LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

Hachi888

Hachi888の感想・評価

4.8
改めて、実話なんだよね?
って言い聞かせながら観てた😶
そもそも、インドってこんなに貧困差あるのか?というところからショックで、世界の事なにも分かってないんだなって思った💦

インドの厳しい環境での生活、心が折れて治らないと感じるほどの寂しさや不安、新しい家族を小さいながらも受け入れる心など映像に映る全ての事がショックで、実話だと理解するのに難しいなぁと感じました。

私はもう少し会えるまでの道のりを前回と同様な道のりをたどってほしかったなと思うけど、たくさん話があった中、うまく映画に収まってるなという印象💚

それにしてもデヴパテルさん、めちゃくちゃイケメン❤️
ミリオネアは見てなくて、マリーゴールド観てた時は役が役だったからそんな風に見えなかったけど、めちゃくちゃイケメンよ❤️😍❤️とりあえずFilmarksからFan❤️付けておいた😆👍笑

最後のエンドロールに流れてくる本人達の写真や動画を観ていて、自分をニコールに演じてもらうなんて夢のまた夢!?とか思ってしまう😍
でももし私が映画化されるなら是非!!!!ジェニファーローレンスで👍😶←こらこら
SARA

SARAの感想・評価

4.1
私の当たり前の毎日が貧困の国では夢のような毎日なんだろうな😞ルーニーマーラかわいいなぁ
N

Nの感想・評価

4.2
なんでライオンなんだ?
って思いながら観てたけど、
もう、、そういうことか、、ずっと号泣してた😭
貧困問題であったりそれぞれの苦悩であったり、色々考えさせられた映画でした。

このレビューはネタバレを含みます


年間 8万人の 子供たちがインドで行方不明になっている話 は知らなかったので衝撃を受けた。
サルーがオーストラリアのタスマニアの夫婦に養子として引き取られ、 25年後再びインドの実の 両親を探す話 。
両親を探し始めるまでの葛藤や 恋人とのすれ違い、 記憶を辿っていくシーン。展開は早く目が離せない。

これが一昔前でインターネット がない時代なら実現しなかっただろうと思うけれど、 技術の進歩がこの母子を再会させたんだろうなと思う。
Masumi

Masumiの感想・評価

4.5
実話だから、ラスト分かってても泣ける😭
2人のお母さんの抱擁素敵。そして、お兄ちゃん...
ちょっと期待し過ぎたかも…!でも良い話でした。すごい人生だなぁ〜。何を書いてもネタバレに繋がりそうで何も書けないけど、お母さんはすごい人です。
erimo

erimoの感想・評価

4.2
自分は恵まれた生活をしていたんだなと痛感。インドがこんな現状だと何も知らずに生きてたのか。。
グーグルが世界にもたらしたものは本当にすごい。
サルーの子役の演技と、ニコールキッドマンの演じたお母さんのセリフが胸にささりました。。
とみ

とみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトルから大まかなラストはわかっていたが、実話だと思うとより真剣な気持ちで観たように思う。
世界で起こっていることの、ほんの一部でも知るきっかけになった。

とにかく、最初から子供時代のサルーが可愛くて可愛くて、何度も「か、かわいい」と漏れてしまった。
やはりクライマックスのシーンは感動的。
お兄さんのことは予想外でショッキングだけれど。

最後の実際の映像での母親二人の複雑な胸の内は当人にしか分かり得ないものなんだろうな。
e1416

e1416の感想・評価

3.0
原作読んでからの映画。描写しきれてない部分もあったけど、映画は映画でよかった。静かに綺麗な映画。

Wikiより:
『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(ライオン25ねんめのただいま、Lion)は、2016年のオーストラリア・アメリカ合衆国・イギリス合作のドラマ映画。サルー・ブライアリー(英語版)のノンフィクション本『25年目の「ただいま」 5歳で迷子になった僕と家族の物語』を原作とし、ルーク・デイヴィーズ(英語版)が脚本、ガース・デイヴィス(英語版)が監督を務めている。
よっこ

よっこの感想・評価

4.5
涙がとまらなかった。。
まさか実話とゎ…幼い時に家族と離れ離れになりそのまま25年間、幼い頃の記憶をたどり故郷に帰る。
実の兄、生みの親、育ての親、
本当に大切な存在。
>|