LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価・動画配信

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

過去にどれだけ辛い出来事があっても、養母の辛い時にふっと隣にいて慰めてくれる優しい子に育ってくれた。誰もが望んだハッピーエンドです。
miki

mikiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

途中ちょっとダレたように感じたけど、最後で一気に盛り上がった。
再開するシーンで村人めっちゃ集まってきてるのにものすごい脚色を感じて、ちょっと萎えちゃった。

兄が死んでたことにも、最後テロップで明かされる死に方も衝撃だった。
自分の子供が二人も一気にいなくなって、お母さんしんどかっただろうな。
インドの孤児院や浮浪者の子どもを狙う悪い大人たちも描かれててよかった。
前に見た"スラムドッグミリオネア"(これもデヴ・パテル)でも、孤児を狙った悪い大人たちが描かれててリンクしてた。
インドは貧富の差が激しいのは有名だけど、映画に写せないレベルでもっと闇が深い現実があるのがきっと事実だと思う。
年間で行方不明になる子ども8万人てやばすぎる。(日本はどうやら全年代で年間8.5万人程らしい)

あと個人的にはこの再会も奇跡だけど、オーストラリアで素晴らしい養父母に出会えたこともものすごく奇跡だと思う。
インドであのまま貧しい生活をするよりもはるかにハイレベルな暮らしを手に入れて、事実だけ見れば相当なラッキー。
迷子になって再会するまで、ずっと心のどこかでモヤモヤしてただろうから一概には喜べないけど。

最後の養母含めた実際の再会のビデオが泣ける。
めー

めーの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なんとなくのイメージしかなかった、インドという国。
自分とそう遠くもない年代の子の話と思うとずんっとしました。

最後の実際の映像もまた、、本当によかった。
あの日お母さんは二人の息子を失ってたと思うと、辛すぎる。。
タイトルがなぜLionなんだろうとずっと思いながら観てきたけれど、そうだったんだね〜なるほどねって感じ。

養母の心構えがすごい!
世界規模の愛だと思った。
子役のサルーめっちゃくちゃ可愛い😍
sayaka

sayakaの感想・評価

4.0
最後の終わり方が今まで見てきた中で一番良かったかもしれない。もし将来子供を持ったらずっと手を離さないと思う。
めちゃくちゃ長い間迷子になった子供の話w
実話を元の作品
大人になった少年の故郷や家族に対する感情と
育ての親への感情が錯綜して悩む心情が良く伝わってくる。
インドの子供達のおかれた状況がよく分かる
色々考えさせられることもあった。
血の繋がりだけが家族では無いと感じました。
ニコールキッドマンは
さすがの演技素敵でした。
ハル

ハルの感想・評価

4.3
実話。。。
ラスト大粒の涙です🎥
Google earthが親子を繋げた作品🌏
Q

Qの感想・評価

5.0
とっても素敵な映画。
どうか家族だけじゃなく、彼女とも幸せになれてますように。
とにかく感動。サルーのような子供が沢山いても、幸せになれるのは一握りなんだと痛感させられた。これが実話なんだと思うと泣けてくる。
タイトルで、ライオンに育てられた人の話だと思ってた 笑
以前、ライオン?オオカミ?に育てられた人が見つかった事件があったような…?
なので、いつライオンと遭遇するかと思って観てたら、全然違うかった。
タイトルのライオンの意味は最後に判明しますが…

と、思い違いだったけど、こちらの作品は作品で、感動ドラマ。
日本で5歳の子供が迷子になっても言葉が通じるからすぐ見つかりそうだけど、インドの集落で多言語ありそうだから言葉も通じず、メディアも発展していないから、サルーみたいな子は大勢いるんだろうな。
サルーは養子に貰われたので、ある意味ラッキーだったんだろうけど。
この養父母が素晴らしい。
こんな素晴らしい人たちに巡り会ったのはとてもラッキーな事だと思う。
もし私がこのような境遇だったら、5歳の記憶辿って絶対辿り着けない自信があるわ。
Google Earthバンザイだ!
>|