Rさんの映画レビュー・感想・評価

R

R

2017年公開作品見た中でトップ10

ノクターナルアニマルズ
ムーンライト
ドリーム
ダンケルク
お嬢さん
ウィッチ
メッセージ
沈黙 サイレンス
スウィート17モンスター
ライオン

次点
Elle

★は好き度合いです。
4以上はオススメ!

ツイッター(takeruchang)やってるけど映画についてのツイートはあまりありません。直接連絡とりたい方はそちらのDMにてお願いします。

映画(1500)
ドラマ(0)

プロメテウス(2012年製作の映画)

4.3

感想文も1500本目となりました。まー、削除して書き直したりするから変化はしますが。さて、プロメテウス。劇場に見に行ったときはエイリアンのプリクエルと知らずだったので、最後めっちゃ驚いたけど、内容全然>>続きを読む

ザ・ウォード/監禁病棟(2010年製作の映画)

3.4

僕の大好きなジョンカーペンター監督の一番最近の作品ということもあり、写真を映したガラスがバリーンと割れて散らばっていく美しくも妖しいオープニングが大いに興味をそそるのもあり、そこそこ期待して見たのだが>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

5.0

ひさびさに5回目くらい見たけど面白い! 最初はそんなに好きじゃなかったけど見るたびにどんどん魅力が増していく。冒頭、強盗のカップルがレストランで朝ごはん食べながら(コーヒーにシュガー入れすぎ…)ベラベ>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.5

ちょっとオシャレなサメ映画て感じでした。ブレイクライブリー主演。よく名前は耳にするけど見たの初めてかも。世間で言われてるほどキレイだとは思わなかったけど好感度が高いのはすごく納得。なんかべたっと人が良>>続きを読む

チャイルド・プレイ3(1991年製作の映画)

3.8

今んとこシリーズで一番好きかもしれない。てか昔これ1回見たことあるな、16歳になって陸軍学校で教官にしごかれるアンディーがキラキラしててすごく好きだった記憶がある。今見てもやはり彼は魅力的だった。前作>>続きを読む

フード・インク(2008年製作の映画)

4.4

毎日アメリカの食卓を彩る食料が一体どんな生産のされ方をしてるのかを追った衝撃のドキュメンタリーです。皆さん、お肉というと、家畜たちが善良な農家たちによってのんびり牧場で育てられてると思ってるでしょ。違>>続きを読む

[Focus](1996年製作の映画)

4.5

すごいなー。こんな嫌な気分になる映画なかなかない。しかも96年の時点で全編POVの映画ってかなり珍しいのでは。浅野忠信演じる無線傍受オタクが、公園でテレビの取材インタビューに答えてるシーンから始まる。>>続きを読む

ケーブル・ガイ(1996年製作の映画)

3.7

ただのコメディやと思ってたら大間違い! 背後に大変深い悲しみを秘めたハチャメチャなサイコスリラーであり、鋭い風刺の効いた社会派サスペンス……とまで言うと言い過ぎになるか。けど結構ハートに来るよ。主人公>>続きを読む

13日の金曜日PART7/新しい恐怖(1988年製作の映画)

3.7

レビューのとこダブルタップしたらイイねできるの今日はじめて知りました…という報告は置いといて、冒頭の13金シリーズダイジェストレビュー素敵だったねー。栄光の歴史だねー。今回はトミー君は出てこなかったね>>続きを読む

チャイルド・プレイ2(1990年製作の映画)

3.8

これも幼少期に何度も見た映画。前回ボロボロになったチャッキーが見事新品に生まれ変わるオープニングクレジットは、幼少期の私の潜在意識に深く刻印されたのでしょう、懐かしくておおーーー!!!てなりました。淡>>続きを読む

ジャッキー・ブラウン(1997年製作の映画)

4.8

ひっさびさに3回目?見たけど、すんごいな!!! 人間関係の描き方と、クライマックスへの伏線と、その後の回収と、何もかもどんだけ念入りやねん! ひとつひとつの人間同士のやりとりから立ちのぼる豊かなリアリ>>続きを読む

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

4.3

大学出て実家に帰ってひたすらダラダラ過ごしてるタマ子の日常を四季の移り変わりの中で描いた映画で、ほとんどストーリーとかドラマとかなくて、見る人によってはすげーつまらんと感じるだろうが、平凡な日常の中の>>続きを読む

ムカデ人間2(2011年製作の映画)

4.4

グロすぎる!!! 地獄の映画や。今まで人生で見てきた映画で一番グロいかもしれん笑 あの最高にエグかったムカデ人間を遥かに凌ぐグロさなのだが、白黒やったからまだマシなのであろう。カラーだったら確実にゲロ>>続きを読む

初恋のきた道(1999年製作の映画)

4.4

父の訃報を受けた息子が真冬の故郷の村に帰ってくると、母は、父が教鞭を執っていた学校の前に座って悲しそうに泣いていた。家に連れて帰ると、棺桶にかける布を買って済まさず自分で織ると言って機織り機を修理し、>>続きを読む

ムカデ人間(2009年製作の映画)

4.5

1回目見たときは、こんな映画2度と見るか!と思うくらいひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!ってなってそれはもー大変だった。シャム双生児を切り離すことを専門にしてたドイツのマッドドクタ>>続きを読む

13日の金曜日PART6/ジェイソンは生きていた!(1986年製作の映画)

3.8

ジェイソンが死んでたり生きてたりするという感覚がもはやよく分かんなくなってきたけどまーいいや。 5はなかったことにされて、ようやく6。これは久々にふつうに楽しめたかもー。最初からコメディでやりますよっ>>続きを読む

新・13日の金曜日(1985年製作の映画)

3.7

前作を見て以来約1年ぶりにPart5に当たる本作を見たんやけど、さすがに1年経つと前の内容忘れてもーてて、トミーって誰?ってなりました。未だにちゃんと思い出せてない…このシリーズ、ジェイソン以外に連続>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.7

素晴らしい!!! めちゃめちゃ感動! 沖縄戦にて、ハクソー・リッジという切り立った崖を登ったところにある高知を攻略しようとするアメリカ軍と日本軍との熾烈な攻防戦のなか、自分の命を賭してでも、出来るだけ>>続きを読む

ビートルジュース(1988年製作の映画)

2.7

幼少期に見てヒーヒー笑い転げ、多種多様なSFXに魅了され、何度も何度も見てた映画なので、かなり期待して見たんやけど……んー。なかなかのletdownやったー。ちょーお気に入りのでっかい一軒家に住んでる>>続きを読む

チャイルド・プレイ(1988年製作の映画)

3.8

幼き頃に夢中になって何度も見た映画。当時は怖くて震え上がったものだが、今見たらどう感じるのだろうと思って見てみた。ぜんぜん怖くねー笑 けどなかなか愉快ではあった。ツッコミどろこ満載なとこも含めて。警察>>続きを読む

アンダー・ザ・スキン 〜ライム病との戦い〜(2007年製作の映画)

4.5

アメリカの郊外で1970年代後半から流行し始め、毎年何十万もの人が感染してるライム病にまつわる事情を追ったドキュメンタリーで、まず序盤でライム病がどんな病気であるかをしっかり教えてくれる。ダニが口を人>>続きを読む

切り裂き魔ゴーレム(2016年製作の映画)

3.7

The Limehouse Golemというタイトルを初めて何かで見かけた時からなぜかとても気になってたので見てみました。映画におけるゴシックな雰囲気が好きな人は一見の価値ありやと思われる。1880年>>続きを読む

リピーテッド(2014年製作の映画)

3.4

眼球ドアップからズームアウトしていくと、お布団に眠ってるニコールキッドマン。顔に刻まれたシワ、血管の浮き出た腕、ハリのない髪、隠すことなく老いをさらけ出し、よろよろと洗面所に向かう。ここはどこだろう。>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

4.3

こっこれはきつい…最後マジかよってなりました。質素でありながらゆったり優美な白黒映像のなか、哀しき恋愛残酷物語が展開します。舞台は第一次世界大戦後ドイツ。愛する婚約者フランツを戦争で殺されたアンナは、>>続きを読む

ラスト・オブ・モヒカン(1992年製作の映画)

3.4

マイケルマン監督なので期待大やったんやけど、かなり後半になるまで、何かのれねーなぁって感じやった。1700年、アメリカ大陸の主権を巡ってフランスとイギリスが争ってる中、イギリス側についてるモホーク族に>>続きを読む

ベティ・ブルー/インテグラル 完全版(1992年製作の映画)

4.0

これぞ愛の地獄ですねー。性描写が激しいと聞いてたんやけど、冒頭だけじゃね? しかも普通にホットなセックスってだけやし、皆さんこんくらいは夜な夜なやってるでしょ。なので、それを期待して見るとふつー。たし>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.8

もんのすご目まぐるしい映画! 映画館で一回見て、Blu-rayでもう一回見て、でもはっきり言って何が何なんだかよく分からなかった笑 なぜなら、最初から最後まで一瞬たりとも休むことなく画が派手すぎって>>続きを読む

アリス・クリードの失踪(2009年製作の映画)

4.1

おおおおもしろい!!! これむかーし劇場で見てビックリした記憶が。このたび2回目。やっぱ面白かった! 僕のように小規模でタイトなサスペンスが好きな人にはたまらない作品やと思われる。もう一つとある別のジ>>続きを読む

かくも長き不在(1960年製作の映画)

4.5

この映画を現代はじめて見る人は、事前にどんな話になるか知っておいた方が良いかもと思った。今回初めて見て、前半がちょっとつまらないなーねむいなーと思ってたら途中寝てもて、目覚めて途中から見始めたら、中盤>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

2.8

どんな話かまったく知らずに見始めて、オープニングの素晴らしさに一気に引き込まれる。精神分析医にいろんな言葉の解釈をきかれて、思いついたまま答えてる知的障害者のニック。ふたりのやりとりの面白さと画面の緊>>続きを読む

真夜中のパーティー(1970年製作の映画)

4.7

あまり期待してなかったがこれは大当たり!!! やっぱフリードキンはいつの時代も攻めてるわー。主人公のマイケルはgayで、お仲間さんのハロルドのために、自宅で誕生日パーティーを開いてあげます。トータル7>>続きを読む

カリフォルニア(1993年製作の映画)

4.1

予想以上にダークでハードなバイオレンス映画でびっくりした! かなり面白かった! 主人公のブライアンは、カリフォルニアをゴールに設定して、車で連続殺人の犯行現場を回り、写真家を目指す恋人のキャリーに写真>>続きを読む

質屋(1964年製作の映画)

4.8

何てショッキングな映画だろう! ものすごく昔に一度だけ見たことあって、その時ひどくショックを受け、以来ずっと心に残ってたのだが、ソフトがなかったので見ることできずで、ようやく今日見れた。ある幸福な一家>>続きを読む

ぼくは怖くない(2003年製作の映画)

2.8

冒頭の見渡す限り黄金の麦畑を駆ける子供たちを追う美しいカメラワークに、おお!これは名作の予感! と興奮したものだが、待てども待てども一向に面白くならないのにビックリ。ストーリーはまぁまぁ面白いし、テー>>続きを読む

愛についてのキンゼイ・レポート(2004年製作の映画)

4.7

すばらしい!!! 最初から最後まで非常に興味深い映画。テーマは、性に対してまだ大変保守的だった1920年あたりからセックスについて大々的に科学的リサーチを行っていった、イリノイ大学の生物学の教授キンゼ>>続きを読む

ムースの隠遁(2009年製作の映画)

4.2

こりゃまたものすごいモヤモヤを残す映画やな! オゾン監督の作品は、常に一般的なステレオタイプに挑んだテーマを選んでて、一定以上の気持ち悪さを残さずには終わらないものばかり。最後に心に棘が刺さってグハッ>>続きを読む

>|