情動の作品情報・感想・評価

情動2020年製作の映画)

上映日:2022年09月19日

製作国:

上映時間:30分

4.3

「情動」に投稿された感想・評価

去年の田辺・弁慶映画祭、審査員賞との事だけど、吉村界人主演て反則ですやーん、、
5.6年前の界人さんならまだしも、


ニュースの音からの、彼女との電話のモノローグ?めっちゃ怖かった。

カレー食ってるシーン、良かった。
独り言が良かった


壮大な世界(壮大だが今となっては現実そのものだけど)をある男の部屋のワンシチュエーションだけで描く事により無理が無く、確かなクオリティーを出してた。
部屋の中だけの出来事、起きてからのルーティーン(観葉植物への水やり)と食事と電話だけにする事によって全てがリアルだった。作り込むべき世界が小さくなる事によって細部まで作り込まれていた。
それらの変化で、男の狂っていく様が端的に伝わってきた。
そこに1つ、終始違和感のあった絵、そいつがキーになっていた。

あれ?なんかもう一回観たくなってきた、、

「情動」と「海の夜明けから真昼まで」と「そこにいようとおもう」の3部作を「人間・この劇的なるもの」ってタイトルにしているみたいだけど、福田恆存の「人間・この劇的なるもの」から来ているタイトルなのか?
ずるい!!
mizuki

mizukiの感想・評価

4.2
オンライン配信の映画祭で鑑賞した。
吉村界人さんの良さが全面に出ていてとても良かった。衣装がめちゃくちゃ似合ってた。脚本も好き。純文学で描かれる狂気みたい。

病んでる時に誰かに助けてもらおうと思っても、自分の周りにいる人が自分を助けられるほど心身共に安全な状況にいるとは限らない。最悪の結末を予感させる終わらせ方が怖いし、その終わらせ方がまたいい。起こり得るだろうなって。
吉村界人さんががむしゃらにカレーをかきこんでどろどろになるシーン、狂ってて好き。

あなたにおすすめの記事