HARUさんの映画レビュー・感想・評価

HARU

HARU

ジェームズフランコにニッコリされたいし、ジェイバルチェルと結婚したいし、マイケルセラと付き合いたい人です

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

3.0


【SNSでいいね!♡をもらう現代の人への映画】

今やInstagramやFacebookでいいね!を沢山もらうことが良しとされてしまうこともある時代。「誰かに認められたい」「人気者になりたい」。良
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.7


【私の心の奥底に眠っていたメカのヒーロー物への好奇心を引き出した映画】

遊んでばかりいたお金持ちの理系主人公が人を助ける為に自家製のスーツを着て敵を倒して行く!というヒーロー物ど真ん中のストーリー
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.7

【メルヘンでシュールなパリジェンヌの毎日】

皆様が声を揃えて言っている通り、センスが光りまくる映画だった!まず冒頭の登場人物紹介のシーンでの、「その人の嫌いなもの、好きなもの」の紹介は出てくる例がい
>>続きを読む

ファイナル・デッドブリッジ(2011年製作の映画)

3.7

[人生に影響を与えた映画]っていうトピックをよく見かける。ファイナルディスティネーションシリーズはそこまでいかずとも[生活に影響を与えた映画]の一つ。

バスに乗って窓がキコキコと鳴っている、
頭の上
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.5


【コンパクトにまとまったコメディゾンビ映画】

87分というコンパクトさ!
わかりやすいストーリー!
たまに入る軽快なコメディ要素!
こんな感じで肩の力を抜いてぼーっと観ていられる脱力系ゾンビ映画だ
>>続きを読む

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

3.2

【ダークでファンタジックなティーン映画】

[マサチューセッツ州に住む高校生のドニーダーコ。ある日、ドニーは奇妙な顔のウサギに誘われるがままにゴルフ場へ行く。(怖!) ウサギは「あと28日で世界が終わ
>>続きを読む

ハプニング(2008年製作の映画)

3.0

突如アメリカでミツバチがいなくなり、
人間たちは自殺をし始める。
拳銃で自分の頭を撃つ者、
高層ビルから落ちる者、、。

原因もわからないまま逃げ惑うマークウォールバーグとズーイーデシャネル。そう、主
>>続きを読む

トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008年製作の映画)

4.0

【映画作りに失敗した俳優たちが、何も知らされず本当の戦場に送り込まれる映画】

登場人物はみんな俳優をやっている。
核となるのは3人。
大ヒットしたアクション映画のスター。
コメディ映画で屁をこきまく
>>続きを読む

わたしはロランス(2012年製作の映画)

3.8


ドラン監督の映画を観るのは4作目。
ドラン監督の映画は全部が全部美しくて、
観る度にため息が出るほど。

今作も、うるさいくらいお洒落、お洒落。
もうおしゃれすぎてムカつくほど、
好みドンピシャの
>>続きを読む

ラブリーボーン(2009年製作の映画)

3.2

雑誌”seventeen”で顔を隠しながら、
好きな男の子をこっそり見つめるスージー。
「キスはまだ?」と聞かれて焦り、
「初めてのキスは素敵」と教えてもらう。
そして淡い期待を寄せるスージー。

>>続きを読む

イノセント・ガーデン(2013年製作の映画)

3.4


「とにかくお洒落」

セリフとかストーリーとか登場人物とかそういう要素を全部抜きにして、ただただ映像が綺麗。

映像が止まったり、映像の中に文字を置いてみたり、”他とはちょっと違うんだよ”という雰囲
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

3.9

究極のキャラクター映画!!!

レオンとマチルダ。
一度見たら絶対に忘れない2人。
まず何と言ってもマチルダのビジュアルが最高。自分の中では「ボブ=マチルダ」というイメージが出来上がるくらい、あの髪型
>>続きを読む

ナイト ミュージアム2(2009年製作の映画)

3.8

(映画の感想はほとんど書いてないです)

【スミソニアン博物館へ遊びに行こう!】

いくつかの美術館、博物館を総称してスミソニアン博物館と呼んでいるらしい。だから、展示品の種類の幅が広く、誰もが楽しめ
>>続きを読む

ゾンビ・ガール(2014年製作の映画)

3.0

こ、これは……!

「ハロウィンで周りの友達がみんな彼女とお揃いの仮装して渋谷に繰り出すのを妬んだ主人公が、10月中ずっと2人の美女の間で振り回される自分を妄想してる」映画でしょ!?

じゃないと、こ
>>続きを読む

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

3.7

大人たちが、
「歴史に興味を持って欲しい!」
「博物館にも是非行ってみて!」
という子供たちへの思いを込めて作ってそうな、めちゃくちゃ楽しいナイトミュージアムシリーズの一作目。

公開からすでに10年
>>続きを読む

ジュピター(2014年製作の映画)

2.3


「そう、この世で争う価値があるのは時間よ」

このセリフはつまらないストーリーを展開して時間を取らせてしまってごめんなさいという自虐ネタなのかな?と思っちゃうくらい好みじゃなかった映画。

映画とい
>>続きを読む

キャリー(1976年製作の映画)

3.3

吹き替え版で観たら、
セリフで時代を感じた!!!
仕方ないことなんだけど「綺麗ですわ」とか「嘘おっしゃい!」とかその他にも今聞くと違和感だらけのセリフが沢山……!

何年も残る吹き替え版を芸人さんなど
>>続きを読む

アイ,ロボット(2004年製作の映画)

3.5

人工知能の負の部分。

アイザックアシモフの「われはロボット」が元になっている映画、アイロボット。

街中は人間とロボットが混在しており、ロボットは人間に使えて暮らしている近未来。当たり前のようにそこ
>>続きを読む

40オトコの恋愛事情(2007年製作の映画)

3.2

フォックスキャッチャーのデュポン氏とは打って変わって、優しいおとうさんを演じるスティーブカレル。やっぱりこっちのが良いね!!!

「一見情けなく見えるけど、凄く良い人で優しくていざという時に頼りになる
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

3.5


「あれっこれで終わり!?」
って最後思っちゃった映画。

まず序盤から最後までずっと思っていたのは、
もうものすっっごくトムハンクスは良い人役が似合って、それはトムハンクスの人の良さがキャラクターに
>>続きを読む

フォックスキャッチャー(2014年製作の映画)

3.8

【人が欲しいもの】
愛情、お金、名誉、時間、他者からの承認、他者が持っているもの、、

この映画には、
お金は持っているが愛情はない人、
愛情はもらっているが名誉はない人、
の二人が出てくる。

デュ
>>続きを読む

ターミネーター3(2003年製作の映画)

3.5

小さい頃にこの映画を観た私↓↓

「何このお姉さんきれい!そしてつよい!!誰このおじさん!つよい!え?おじさんが味方だって??おじさん頑張れ!お姉さんをやっつけろ!え??撃たれても平気なの?すごい!撃
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

音と映像の恐怖。

ノーラン監督最新作「ダンケルク」。
人生初IMAXを捧げて大画面での鑑賞!
いや、鑑賞ではなくて、体験!

ノーラン監督の映画は本当に大好き。
インターステラーを観た時も、インセプ
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.8

アデルの耳元で小さく光るピアスと、
むしゃむしゃとパスタを食べる姿と、
恋人のエマを見つめるアデルの視線が、
印象に残る映画。

高校生のアデルが恋を始めようとして、うまくいかないところから、エマに惹
>>続きを読む

メリーに首ったけ(1998年製作の映画)

3.6

誰だってメリーに首ったけ。

キャメロンディアスの魅力がめいいっぱい詰まった映画、「キャメロンディアスに首ったけ」。

嫌味のないニカッとした笑顔、
手足が長くてスタイルが良い、
困っている人を放って
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.9

音楽に取り憑かれた二人を、
”側から”見ていた。

そんな映画。
音楽に取り憑かれ、ひたすらに指揮棒を振り、時には奏者に罵声を浴びせ、叫び倒し、生徒を追い込み、おかしくなるほど、狂気的に指導をするフレ
>>続きを読む

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.5


言わずと知れたボーンシリーズの一作目。

主人公は銃で撃たれた状態で海に浮かんでいたところを助けられるが、記憶喪失に陥っていた。
その後謎の男たちに追われるようになるが、どうして自分が追われているの
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.8


【大人になるということは……?】

「この映画は監督が娘を見ていて思いついた」とか「ライリーの為なら死ねるって言っていた少年のモデルは、監督の娘さんが好きな1Dのハリー」だとか。
(本当かどうかわか
>>続きを読む

エリジウム(2013年製作の映画)

3.0

【エリジウム】
①死後の楽園
②理想郷
③選ばれた英雄が住んだ場所

1125年、人類は環境破壊が進んでいる地球と、【エリジウム】と呼ばれる宇宙に造られたユートピアに分かれて暮らしていた。【エリジウム
>>続きを読む

ミッシング ID(2011年製作の映画)

2.8


ある日学校の課題の為に、児童失踪の情報サイトを見ていると、その中にいる児童の写真が幼い頃の自分だと気づいて——

主人公は「トワイライト」で有名な
テイラーロートナー。
個人的には全然かっこよく見え
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.7


火星に取り残された一人の男。
そこで始まる火星サバイバル。

観る前は、火星に一人ぼっちの孤独さや、気が狂いそうになるほどの苦しみや辛さを描いている映画だと思っていた。

けれど!!!!!

全然違
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.9

かっこよすぎる!!!!!

あからさまなスローモーションも、
敵をなぎ倒していく力強い走りも、
敵の銃弾を跳ね返して突き進む姿も、
鳥肌立つくらいにかっこよかった!!!

ベイビードライバーを観た後の
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

イヤフォンで音楽を聴きながら外を歩いていると、ついつい歩く速さを音楽のテンポに合わせちゃう……。

だからゆ~っくりな曲を聴いてる時は、めっちゃゆっくりノロノロ歩くか、倍テンにして馬鹿みたいに速く歩
>>続きを読む

小悪魔はなぜモテる?!(2010年製作の映画)

4.3


私の人生はジョンヒューズの映画じゃない。
John Hughes did not direct my life.

このセリフ、自分の中にずっと残っていくセリフだと思う。「私の人生だってジョンヒュ
>>続きを読む

ラスベガスをぶっつぶせ(2008年製作の映画)

3.5

ラスベガスをぶっつぶせ

3つの扉がある。
1つの扉の向こうには新車がある。
どの扉を選ぶ?
———1番目の扉で。

司会者は新車のある扉を知っている。
司会者は3番目の扉を開けて見せた。
ヤギがいる
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.7


美術品が美しい!!!!!
パッケージにも載っている、
壁一面に飾られた肖像画!!
アンティークな家具と装飾!!
細々とした部品を組み立て、
出来上がった機械人形!!

もうこの辺の舞台のセットや小道
>>続きを読む

>|