LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    ガース・デーヴィス
    脚本
    ルーク・デイヴィス
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ニコール・キッドマン
    デヴ・パテル
    デヴィッド・ウェナム
    ナワーズッディーン・シッディーキー
    パラビ・シャーダ
    タニシュタ・チャテルジー
    エイモン・ファーレン
    あらすじ
    オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。 大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは――。

    「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・レビュー

    Morumoru
    Morumoruの感想・レビュー
    9分
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    感動しました。登場人物が大学に入って、「この何不自由ない生活に嫌気がさすのさ」と行ってインドへ帰ったのをみて、主人公の背負った背景と、オーストラリアの生活の違いを感じました。
    aaaa
    aaaaの感想・レビュー
    2時間
    5.0
    とにかく感動!最初から涙が出ちゃった
    oka
    okaの感想・レビュー
    3時間
    5.0
    日本がバブル景気で浮かれていた頃から始まり25年後までの実話。
    スクリーンに年号が表示されるたびに当時の"物に溢れていた自分の年齢"と重ねあわせ 胸が苦しくなりました。

    子役の子は表情で語る場面が多く それがとても自然でした。

    鑑賞中 「なぜ 肌の色が違う子を養子に?」「なぜタイトルが LION?」と思っていた疑問も後半に解明。

    一切無駄のない すばらしい映画でした。
    こんなドラマチックなストーリー、しかもつい最近の話と思うと 感動が何倍にも膨らみました。
    イイナ
    イイナの感想・レビュー
    3時間
    4.3
    泣いた…。映画館で涙するのは何以来だろ〜
    物心ついて育った何十年よりも、自分の心底にある生まれ育った故郷は、とても恋しく大事な場所。そんなことを考えさせてくれる心あたたまる映画。
    まつこ
    まつこの感想・レビュー
    3時間
    4.2
    迷子になった少年の感動の実話を通してインドの過酷さを知ることができる本作。

    メインストーリーに泣かされたけど、それ以上にインドパートの描写が衝撃的だった。

    それぞれが生きるのに必死で、小さな男の子が背伸びしながら懸命に踠いても、わかる言葉で話せ!邪魔だ!と詰め寄り、やっと見つけた安堵の地も追われたり、見せかけだったり。夜空に響く唄声に息が詰まった。

    サルー少年が可愛いから余計にツライ。ニコール・キッドマンがウキウキしちゃうのもわかる。後、ルーニー・マーラーの電柱隠れにも悶絶!( ´艸`)

    50年経ったらまた誰かの運命を変える文明が生まれるのだろうか。

    家族愛に弱い人、かわいい男の子にキュンとしたい人、インドの過酷さに触れてみたい人にはオススメかな。

    ベタでも、あざとくても、結果がわかっていようとも、「ただいま」って素敵な言葉だな。

    忘れてはいけない。
    インドには彼のように彷徨っている子供たちが無数にいることを。ひとりでも多く幸せを感じられる場所に辿り着くこと、元の場所に帰られることを、願わずにはいられなかった。
    ととし
    ととしの感想・レビュー
    3時間
    3.6
    ちょっと予想(期待?)と諸々違ってスコアは高くありませんが(^^;;見応えありました。
    主人公の少年時代を演じたサニー君の可愛さたるや‼︎‼︎‼︎ 昨年の「ルーム」ジェイコブ君に勝るとも劣らない(いや、勝ち負け的な事じゃないんだけどw)彼のパート全てが総てでした(T_T)
    「スラムドッグ〜」の少年から「チャッピー」のひ弱青年を経ての今作で見たD.パテルには、成長を見守った感もちょっとしててw父親目線。ニコールは素晴らしかった!あのシーンのあの語りと表情には、しっかりと主題が背負われていました(/ _ ; )(これはネタばれにすべきだったかな?)
    giraffe
    giraffeの感想・レビュー
    3時間
    4.0
    泣きました。
    感動的な話ではある。が、インドの
    現実が、怖いし、ツラい。
    毎年八万人の子供が行方不明て…。
    クドゥが…((((;゜Д゜)))
    yazyeeeeee
    yazyeeeeeeの感想・レビュー
    4時間
    4.2
    素直に感動できる良作だった。
    映像もいい。
    SintarouTakada
    SintarouTakadaの感想・レビュー
    4時間
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    「グーグルアースを使って生き別れた兄を探す話」としか知らずに見たら、インドの子供達が毎年8万人も行方不明になっている問題が大きく関わっていたことを知って衝撃を受けた。人々の繋がりの深さが丁寧に描かれていた。最後までタイトルのライオンの意味がわからずモヤモヤしていたらびっくり。そういうことだったとは、、。インドの現状と家族の意義について色々考えさせられた。
    Aimi
    Aimiの感想・レビュー
    4時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    実話を元に作られたこの作品は、最後の最後で、彼らのとある場面の実映像をスクリーンに映してくれる。
    その映像を観た時、それまで流れなかった涙が堰を切ったように流れだした。

    この作品は年間8万人以上の子どもが行方不明になるというインドの闇の部分を伝えながらも、親、子、兄弟、恋人、というそれぞれの立場での互いへの愛情をとても切実に描いている。

    貧しいながらも我が子たちへの愛情を一心に注いでいた母
    幼い弟と妹、母。家族を優しく支えていた兄
    不幸な子を救おうと、そんな彼らを絶対的な愛情で育てた母と父
    不安や心配を抱えながらも側にいた恋人
    さらにいうなら不幸な子どもたちを救うことを仕事としていた彼女たちや、親子の再会に暖かな拍手を送った村の人々まで。
    不幸な立場にある者をさらに不幸な道へと誘おうとする者がいる一方で、こんなにも愛情に溢れる者たちがいる。

    実の家族と育った家族の狭間に立ちながら彷徨ったサルー。25年間彷徨い続け、その点と点の距離が縮まり、その間にしっかりと線が引かれる過程で彼の周りに在る愛情を感じさせるエピソードが散りばめられている。
    実の母と育ての母。その点と点を繋ぐ上で、これは互いの母への裏切りなのではと最後まで葛藤していた彼だったが、その葛藤も杞憂であったこともそれぞれの母から語られる。むしろ私にはここが一番の泣き所で、両者が笑顔で涙しながら互いをしっかりと抱きしめあっていた場面には涙が止まらなかった。
    息子を育ててくれてありがとう。
    息子を生んでくれてありがとう。彼に会えてよかった。無事でよかった。
    母として、1人の人間として、海よりも深い愛を感じずにはいられなかった。
    >|