きる。

幼少期の記憶を、私は強く残しているほうなので、あんなふうに見えていたなぁと、こころが揺れた。ほんとうに美しい映像。

そして、ニコール・キッドマンて、力のある女優さんなんだと、今さらながらに思う。サル―を迎えたときのあの顔を、私は幼き日に何度も見た。

実の母ではない、あの微妙な雰囲気。距離を探りながら、むしろ自分が見透かされているように、少しとまどう眼差し。

私の幼少期に、あの眼差しを向けてくれた女性たち全員に(ご存命なら、ほぼ皆おばあちゃんなのか…)、感謝したい。

これらはすべて、フィクションの力で表出(ひょうしゅつ)されたもの。私にとっては、そういう映画だった。

後半の青年期の何やかやは、他人にとっては、取り立ててどうということもないとしか、私には映らない。

人はみな、取り替えられない旅路を生きている。

他人に話すほどでもないと思っているような、ささやかなエピソードのほうが、むしろ私にとってはドラマチックだ。
さわん

さわんの感想・評価

3.4
邦題サブタイトルはヒドイが、つけないと最後までタイトルの意味がわからないのか。。
実話であり制作した人達が信念を持って作ってるってのが素晴らしい。
すごい、奇跡ってこういうことなんだ。最後エンドロールで涙腺崩壊した。
幼少期のサルー賢い。そしてとにかくめちゃめちゃ可愛い(;_;)お兄ちゃん(;_;)とってもいい映画。
me

meの感想・評価

4.0
生き別れの家族がいるなんて想像もしたことないけど、想像を絶するものだと感じた。
>|