LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手…

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。 大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは――。

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

この作品のレビューにはそぐわないかもしれない…

この世界には怪物がいる。

欲や罪を溜め込んで、肥大化した大喰らい。
彼は胃下垂気味らしく、食べても食べても満足できない。いつも口をモグモグさせて食べ物がないかを探してる。

大人でも子供でも関係なく平らげようとする。

ねえ、怪物さん…
人の不幸はそんなに美味しい?

汚らしく口に運ばれる食べ物。
その口から零れ落ちたひと欠片。

よかったね…食べられなくて。
こっち側なら安全だよ。

なんてね…

…他人事みたいに書けば判る。

その怪物が私たちだ。

喰い散らかして、好き放題。
そのうち食べるものがなくなったら…
自分を食べて自滅するに違いない。

綺麗にトッピングされた毒入りケーキ。
ほら、美味しそうでしょう?

さぁ、どうぞ…お好きなだけ召し上がれ♪

これじゃ悪い魔女みたい…(苦笑)

素直に感動しとけばいいのに…
あー、歪んでんなぁ、私って。

素晴らしく奇跡的な実話の向こう側に、醜く笑う怪物の姿を見て…危うくアポトーシスしそうになっちゃったよ。

強慾と罪過に浸ってしまえば…
きっと楽になれるんだろうね。

って、もう塗れてんのか…(*´-`)
浅漬けぐらいを希望したいトコだね(謎)

私の脳ミソが腐ってるだけか…😵

作品そのものをディスる気はありません。
素敵なストーリー。でも、個人的な問題でスコアレスにさせていただきます😅

腐った脳ミソの代わりにお豆腐でも入れたら治るかな…あ、お豆腐も腐ってるや(手遅れw)
Momo

Momoの感想・評価

4.9
自分はどう生きていくか、そのために何を乗り越えればいいかっていう葛藤が伝わってくる作品だった。実話が元なだけにここまでいい作品に仕上げるのは困難だったと思う。これみたら、悪いことばっかりじゃない❗️
DOBBY06

DOBBY06の感想・評価

3.6
実話。
内容は少し知っていたけど見たかった作品。
育ててくれたお母さん凄い!感動した。
moviEEE

moviEEEの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった、感動した。でもルーニー・マーラが恋人でニコール・キッドマンが養母って盛りすぎやろ。GoogleEarthでどうたどり着くんだろうと思って見ていたがたいした展開でもなかった。いやいや地名でだいたいわかっていて後付けでGoogleEarthにしたんじゃないかと勘繰りたくもなる。でも最後のご本人登場で抱き合ってるシーンはじーんときた。
予告と全くどうにかしてる邦題で、展開にある程度の予想ができるため、前半はかなりまだるっこく感じるが、想い明確になってからは段違いに面白くなる。ただ主人公に焦点あたる分、周りはボヤけ、良いんだけど惜しい所。タイトルの出方はカッコいい。
MidoriOno

MidoriOnoの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

久々の当たり映画、、すごい心があったかくなった。
自分が持ってるバックグラウンドって、どうしようもできないものがあったり、後悔するものだったり、するけど、立ち向かったんだなすごいなと思った。
ここには、なに不自由ない生活がある、それが嫌だ、的なセリフあったけど、それがもう刺さった刺さった。それってインドで過ごした事実がなければ出ない言葉だし、生まれた場所とか、自分がジブンゴトとして体験したからこそのあのセリフだよなあ。あと結局産んでくれた人って大事なんですよね、ってこと
なにより、サルー役の人が自分的にドンピシャだし、子役も本当に可愛かった、、
ikumi

ikumiの感想・評価

4.5
インドの現実に、カルチャーショックすぎる。終始切ないけど、もう最後滝泣き。サルーが可愛すぎるし、イケメンすぎる。
すわ

すわの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

やべえ最後
鳥肌が止まらねえ

幼かったサルーは自分の名前を間違えて覚えていた本当の名はシェルー、その意味は...
「LION」
やばいって。
うみこ

うみこの感想・評価

4.0
ニコールキッドマンの抑えた芝居にとりあえずグッときてしまう。
実話である事も然りながら、人身売買や貧困などインドの深刻な問題も見え隠れする作品だった。
Rachel1122

Rachel1122の感想・評価

4.1
実話ってことに驚き。サルーの子役の子供が可愛くて可愛くて可愛くて。そしてGoogleストリートビュー考えた人すごい!
「ライオン」て題名、なに!?と思ったけど、最後の最後に意味がわかって納得!
>|