えーこさんの映画レビュー・感想・評価

えーこ

えーこ

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.1

ジョナ・ヒルがスタジオA24と組んだ長編初監督作。
ヒルが青春時代を過ごした1990年代のポップカルチャーを盛り込んだ半自伝的作品。

90年代半ばロサンゼルス、
兄のイアン、母のダブニーと暮らしてい
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

-

コロナにビビって、観に行けず、、
でも入場特典の冊子ほしさに、
"逃げちゃダメだ"と観てきました(笑)

冒頭、過去3作のあのシーン、あのセリフがよみがえり、涙がこみ上げる。
エヴァ信者ではないけれど
>>続きを読む

チィファの手紙(2018年製作の映画)

3.7

『ラヴソング』のピーター·チャン監督プロデュース、岩井俊二監督自らがメガホンを取った『ラストレター』の中国版。

オープニング、白い頭巾を被り、粛々と葬儀は厳麗、
町並みも古い校舎も趣があって、
チィ
>>続きを読む

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダールの児童小説を、ロバート・ゼメキスが映画化。
実は世界には人間になりすました魔女がいっぱい潜んでいる。美しく恐ろしい魔女には、とてつもない秘密の企
>>続きを読む

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

4.0

第72回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞をはじめ世界中で数多くの賞を受賞、
"これは血と暴力に彩られた現代の寓話"

今から数年後…
村の長でもあった叔母が亡くなり、故郷の村バクラウに戻ったテレサ。
その
>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.9

世界的にヒットした同名ベストセラーを、チョン・ユミ&コン・ユの3度目の共演で映画化した人間ドラマ。
女性が直面する生きづらさを浮き彫りにする。

結婚·出産を機に仕事をやめ、育児と家事に追われるジヨン
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.3

世界各国の映画祭で50を超える賞に輝いたキム·ボラの長編デビュー作。

1994年ソウル、
家族と集合住宅で暮らす14歳のウニ。
ありふれた日常の中で、彼女の目を通して描かれる変わりゆく韓国社会。
>>続きを読む

狂覗(2017年製作の映画)

3.3

宮沢章夫の「十四歳の国」を原案に、中学性実話を交えながら、問題提起をする異色エンタメミステリースリラー?

"私はヘンタイ管理人です"と紙を貼られ、ボッコボコの状態で発見された中学教師。
犯人は同校の
>>続きを読む

超擬態人間(2018年製作の映画)

2.3

ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭2019アジア部門グランプリに輝いたスラッシャーホラー。
幽霊画『怪談乳房榎図』に着想を得た?
現代版『ザ·チャイルド』??

森の中のベッドで目を覚ました風摩
>>続きを読む

ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん(2015年製作の映画)

4.2

行方不明となった探検家の祖父を探すため、"地球のてっぺん"を目指し、
少女はひとり再探索の旅に出るー
フランス·デンマーク合作による長編アニメーション。

19世紀ロシア、サンクトペテルブルクで暮らす
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.2

働くことの正義とは?
池井戸潤のクライムノベルを映画化。
会議中、居眠りばかりの万年係長八角民夫、なぜか彼に関わった者たちが次々に飛ばされて…

半沢シリーズはもちろん「陸王」「下町ロケット」なんかも
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.4

セレブが庶民を娯楽のためにハンティングぅ~
トランプがSNSで非難して、一時は上映中止に追い込まれたという問題作。

拉致された12人のトランプ支持者??
目覚めると、猿ぐつわをされ、
広大な森のなか
>>続きを読む

男と女 人生最良の日々(2019年製作の映画)

3.3

あれからなんと53年!!
恋愛映画の金字塔『男と女』のキャスト&スタッフが再結集された完結編?
もーダバダバダしか覚えてないけど、、(笑)

これはアンヌとジャンの『君に読む物語』??
まだらボケでも
>>続きを読む

小さいおうち(2013年製作の映画)

3.6

直木賞を受賞した中島京子の同名小説を山田洋次監督が映画化。
昭和11年、田舎から出てきたタキは、東京郊外に建つ赤い三角屋根の小さな家で女中として働き始める。

松たか子、初めて綺麗だと思った(←えー)
>>続きを読む

アダムス・ファミリー(2019年製作の映画)

3.9

思わず一緒に指を鳴らしたくなるあのテーマ曲♪
『ソーセージ·パーティー』の監督コンビによる3DCGアニメーションとなって、あの家族が帰ってきた!!

オープニング、いきなりクリスティーナ·アギレラの歌
>>続きを読む

ジャック&クロックハート 鳩時計の心臓をもつ少年(2013年製作の映画)

3.7

リュック・ベッソン率いるヨーロッパコープ制作のCGアニメーション。
鳩時計の心臓を持つ少年の数奇な運命。

1、時計の針に触れないこと。
2、怒りを抑えること。
3、絶対に恋に落ちてはいけない。
この
>>続きを読む

異端の鳥(2019年製作の映画)

4.3

土に埋められ頭だけ出ている少年、、
『ウルトラミラクルラブストーリー』の松山ケンイチ以来の衝撃(笑)

東欧のどこか。
ホロコーストを逃れて疎開した少年は、預かり先である叔母が亡くなり、差別や迫害に耐
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.6

『君の名前で僕を呼んで』に感銘を受けたドランが地元カナダ·ケベックを舞台に描く青春ラブストーリー?

友人の妹の短編映画で、キスシーンを演じることになったマティアスとマキシム。
ちょうどカメラで口元隠
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.6

女優オリビア·ワイルド監督デビュー作!
いい大学に入るため、勉強一筋で頑張ってきたのに、パリピな奴らも受かってるってマジ!?
青春を取り戻すため、呼ばれてもない卒業パーティーに殴り込み!!

頭はいい
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

流されるまま、付き合って、
流されるまま、結婚して、浮気して、
"流され侍"なんて揶揄される恭一。

物憂げな大倉くんの佇まいが好き。
成田くんの潤んだ瞳、とろんとした顔、
表情もしぐさもちょー女の子
>>続きを読む

海辺の映画館―キネマの玉手箱(2019年製作の映画)

4.5

20年ぶりに故郷、尾道で撮る。
監督は公開を待たずして"太陽もろとも去つてしまつた"
まさに遺作にして集大成!
ゆかりの俳優たちも大集結!
これは大林監督のニュー·シネマ·パラダイス?
映画愛に溢れた
>>続きを読む

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

3.8

『ソーセージ·パーティー』製作陣が贈る、『スタンド・バイ・ミー』のR指定版!?

"初キスパーティー"に誘われた小学6年生のマックスら3人、キス未経験の彼らはリサーチを開始するんだけど、、
まー下ネタ
>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

3.3

1980年にオーストリアで実際に起こった殺人鬼ヴェルナー·クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー。
ヨーロッパ全土上映禁止!?
ギャスパー·ノエは本作を60回見たとか(笑)
これがこのジ
>>続きを読む

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.5

「秘密結社モアイは世界を変えます!」
そうやって秋好が笑ったことを、
今でも僕は思い出す。
彼女はもうこの世界にはいないけど…
彼女の夢を取り戻すため、
楓は[モアイ奪還計画]を企むー

彼らに一体何
>>続きを読む

リトル・ジョー(2019年製作の映画)

3.7

バイオ企業の研究室に務めるシングルマザーのアリスが開発した、人を幸せにする花!?
息子の名前にちなんで"リトル·ジョー"名付けられたその花は成長するにつれ、人々に変化をもたらすー

『リトル·ショップ
>>続きを読む

その手に触れるまで(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

カンヌに愛されすぎているブラザー、
ダルデンヌ監督最新作。
"アラーの道を進み闘え
邪魔するものは殺せ
見つけ次第 排除せよ"
ごく普通の少年だったアメッドは、
尊敬するイスラム教指導者の言葉から
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

2.5

清水崇が九州に実在する心霊スポット旧犬鳴トンネルを舞台に描いたホラー。
その近くにはかつて"犬鳴村"があり、そこに立ち入った者は決して戻れないという都市伝説があるという。

"犬が白ければそりゃお、も
>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

4.1

"夢を語るなら 実現するように動け"
1987年イギリスのルートンで暮らすパキスタン移民の高校生ジャベド。
人種差別、古い慣習なんてクソ食らえ!
この腐った町から抜け出すんだ!
ブルース·スプリングス
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.9

全国高等学校演劇大会の最優秀賞の名作戯曲を映画化。
「しょうがないよ」と肩をポンと叩かれるシーンからこの物語は始まる。

夏の甲子園一回戦、全員強制で仕方なく見に来た演劇部の安田さんと田宮さん。
元野
>>続きを読む

MANRIKI(2019年製作の映画)

3.3

♪永野より~、普通に~、斎藤工が好っき~(字余り)
永野、斎藤工、金子ノブアキ、清水康彦、映像クリエイティブ集団「チーム万力」によるブラックコメディ。
その着想は永野がファッションイベントで感じた違和
>>続きを読む

ディック・ロングはなぜ死んだのか?(2019年製作の映画)

3.4

『スイス·アーミー·マン』のダニエル·シャイナート監督最新作。
実際に起きた事件をヒントに描いたダーク·コメディ。
バンド仲間のジーク、アール、ディックはある晩、練習と称しガレージに集まりバカ騒ぎ。
>>続きを読む

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

3.9

2003年アメリカで発足したスキンヘッド集団「ヴィンランダーズ」共同創設者ブライオン·ワイドナーの実話をもとに製作、アカデミー賞を受賞した短編をベースに同監督が長編映画化。
とはいえ、ストーリーは別物
>>続きを読む

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.5

今日俺、映画化上等!!
ドラマに毛のはえたようなもんだったけど、、(笑)
嶋大輔、杉本哲太も参上~

開久の空いてる校舎にヤバイ学校が引っ越してきたーー
この北根壊の番長を柳楽優弥て、、
あれれれれれ
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.8

「コンフィデンスマンの世界へようこそ」
ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人がカメラ目線でかわるがわる、
毎回、この決まり文句にワクワクする♪
今回のオサカナはシンガポールのウルトラスーパーリッチ"フ
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

3.8

『アップグレード』リー·ワネル監督最新作!!
ある真夜中、波打ち際の崖の上の豪邸、
天才科学者エイドリアンの束縛から逃れるため、セシリアは脱出を図るー
透明人間さながら波をかぶると文字が現れるオープニ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

"我が家 我がルール 我が珈琲"
世界的ミステリー作家ハーラン·スロンビーが死んだ!!
家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者!?

現代のはずなのにどこか古典的?
なんかアガサ·クリスティ
>>続きを読む

>|