LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

こーじ

こーじの感想・評価

4.0
知名度のない良作。5歳の子がインドで迷子になる過程を丁寧に描いたが故の現実感が、苦しみや物語の骨となる。2人の子役を始め、インドの人たちの自然な演技が素晴らしい。最後に明かされるタイトルの意味と、ある事実が余韻を残す。‬
nanaru

nanaruの感想・評価

4.0
土地の広さ、言語の違い、子供たちの待遇などインドのことを知ることを出来ました。
実話とは知らずに見ました。
Google Earthの技術力、家を探せるようになった時代に感服しました。
さるぅ!!!!!
サルぅー!!!!!!!!!!
可愛すぎたこの子役の子、声顔なんかものすごい完璧だな!?結局人は見た目なのかもしれないとか最早映画のテーマとかけ離れたことを思い始めるほどに可愛かった。
さるぅ。お兄ちゃんのさるぅって呼ぶ声に愛を感じて仕方ない。

実話なんだよなぁ。
映画だったらいやもっとこうさ、とか、ここのストーリーここさ、とか、勝手にいじりたくなるけど、
この話に登場する彼らがお会いする事はないけど、確実に存在する誰かとしてそこに、いて。
もはや途中から事実が小説より奇なりすぎて吐き気をもよおしました。

インドおそるべし。インド一度行きたい。わたし二度と帰れなくなりそう。こわい。
だんご

だんごの感想・評価

3.5
子役がかわいいのは分かるし、いい話なのはわかるんだけど、なんでかな、あんまし入り込めなかった。残念。
きよし

きよしの感想・評価

3.3
ちなみに私は学部の専攻柄
これ実話かあって心に響くものがあったんだけど
一緒に見た他学部の子は
線路の上を自力で歩いてライオンと会って闘う的なアクション展開を期待してたのに外れたとの感想で
観る人によって評価の高低差あるなって感じた

このレビューはネタバレを含みます

本当にこんなことが
あるなんてびっくりしました。
奇跡なんでしょうね。。
素敵な親子愛でした。。
そして、本当にLIONでした。
みんま

みんまの感想・評価

4.3
あの夜のグドゥを思うと辛い
養子にとったオーストラリアの両親の心の広さ、生き方が私に響いた
インドには年間8万人の子供が行方不明になるらしい
サルーのように現在幸せに暮らせている人なんて一握りにも満たないだろう
家族愛、社会問題、思い出、色々考えさせられる映画だった
Takuma

Takumaの感想・評価

4.0
実話ってことに驚いた。
あんな壮絶な体験を考えれないから感情移入するのは難かったけど葛藤とか悲しみとか喜びとか色々詰まってたんじゃないかと思う。
なんか自分も頑張ろうと思えた。
デヤッ

デヤッの感想・評価

3.5
部屋から逃げ出した時、女性の反応にショックを受けた。子どもが迷子になることの深刻さが日本とは比べ物にならないと感じた。
クレジット直前で知った、あの夜の兄を思うとやるせない。
zatoo

zatooの感想・評価

4.5
お兄ちゃーーーーん!!!叫

もうね、お兄ちゃん。。が優しいんです。
蛍の墓以来のお兄ちゃんの優しさ!!!
映画を観ながらサルーに感情移入してグドゥ兄ちゃんに会いたくてたまらなくなった。

嘘みたいな実話。

是非いろんな方に観て欲しい。

養母の養子縁組した理由が、私にはない考えですごく勉強になると同時にはっと気づかされた。
ライオン。。最後までじっくり鑑賞してください。この映画のタイトルも最後に納得します。
いい映画に出逢えた。
>|