江戸川乱歩の美女シリーズ 死刑台の美女のドラマ情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks
  • 日本ドラマ
  • 江戸川乱歩の美女シリーズ 死刑台の美女の情報・感想・評価・動画配信

「江戸川乱歩の美女シリーズ 死刑台の美女」に投稿された感想・評価

真世紀

真世紀の感想・評価

4.0
0
テレビで長期にわたり放映された天知茂が明智小五郎を演じるシリーズの一作で井上梅次監督作品。

本作などのシリーズ初期は放送時間が90分枠だったので、実質は70分強。その分、ますますテンポがよいです。原作は『悪魔の紋章』。

冒頭で明智は犯罪学者・宗方(伊吹吾郎)の依頼を受けて、香港での世界犯罪学会で彼の論文を代読することになる。宗方には足の悪い車椅子生活の妻・京子(松原智恵子!)がおり、彼女の病が思わしくなく、日本を離れられないという。明智が依頼を引き受けたのも彼女に心ひかれてだった(オイ、でも松原さんならしょうがないか)。

同じ頃、財産家の川手家は連日の脅迫電話に悩まされていた。父と娘三人を復讐のため、順に殺すという。一家は最近、祖父の娘と名乗りをあげた北園竜子(稲垣美穂子)の財産分与の請求に頭を痛めていた。川手の相談を受けた波越警部(荒井注)は明智に対応を願うも翌日から香港行き。明智の斡旋で宗方がことにあたる。

だが、早くも三女が殺され、その包帯をまいたのみの裸体がマネキンを積んだトラックの荷台にひそかに載せられていたのが発覚。その遺体には指に指紋の渦が三つある世にも珍しい三重渦紋(これが悪魔の紋章というわけ)が残されていた。

というのがあらすじと配役。つまり、明智は不在で宗方が事件にあたり、明智帰国後は二人が共同し、推理合戦もという趣向。

宗方の仕事部屋は隠し扉に釣り階段、さらに無惨絵などが資料として多々と凝りすぎていいですな。

なお、タイトルの死刑台の美女とは川手家の長女・民子。下着姿で固定され、振り子のように揺れながら下がってくる刄に両断されんとする。演じるは若き日のかたせ梨乃さん。極妻シリーズを経た今、そんなことしたらどんな返り討ちにあうか、たまったものではないが。この時、同時に明智の助手・文代(五十嵐めぐみ)も別のタイプの死刑台にかけられます。

お茶の間に猟奇の片鱗を。このシリーズ、やはり面白いです。
父、娘3人の一家4人皆殺しの予告が届く。明智は海外出張、代わりに犯罪学者の宗方氏が身辺警護にあたるが、一人目の殺人が…

今回は展開的にも色々と見どころが多い。今なら女性蔑視とか苦情がきそうなシーンもあり。
土曜の夜、酒でも飲みながら気楽に愉しめる要素が揃っている。男向けでしょうね。

ラストの下着姿の文代さん&かたせさんのダブル拷問も、馬鹿馬鹿しいのでついニヤニヤしてしまう。
三崎奈美さんも出演しており、裸要員的にやはり肌をさらしたけど、台詞があったので少しよかった。

死刑台には、かたせさんが乗ったけど美女は松原智恵子さん。美しさに品のある女優さんですね。

美女度4
はかなさ度4
そそられ度1
宗方氏の犯人への称賛度5
犯人の親切度5…劇団員で動機説明
おっぱい度4

あなたにおすすめの記事