淵に立つの作品情報・感想・評価

淵に立つ2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を…

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を抱くようになる。だが、ある時、八坂は一家に残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後。八坂の行方は知れず、利雄は興信所に調べさせているが、一向に手がかりはつかめない。工場では古株の従業員・設楽篤(三浦貴大)が辞めることになり、代わりに山上孝司(太賀)が新人として入ってくる。母を亡くして独り身の孝司は屈託のない人柄でたちまち夫婦の信頼を得る。だが皮肉な巡り合わせにより、八坂の消息をつかめそうになった時、利雄と章江は再び己の心の闇と対峙することになる―。

「淵に立つ」に投稿された感想・評価

nora

noraの感想・評価

5.0
なんだか君の悪い八坂が現れ、一家は静かに着実に崩壊していく。

結局、八坂はなぜあんなことをしたのか?


劇中で流れるオルガンの音色が不気味に怪しく流れて頭から離れない。
kamatsu

kamatsuの感想・評価

3.8
いわゆる恐怖映画やサスペンス映画の範疇には入らない作品。とはいえ、じわじわと迫り来る恐怖感の煽り方はハンパではなく、綿密なプロット、各キャストの確かな演技は素晴らしい。浅野忠信さん演じる、不気味な闖入者が醸し出す存在感もさることながら、匂い立つような色気とともに、強迫観念に駆られた女性の心理や行動を見事に体現し切った、筒井真理子さんの演技魂には脱帽。深田晃司監督の前々作『ほとりの朔子』で瑞々しさが光っていた太賀さんが、この作品でも重要な役を演じている。“事情をよく知らずに巻き込まれる、とても素直で真面目な青年“をやらせたら、彼の右に出る者はいない。それにしても、あまりにも出口のない、やるせないストーリー。
20171118 #115
全編に漂う不穏な空気がたまらない

このレビューはネタバレを含みます

おそろしい!

夫婦の隠し事以外は、
全部オープンなのに
モヤっとした膜に包まれている感じ。

宗教観も含めて救いがない世界。
希望の光をうち消す言葉と存在が、
圧倒的に強くて、
越えられない壁に八方ふさがり。

そしたらもう、選ぶ道はひとつ。
『刑事ゆがみ』が面白いので、ちょっと浅野忠信さんが出てる映画を観たくなって鑑賞。

終始不穏な雰囲気で目が離せない系の映画。

白の下にずっと赤を隠していたのかと思うとゾッとしました。
kotoe

kotoeの感想・評価

4.4
うっわすごすぎ。筒井さんと浅野さんの素晴らしすぎる演技をコンコルゲンがとってもリアルにしてくれる。なんてバランス。結果コンコルゲンの演技がすごいということです。急な変化とじわじわした変化。すごい。深いよ深すぎるよ。人間の奥底の感情をこんなにも繊細に表現できるなんて…はあ、ため息しかでない。
児嶋

児嶋の感想・評価

1.7
伝えたいことわからんし、人間の感情を炙り出すにも胸糞過ぎる。誰も救われない物語はやっぱり嫌。
浅野忠信の不気味さ、どんどん崩れていく筒井真理子の演技はよかった。
罰を受けて、俺たちは夫婦になった、みたいな台詞。どういうこと?
面白かった。俳優の怪演がすごい。浅野やっぱすごいわ。見ててつらくなるし、破滅の雰囲気がすごい映画。
終始目が離せなくて俳優陣の演技が光る映画だった。浅野忠信の何考えてるか分からない感じとか古舘寛治や筒井真理子の変化が素晴らしかった。
過去の傷は傷のままで忘れることなんてできないんだよな。それに蓋をして生きてくしかないんだよなってことが痛いほど伝わってきた。
結局罪と罰なんだろうけどなんだかなぁ。。すごいもやもやした
ゆりな

ゆりなの感想・評価

3.8
カンヌのある視点部門。なんて辛い物語を描くんだ、この監督。

顔薄いし落ち着いたどこにでもいそうな浅野忠信の溶け込み方が素晴らしい。良い声してるなぁ。怖いことに、この物語はリアルでどこにでも潜んでいそうなんだよね。

事件があっても工場を持っているから引っ越すこともできず、街に嫌な思い出の破片があるのが痛々しい。
等身大で実在してそうな太賀くんの演技も良い。

サスペンスホラー映画並みの怖さでした。もっかい言うけど、なんて辛い。
>|