淵に立つの作品情報・感想・評価

淵に立つ2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

「淵に立つ」に投稿された感想・評価

最初から最後まで救いがない映画。

ある意味ホラー映画より怖いかもしれない。

女の子が食卓で「母グモが出産した子グモに食われる話」をしてるし冒頭から狂気を感じる。

にしても浅野忠信さんの演技の薄気味悪さは凄いな。
面白い!そこまで派手な展開は無いし、起きた事だけ羅列すれば凄いシンプルなのに、こんなに怖い映画に仕上げるとは。お見事です。
nazuki

nazukiの感想・評価

3.4
ストーリーにあった残酷な色彩の使い方が面白かった。。
ただもう観たくはない。。
rieeeeee

rieeeeeeの感想・評価

4.0
浅野忠信への恐怖心が最後まで抜けなかった。すごい。

後半に出てくる息子にもビクついてしまう始末。
のどか

のどかの感想・評価

3.5
平和と思われていた家族が、浅野忠信演じる八坂によって崩壊するという物語。

金属加工工場を営む鈴岡家。ある日利雄は刑務所上がりの八坂という男を雇い入れる。突然の出来事に戸惑う章江であったが、次第に八坂に好意を抱くようになる。
八坂は過去に殺人を犯していたが、その共犯者が利雄であった。八坂は、自分が刑務所に入っている間に幸せそうな家庭を築いている利雄をよく思っていなかった。そして八坂は章江と不倫、娘の蛍に障害を負わせこの一家を壊し姿を消した。

8年の月日が流れ、工場には新人の孝司が入ってきた。その男は八坂の息子であった、父を知らないという。そして家族は八坂を探しに行く。
結局見つからず、疲れ果てた章江は娘と飛び降り自殺を図る。それを助けに行った孝司も死んだ。それが、利雄への罰か──

ひたすら重くて暗い話。見てて疲れる。けど総じて浅野忠信好き。
あ

あの感想・評価

-
浅野忠信が現れるまえも変な家族だったです
ラストシーンがよいです
furuno

furunoの感想・評価

3.6
浅野忠信って気付くまで時間かかった〜
あの何とも言えない髪型が不気味でよかった。
好きな怖さ🙆‍♀️
まゆこ

まゆこの感想・評価

3.8
お願いまだ映画終わらんといて( ; ; )てなる
暗喩されてる表現がおもしろい

パパ役の人が、南極料理人のメンバーの人でそういうキャラにしか見えなかった
もやし

もやしの感想・評価

4.6
明らかに不愉快になる話だろうから見てなかった。

前半はあらゆる面で不気味、不気味、不気味。という感じでとても面白い。というか全編ずっと面白いです。



もう最初の家族の段階で閉塞感がすごいです。娘がいるから何とか成り立ってるけど、もうこの感じ、嫌…笑
仕事も家族経営だし…

そこに突然現れた八坂という男。
最初は知らないおじさんといきなり同じ家に住むということですっげえ気まずい感じなんだけど、八坂の独特な人心掌握術でどんどん取り込まれていく。

奥さんと娘がクリスチャンというのも、何とも嫌な設定というか、その優しさにつけこんでる感じがとても嫌。


そしてある時突然本音を喋り出す。
お前、そういう奴だったのか…



嫌な気持ちになる映画だけど、この映画の場合、まだ来るか、まだ来るか、って感じに何段階も深く嫌になる。
もう終盤になると、同居してる家族と泥沼の言い合いになったときのような、もうとにかくこの場から離れたい…というどうしようもない気持ちになる。



罪とか罰とかがテーマの映画なんだと思うけど、自責の念の繰り返しで、でもちょっと遠からずわかってしまう話だと思う。
そんな苦しみの中で不意に出る切なさがとても好きだった。


でも嫌な気持ちにさせるためだけの演出を意図的にやってる感じがあって、そこが好きになりきれなかったところです。
Bwbw00

Bwbw00の感想・評価

4.0
全てを語らず、静かに緊張感が続く息苦しい作品。役者の演技、脚本、色の使い方、演出全てが洗練されていた。怖かった。
>|