デイズ・オブ・サンダーの作品情報・感想・評価

「デイズ・オブ・サンダー」に投稿された感想・評価

dude

dudeの感想・評価

3.5
トム・クルーズ自身の失読症を反映させたような主人公、そして走ることこそ共通言語だと言わんばかりのスピード狂映画。しかし狂気を狂気とも思ってなさそうというか、熱気が飽和状態になってないか...。
デュヴァル演じるレースカーの設計士のおやっさんが良い。多分ここから20年くらい経ってようやくトム・クルーズと再共演したのが『アウトロー』だと思われるので、ちょっとまた観たくなってきたな...。
50Kenzo

50Kenzoの感想・評価

3.0
トムのルーキーなレーサー話。今のトムやったら、きっとスタント無しでやらかしてるに違いない(-_-;

お話自体は古き良き80年代な映画やけど、若かりしマイケル・ルーカー観れたのが収穫でした。
大好き。
Robert Duvallが最高。特に最後のレース後のシーンがなんとも言えない。良作。
celica

celicaの感想・評価

4.6
この映画を見た後に、車の運転は要注意!熱くなる映画。
トップガンの車版と言われる事が多いけど、私はトップガンにはハマらなかったし、設定も展開も別物。

ありふれたサクセスストーリーではあるけど、色んなレーサーの実際のエピソードを盛り込んでいるという、ハリーとの掛け合いや、ライバルとの場外の争いが面白い。
そして何よりも、レースのシーンは迫力があって興奮する。ビデオを購入して、文字通り擦り切れるほど見た。

走る事が大好きで、実際にサーキットに走りに行ったり、ジムカーナに参加したり、B級ライセンスを取ったりした頃、主人公コールはメカニックや専門用語に弱いという設定だった為、私でもレーサーになれるんじゃないかと夢見てしまった。
黒羊

黒羊の感想・評価

3.9
「デイズオブサンダー」

「ワシはのぅ…トムクルーズに感動したから、最近はトム祭りをしようと思うんじゃあ…」

(トム祭り・トムの映画を観まくる事)

と、フェルマークス仲間のイケメン美容師「きざし」さんが、「トムポッシブルフォールアウト」を4回もIMAXで観たったわウハハ!とドヤ顔トム自慢されたので…

俺もトム祭りをしようかなーと思い、まずは「トップガン」かなー「7月4日に生まれて」かなー「レインマン」かなー

とか思ってたら、
「おうコラ黒羊、デイズオブサンダー久しぶりに観たら良かったど!世界のカリスマ、いや、フィルマのカリスマのワシの言う事に間違い無しや!まぁどっちか言うたら…奈良やな」と。

この方…ワテとデイズオブサンダーの話しがしたいんなかぁ?と思ったけど、

「へぇー?そうなんや?ほな俺は別の映画を…と。マグノリアかカクテルに…」

きざし(ビキビキッ!)

「おうおう!?おんどれちょっと耳悪いんかコラ?耳鼻科行く前にな、ほれ、199円出してデイズオブサンダーおもろいから観たらええんとちゃうんか!言うてんのやわワシは。おんどれ…スピードの向こう側に行きたいんか?お?観るんか?観るよなぁ?ほな早よアマプラんかいな…な?(ギロリ」

ヒィィ-イケメンなのに怖ぇよー!!
わ、分かりましたよーはいはいデイズオブサンダー!(fireスティックボタン連打)


はい!
監督はトップガン他、名作満載のトニースコット。
トムクルーズ、ニコールキッドマン、ロバートデュバル、そしてライバル役にマイケルルーカー!

トムも若いけど、兎に角マイケルルーカーが別人のようだ!メルルやヨンドゥの面影無いでオイwwwふっさふさやし笑

努力・友情・勝利というジャンプ的展開は当然、トップガンのカーレース版と言ってもいいくらいの安心展開ッ!

トムがトップガンで着ていたGジャン「Leeストームライダー」をまた着てる!私服かなー衣装かなー?いいよねLee!

オーバルコースのカーレースシーンが多くて、人物の心理描写は少な目なのであまり感情移入は出来ない作りやけど、この時代の風味プンプンで、レースシーンもショボくないので楽しめました。

この時はニコールさんとも仲良さそうやね(´ω`)

若いトム、って言うてもオッサンの俺からしたらトムクルーズの印象はこの時代のこの顔で、逆に今のトムさんがまるで別人のような驚愕アクションしてる訳なんやけど…

久しぶりにこの時代のトムさんに会えて良かったです。

※きざしさんの口調もフィクションです。
yasuさん

yasuさんの感想・評価

3.5
画面の広がりからハリウッド娯楽の雰囲気満載。
このメンツでつまらない訳ないでしょ〜。トニーはほんと残念でならない。
pooh

poohの感想・評価

3.6
映画採点
作品74
監督B+52
主演B+6
助演B+6
脚本B- 4
衣装・映像 A3
音楽 A3
レースって楽しい…(´∀`)
あの車に話しかけるシーンなんてたまらんわ。
ペースカーの存在が もー、素敵すぎて(笑)

師弟愛とライバルとの関係と…ピットクルーの仲間と…。いいチーム〜。

始めは、痛い映画かなーとか思ってしもたけど、やっぱ製作陣がいいよね。のめり込んでしまった!
NASCARを愛する長男が「やっと録画できた!!」と大喜びで見ていた。
迫力のレースシーンが満載。NASCARのマシンが渋い!エンジン音も今よりも低くてお腹に響く感じ。時折あからさまな早送り演出が、マッドマックスみたいでやりすぎだと思った。
マシンを手作りする場面がアツくて良かったが、その直後にあっという間に壊れて泣ける。昔は実際にあんな感じだったのかしら??

モータースポーツ版トップガンって感じだけど、トムクルーズがマーベリックよりもイモっぽくて、若干謙虚なキャラクターで好感をもった。敬語を使った日本語訳の加減かもしれんが。
ロバートデュバルがお茶目でいい。
ジョンCライリーの登場には家族で爆笑してしまった。きっとこれを先に見ていれば、カーズやタラテガナイトや60セカンズをもっと楽しめそうだと思った。
それにしてもジョンCライリーの変わらなさ具合がすごい!

ニコールキッドマンも今と変わらず美しかったけど、ふたりのロマンスにはとほほだ。こういう流れってどうしても必要なのかな?恋に溺れないヒーローはだめですか?当時ロードショーかスクリーンでこの共演でふたりはゴールイン♡みたいな記事を読んだことばかりが思い出される。
車椅子レースは笑えた。
mizuki

mizukiの感想・評価

4.2
これも好きですね〜トニースコット監督!トニースコット監督には見やすい王道ストーリーを求めています。そんな中でこれとアンストッパブルはどストライクですね〜笑笑 カーズですね内容は、っていうくらいにディズニーに通ずる王道物語です笑笑 気持ちいいです!スカッとします!笑
>|