警部補 古畑任三郎 3rdのドラマ情報・感想・評価

警部補 古畑任三郎 3rd1999年製作のドラマ)

公開日: 1999年04月13日

製作国:

4.2

「警部補 古畑任三郎 3rd」に投稿された感想・評価

#1 市川染五郎 落語家
#2 真田広之 メディアプランナー
#3 過疎の村
#4 大地真央 歯医者
#5 津川雅彦 作家

面白いなぁ。
トリックの完成度よりストーリーと人物関係が面白いんだよ。

再放送視聴中。
あかつか

あかつかの感想・評価

4.0
0
この頃になると「警部補」はとれてるんじゃなかったっけ

リアルタイムで見てたけど、マンネリを打破させられようとしている感じが見ていてつらかった。『古畑任三郎』を見て「マンネリだ」とか「推理に穴が」とか言う奴はテレビ業界から去れ
まりも

まりもの感想・評価

3.2
0
今更ながらこうやって続けて観てみると、3シーズンはちょっと中だるみしちゃうかも。ふざけすぎたのかな?三谷さんて悪ノリ過ぎちゃうところ、ちょっとありますよね。そういうところかわいくて嫌いではないですが。
ちょっと真剣に観ることができなかったので、冷やし中華を作って食べながら観たりしました。冷し中華って真剣に作らないと不味くなるので、料理の片手間に観てしまったかも。

江口洋介の回でハッカー役の人がなんかいいな!誰だろ?と思っていたら、なんと水道橋博士でした。
JunichiSuzue

JunichiSuzueの感想・評価

5.0
0
村長のがよかった。

どのシーズンにも傾向があって、このシーズンでは今泉が虐げられすぎてて少し寂しかったな。
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
0
推理の展開が浅い回もあるけど楽しい斬新な話が多かった。
好きな回は津川雅彦の古い友人に会う話。もはや格言みたいに私の心に刻み込まれてます。
あとは灰色の村
3rdシーズンは、古畑任三郎の哲学が随所に現れていると思う。

思い返せば、vs日下光司(江口洋介)を再放送で見た時、とてもシビれたことが『古畑任三郎』にハマるきっかけであった。
また、vs安斎亨(津川雅彦)は津川雅彦の神演技に感動する。

全シリーズ通してこんな豪華俳優陣を贅沢使いできる作品も珍しい。

3rdシーズンおススメ回
1話、2話、4話、5話、6話、7話、8話
アキヒロ

アキヒロの感想・評価

4.5
0
話に波があるけど、良い話は本当に良い。津川回とか。

今泉が見るに耐えないレベル。
masato

masatoの感想・評価

5.0
0
福山雅治さんがゲストの回が印象的。
現場に行かずに殺人をするのが斬新だった。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

5.0
0
久しぶりに鑑賞。
第3シーズンは1999年。

第5話の「再会」での津川雅彦さんは大変残念ながら今年他界された。
古畑史でも唯一、未然に防いだ事件だったと思う。

第9話「追いつめられて」ゲスト玉置浩二の密室劇、面白かった。
わさび

わさびの感想・評価

4.1
0
こうして見ると3rdシーズンはイマイチ感ある。人間ドラマにふってる感じする。改めて考えると花田投入が古畑をダメにした説はありそう(卵が先か鶏が先かは知らないが)


🥇絶対音感殺人事件
🥈その男、多忙につき
🥉灰色の村
😂追いつめられて
スジが弱いぶん、役者が凄いのが第3シーズン。市村正親に真田広之、そして松村達雄。「灰色の村」はメチャクチャなトリックとハチャメチャな設定だけどお館様と古畑の縁側のシーンだけで3位に食い込める。
「再会」、あまりにも有名だけどそこまでグッとはこない。哀しき完全犯罪のほうが泣ける
>|