LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価・動画配信

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

acanthus

acanthusの感想・評価

3.9
これが実話だなんて、ドラマティックでした。
人柄もよく、素敵な映画でした。
観る価値あり。
なか

なかの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

サルーはずっと素直で良い子だった。
最後まで、エンドロールが終わるまで見てほしい

迎え入れてくれたご両親が本当にとても素敵な方達で
結婚した理由のひとつとして語られた
産まないという選択肢、世界は人であふれている 子供を産んで世界が良くなる?
心が震えた、私も同じ考えを昔から持っているけど親にはわかってもらえないから、

こんなにもあたたかくて大きな大きな愛の形があるんだ 美しいなと思いました。

お兄ちゃんの亡くなった理由を知った瞬間涙が溢れて止まりませんでした
お兄ちゃんも揚げたお菓子食べたかったよね
同じ日に2人のわが子を失ったお母さんはどれほど辛かっただろう

行方不明になる子供の数に、言葉を失いました。
貧しいインドの村で育ったサルーがある日お兄さんについて来て、列車に1人で誤って乗ってしまい遠くの街へ。
住所も母の名前もわからない小さな子供が行方不明者扱いとなりオーストラリア夫婦に引き取られる。
25年もの歳月を経てGoogle Earthで自分の生まれた村を探し当て戻るという実話。

良い夫婦に引き取られてこの子は運が良かった。
兄と弟とで明暗が分かれてしまったのも皮肉なものである。
本当に可哀想なお兄ちゃん。
物悲しいラストだった。

それにしてもインド人多すぎ。
昔はカルカッタって言ってたのが今はコルカタと読むのだと知る。
文明の力はこういうときはやはり必要。
kaho

kahoの感想・評価

4.0
自分が普段当たり前に生活していることがどれだけ恵まれていて幸せなことかを再認識させてくれた。

血が繋がっているだけが家族じゃないんだな。。。
本当に素敵な映画でした!

ノンフィクションってのがまた鳥肌
tuki53

tuki53の感想・評価

4.1
こんなに素敵な映画だったなんて!
ライオンの意味が最後の最後にわかる!
A

Aの感想・評価

-
「世界は人であふれてる。子どもを産んで世界がよくなる?」

UNICEF
https://www.unicef.or.jp/lion/

「インドで年間5万人の子どもたちが失踪、写真の欠如が阻む捜査」
https://www.afpbb.com/articles/-/2906312?cx_amp=all&act=all
kmk

kmkの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

昨日まで隣にいた人がいなくなったり、心を許した大人が自分を売ろうとしてたり、そんな日常にゾッとする。

たまたま昔の記憶が蘇り、話した仲間が提案したこと(これもまた知が人を救ってる)がほんのちょっとずつ、あの地図のピンとピンを結ぶ糸のように繋がりついには辿り着く。

養子の兄を認めるのに時間がかかったのはやはり本当の兄の存在が大きいからだと思う。
貧しくて、自分自身もまだ子どもだけど弟に与えた大きな愛。
彼に会えなかったことがノンフィクションであることがとても悔しい。


p.s.あと大きなターニングポイントのオーストラリアへ行く決断をするきっかけとなったあの女の子も知でサルーを救っていた!
Yuta

Yutaの感想・評価

4.5
インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル、「キャロル」のルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華キャスト共演で映画化したヒューマンドラマ。1986年、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルーは、兄と仕事を探しにでかけた先で停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた大都市カルカッタ(コルカタ)まで来てしまう。そのまま迷子になったサルーは、やがて養子に出されオーストラリアで成長。25年後、友人のひとりから、Google Earthなら地球上のどこへでも行くことができると教えられたサルーは、おぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに、本当の母や兄が暮らす故郷を探しはじめる。
M

Mの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

電車の中で普通に泣いた。
お兄ちゃんがサルーが行方不明になった日に、事故死してたという真実があまりにショック。
同じ日に2人も子供がいなくなって、お母さんの気持ち思うと泣
Googleアースを使ったインド版母を訪ねて三千里。
もちろん、この子の苦難や実母を見つけた時の感動はあるが、気になる点もいろいろあり、諸手を挙げての高評価にはならなかった。
実母を探し当てたいという気持ちは分かるが、だからといって彼女をあんなにぞんざいにする?養子の弟はどうなった?
養父母が海より深い愛情を注いでくれる聖人なだけに、主人公の勝手な行動が意外に気になってしまった。
タイトルのライオンの意味は、エンディングで解明されます。
>|