LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手…

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。 大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは――。

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

雫

雫の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

容姿になるまでの過程が
とてもリアル
子供の不安な心情が
伝わってきて胸が痛い

劇中、どうしてライオン?
ライオンなんて全く出てこない…
なんて思ったけど
最後のエンドロールで
ストンと落ちた

彼は自分の名前の通り
ライオンのように逞しく
そして強く生き抜いてきたんだと
ますますこの映画の
素晴らしさを感じた。
三つ子の魂百まで!じゃないけど、赤い揚げ菓子が呼び起こす産みの親ゃ兄妹&故郷への郷愁がサルーを突き動かしたんだね❗

オイラゎサルーより二人の母に強い感動を受けたな
ニコール演じるタスマニアの養母の生きざまと信念ゎ人として称賛に値するし、25年待ち続けた実母の深い愛も素晴らしい❗

Google Earthが紡ぐ現代のお伽噺に涙がポロリ

(ToT)
Reina

Reinaの感想・評価

3.9
故郷を探し出すところに重点を置いて進むのかと思いきや、サルーの迷子になった経緯やその後の生活など過去の出来事もたくさん描かれていて、だからこそ探し出す過程や再会した時により感動したなと思いました。
インドでは8万人もの子どもたちが迷子になるとエンドロールで初めて知りました。
本編を見て「LION」という題名の由来を知った時、更に良い作品だなと感じます。
的外れの変な邦題にならなくて良かった…
のろ

のろの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

号泣でした。
迷子になってから保護されるまで本当によく生き抜くことが出来たなと
サルーの生命力にただただ感心させられました。
ほっとできるまでとても長い時間だったと思いますが、里親や恋人に恵まれてサルーは強運でしたね。
お兄さんも生き延びて、再会を果たしてほしかったですが、、

子役の子が可愛くて自然体で凄く良かった。
映像も色彩もとても綺麗で、インドの大自然に目も癒されました。

そしてこのストーリーに欠かせないGoogleマップというツール
これがなかったらこんな奇跡なかったよね!きっと!
私もほぼ毎日お世話になっているツール
便利過ぎる世の中は怖いけれど、こればっかりは文明に感謝しかないです。
KoTA

KoTAの感想・評価

4.2
マジで感動した泣
実話ってのもあり、すごくリアルに作られてる作品だった。
迷子になって色んな人と関わるけど世の中は怖い事ばかり…
だけど、そこで新しい親に出会い色んな友達もできある事がきっかけで記憶が呼び戻り現代の力Googleアースで25年前に別れた家族を探すそのすごさを見て欲しい。
絶対泣くから笑笑
実話だからか、運の良さが奇跡的だ。
サルーがカルカッタで味わった苦痛と恐怖が見ていてヒシヒシと伝わってきていたたまれない。それにしても1600kmも走り続ける回送列車って何なのよ??
YUYokoyama

YUYokoyamaの感想・評価

3.7
日本とは規模が違いすぎる迷子。
サルーの少年時代の演技が切実で、グッときた。

ニコール・キッドマンが実物のサルーの母親にそっくりな役作りをしていて驚き。
ルーニー・マーラは美しい。

あれ?インドの話?ライオンは?と思ったが納得。おおっ!!となる。
実話だという。

インドでは年間に子供が8万人も行方不明になること、人種の違う子供を養子にし、育てる人がいることを知った。
【毎年インドで行方不明になる子は8万人】

その中のたった一人、5歳の少年の出来事👦

予告の段階で涙腺崩壊することは予測できたけど、それ以上に驚かされることばかりだった😨

主人公の少年時代のサルーを演じた子役の演技力もさることながら、インドの貧困家庭の暮らしぶりや、里親夫妻がサルーを養子として迎えた理由がまたスゴイ!

あっ、そういえば始めのうち、養母がニコール・キッドマンと気付かかった(*^^*)アハハハ
おそらく実際の養母に似せた髪型を保っていたんだろうね(*^ω^*)

まぁそんな事よりこの養父母さん、スゴイなんてもんじゃないですね!世の中には、こんな夫婦もいるんだと👏

サルーの強運というか奇跡というか…これまた最高にスゴすぎる!25年前の、しかも5歳の記憶が残ってるなんて(゚O゚)…それぐらい家族に対する想いが強かったんですね(*´-`)

ラストはGoogle earthに鳥肌が立ち
やっぱり涙が出ちゃいました(´•̥  ̯ •̥`)

最後の最後に明かされる題名の「ライオン」の意味…🤔なるほど〜


でも兄ちゃんの事を考えると…

なんとも切ない気持ちになっちゃいます( ˘ω˘ )
Machiki

Machikiの感想・評価

4.1
インドの社会問題について考える機会になった映画。


実話なんですね!
子供は多くは語らないが、その表情が不安な心情を語っていて胸が締め付けられる。
演技、映像、音楽共に最高でした!
ニコール・キッドマンが素晴らしい女優だということを長らく忘れていました。
彼女は母親を演じているようには見えません!間違いなく母親そのものでした。
ルーニー・マーラは大好きな女優さんですが、彼女の役は正直いらないと感じてしまいました。
そこを省いて幼少期をもっと描いて欲しかったかな。

エンドロールが終わるまで飽きません。オススメです!
>|