ニャーニャットさんの映画レビュー・感想・評価

ニャーニャット

ニャーニャット

映画(130)
ドラマ(0)

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.7

ボーダーライン ソルジャーズ・デイ
前作のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作は、観客と同目線に立つFBIのケイトの存在が、マット率いるCIA軍団の超法規的、ノンモラルのハチャメチャ行動とアレハンドロの心の闇を
>>続きを読む

しわ(2011年製作の映画)

4.2

ジブリから出てたDVDで鑑賞。
スペインのアニメーションのクオリティにまず驚き。あんまりアニメーションを作ってるイメージがないからそもそもアニメーターとかいるのかなっていう浅はかな認識だったんだけど、
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.3

エキスポシティのIMAXで観たんだけど、「インターステラー」以来のIMAXで観て良かった!と思える作品。「ダンケルク」も良かったけど、IMAXって2Dのほうが威力を発揮してるように思う。
FPSもしく
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.8

スコセッシはマーベル映画をテーマパークって言ってたけど、ディズニーによるこのスターウォーズシリーズこそテーマパークそのものだよなあ。キャラクターは走ってるんだけど、そこには現代性も作家性も革新性もない>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.9

「007」にも言えるんだけど、ダニエル・クレイグに知的なイメージがまったくないんだよなあ。ボンドはまあ新機軸として飲み込んだんだけど、探偵っていうガラではないよなあ。
アナ・デ・アルマスは心美しい看護
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

1.9

飛行機の中で頭使わないやつ観ようと「ゾンビランド」の新作観ようとしたが、字幕も吹き替えもなく断念。仕方なく、2019年に見逃してた「ライオンキング」を観たんだけど、うーん、、これリメイクの必要あったの>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.3

ジョーダン・ピールの最新作。「ゲット・アウト」のすごい繊細かつ熟達したような演出からの急にB級な展開に叩き込まれる斜め上のオチにクラクラして、一気にファンにさせられた口。
「アス」も「ゲット・アウト」
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.5

「プロメア」ようやく観た。「スパイダーマン:スパイダーバース」と同時期に同じような革新的ルックの作品が出てきたことに驚く。
今までのCGアニメ作品はCGバリバリ使っててもセル画ルックにしてみたり、作品
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.0

前作の「君の名は。」で「国民的映画監督」の切符を得るために必死にひた隠しにされていた「作家性」が、今作はかなりおおっ広げに発揮されている印象。

いわゆるセカイ系みたいなつくりはもちろんのこと、「君の
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

1.9

なんとなく鑑賞するのをためらっていた映画。アマプラにあったから鑑賞。

ダーレン・アロノフスキーは静かな均衡を保っていたものが、突然音を立てて崩れていくカタストロフィーを描く作品が多い。

今回も、「
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

2.6

なんかものすごくいい加減な作りがすごい時代性を表してる気がする。

空疎な物語を埋めるかのように、無駄に爆発して、無駄にカーチェイスをしてるんだけど、これが意外と迫力ある。なんだこれはという感じ。
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.5

男が「愛」による変節を恐れ、「愛」に屈服し、ねじ伏せられる物語。

ウッドコックにとって、魅力的な女性とは自分のドレス作りにインスピレーションを与える「ミューズ」でしかなかった。そして、彼にとっては「
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

2.2



レースシーンの迫力や『シャイニング』オマージュの演出力はさすがとしか言いようがない。ほんと飽きさせない。

ただ、なんというか、、ダサいんだよなあ。

まずはヴィランが圧倒的にダサい。監督が信じて
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.3

(個人的に)前作の一番肝だったイヌを殺されてクルマを盗まれただけなのに怒り心頭で反社会的組織を1つぶっ潰すそのどこか馬鹿げた大袈裟感と舐めてたやつが強すぎて悪党がビビり倒す爽快感が今作はどちらも削ぎ落>>続きを読む

ポーラー 狙われた暗殺者​(2019年製作の映画)

2.0

Netflixだからグロとエロとバイオレンスの規制が緩いのはいいんだけど、それ以上のものが提示できていないのが残念。

マッツ・ミケルセンの色気だけが取り柄の作品。

アクションも新鮮さがまったくなく
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.8

16ミリのフィルムから醸し出される60年、70年代の雰囲気から70ミリIMAXカメラで撮影されて一気にクリアになる月のシーン。我々がよく目にしていた月の映像はそれこそアポロ計画の16ミリカメラで撮影さ>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.4

上っ面だけの反差別主義者の纏うそこはかとない嫌な感じがよく表現された映画。これは自分が差別側にも非差別側にも回りうるからこそ「苦」笑いしてしまう。

そんな繊細な演出を重ねての最後一気にぶっ飛んでいく
>>続きを読む

アルカトラズからの脱出(1979年製作の映画)

3.4

ハードボイルドなショーシャンクっていう感じ。

ドン・シーゲルの無駄なことはしない無骨な演出にはなにか惹かれるものがあって、間違いなく、クリント・イーストウッドの演出に影響を与えてる。

ドン・シーゲ
>>続きを読む

人狼(2018年製作の映画)

3.2

中盤までは原作の重厚で重層的な世界観を再現しており、思えば、あのアニメの『人狼 JIN-ROH』の世界観は韓国ノワール的だったよなあ。アニメとして以前に映像表現としてかなりエポックメイキングだったよな>>続きを読む

不屈の男 アンブロークン(2014年製作の映画)

2.1

コーエン兄弟が書いたとは思えないなんかストレートな英雄譚。誰かの脚本のブラッシュアップをしただけなのかもしれない。

MIYAVI演じる渡邊には妙な違和感というかあんなヤツ戦時の日本兵におらんやろって
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.0

オフビートなコメディタッチのハードボイルド映画。

ハードボイルド探偵ものって複雑すぎて何が起こってるのか途中からわけわからなくなるものが多いんだけど、この映画の場合、陰謀はデカくても、操作が及ぶ半径
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

2.3

シリーズ化するなら、トムがモンスターになるまでの話は中盤くらいで終わって、トムの特殊能力でもっとアマネットともっとドンパチやってほしかったなぁってのがすべて。

マーベル第1作目の『アイアンマン』がア
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.2

前作の『Mr.インクレディブル』もこの機会に見直してたんだけど、まず何より驚いたのがピクサーの映像技術の進歩ね。モノの質感の表現と画面に詰め込める情報量の飛躍的進歩は眼を見張るものがある。正直前作のと>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

2.6

映画の日ということもあって、スクリーン1がほぼ満席だった。700人くらい入ってたってことになるのか。すげーなー。

低予算映画の戦い方として、すごくうまい。序盤、微妙な映画だなあと思って、中盤、伏線敷
>>続きを読む

トゥルー・グリット(2010年製作の映画)

3.9

久し振りに『トゥルー・グリット』を観る。動画配信サービスだとどうしても過去に観た作品ばかり観てしまって、新しい作品を観るのが億劫になってしまう。
けど、この作品ほんと好きなんだよなあ。

コーエン兄弟
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

2.9

3歳のときに観てトラウマになった映画のリメイク。ピエロとモディリアーニと話の通じないレッドネックっていう俺の嫌いなもの3つも抑えてる。

90年の作品をあんまり覚えてないんだけど(なんか『スタンド・バ
>>続きを読む

ベテラン(2015年製作の映画)

3.3

『ベルリン・ファイル』とうってかわってコメディタッチの刑事モノ。序盤のチームでドタバタやって事件を解決していく感じとかは『パトレイバー』を思い出したりして懐かしい感じ。

けど、事件がクライマックスに
>>続きを読む

鬼はさまよう(2015年製作の映画)

2.7

脚本、構成は悪くなかったと思うんだけど、絵作りがイマイチぱっとしなかったなぁ。なんで、テレビドラマみたいなあんなレイアウトとっちゃうんだろ。ライティングに問題ありととみた。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.1

前作のギャグがことごとくすべってたのに対して、今作は場内でも結構笑い声が起こってた。外国人がいっぱい見に来てたのが大きいんだけど、個人的にも今作の間の抜けたギャグは楽しかった。そんなギャグの感じとか色>>続きを読む

さよなら子供たち(1987年製作の映画)

3.1

群衆としての子供たちをこんなにもリアリティをもって描いた作品を僕は知らない。本当の学校を隠し撮りしてたんじゃないかと思うくらい子供たちの行動が自然で、じゃれあったり、喧嘩したり、隅っこでコソコソ喋って>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.2


ジブリで築き上げてきた技術を継承していかないといけないとプロデューサーの西村さんは言ってたし、たしかに使われるCGとかキャラクターデザインにその志は見えたんだけど、どうしてもジブリにあって、ポノック
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.1

前半のハイテンションっぷりはほんと見事だった。テンションというか熱量が一定の閾値を超えてくると、えもいわれぬ感動が催すんだけど、そういうシーンが一つでもあった映画はそれだけで観てよかったと思える。>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.9

すごいクラシカルな絵を積み重ねて、ここまで緊張感を高められたのはほんと偉業だと思う。メル・ギブソンの演出力はほんと間違いがない。冗談じゃなく『プライベート・ライアン』以来の興奮を味わえた。もちろん、デ>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.2

これも感想残しとくの忘れてた。

『四畳半神話大系』のスピンオフ的な作品なんだけど、今作がクレヨンしんちゃんDNAが1番濃い印象。

下品でオフビートギャグ、ハイスピードで次に何が起こるのかさっぱり予
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.8

アヌシー取って凱旋上映のおかげで観ることができた。なむなむ。

まず第一印象、『崖の上のポニョ』感が尋常じゃない(笑)
ルーの喋り方やら、町が水没する展開。ワルキューレの騎行が流れるとこなんか分かる人
>>続きを読む

>|