淵に立つの作品情報・感想・評価

淵に立つ2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を…

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を抱くようになる。だが、ある時、八坂は一家に残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後。八坂の行方は知れず、利雄は興信所に調べさせているが、一向に手がかりはつかめない。工場では古株の従業員・設楽篤(三浦貴大)が辞めることになり、代わりに山上孝司(太賀)が新人として入ってくる。母を亡くして独り身の孝司は屈託のない人柄でたちまち夫婦の信頼を得る。だが皮肉な巡り合わせにより、八坂の消息をつかめそうになった時、利雄と章江は再び己の心の闇と対峙することになる―。

「淵に立つ」に投稿された感想・評価

Takuo

Takuoの感想・評価

-
ありがちだが良く書かれた本。
評価されるべくして評価された作品。
昔の松竹映画の方が面白い。
映画『淵に立つ』を観ました。重く、心が痛みます。深田晃司監督は『ほとりの朔子』の監督さんなんですねぇ。
うめ

うめの感想・評価

3.7
すっごい暗いどよーんとした気分になる。
けど、内容は面白かったかな。
M川A氏

M川A氏の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

学生映画のいい部分だけ取り出したような雰囲気を感じた(監督の出自を知っているからかもしれないが)。
久々に本格的に後味の悪い映画を観た気がする。良い方の後味の悪さ。
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.9
「日本よ、これがカンヌ映画祭受賞作だ」第3弾。ある視点部門審査員賞受賞作品。いかにもカンヌが好きそうな鬱映画ぽい映画だなぁという印象。というかそれ以前に、母ちゃん役の女優さんが『みんな、エスパーだよ』の舌出してレロレロスキンシップ取ってた気持ち悪い母ちゃん役のイメージが強すぎて(ごめん)、真面目な演技でも何をしてもギャグにしか見えないのが本当に困りもの。『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ』や『ヒストリー・オブバイオレンス』でいくのかと思いきや、そういわけでもなく、ただただ不気味な浅野忠信の存在に寄りかかった部分が大きくて、浅野がいない後半とかややだらける。淵ってどこなんだろうな。淵って。「なんでお前は俺がこんな人生送ってる間に女とセックスして子供作って家庭なんか気づいてるんだろうな」とか言ってた浅野がちゃっかり自分も子供作ってた展開とか笑うし。
な

なの感想・評価

3.5
悪いことをすると関係ない人を不幸にするんだなと思いました。

浅野忠信ってワイルドなイメージだったけど、この浅野忠信はめっちゃ不気味。
あと奥さん役の人の演技凄かった。知らない役者だったけど今まで観た女優の中では一番圧倒された。
miu

miuの感想・評価

3.3
ポスタービジュアル見ただけでぞわぞわ、、後味は悪い、、救われないなあ
時折現れる幻覚?が怖かった、、
筒井真理子の演技さすがだった、、女優ってすごいな、、
終盤の、外に出るシーンの画がダサかった。

憎しみと怒りの演出には長けている。キャスティングは素晴らしい。

登場人物の複雑な葛藤を丁寧に絡ませていく、やり方は巧いなと思った。
貝柱

貝柱の感想・評価

3.8
わかりやすいモチーフが多いけれど、その中で浅野忠信の異質さが際立っていてすてき
パリッとした白シャツと良すぎる姿勢がいい
救いようの無い話…
でも後味が絶妙に悪くて良い

単調に物語がある進んでいくけど、
いつ何が起こるか分からないハラハラさに
「早く何か起きろ…」と思ってしまった自分がいました。


不気味さ漂う浅野忠信がなんとも言えん。
特に河原のシーンは、温厚な浅野忠信が
打って変わって汚い言葉を吐きちらす所が
ゾワゾワします。
あと、川に飛び降りるシーン。
あの無機質だけど不気味な笑みがある顔がすごく怖いw


筒井真理子の8年前と8年後の変わりようもまた物語っていますね。
洋服もババ臭くなってるし、疲労感がすごい!
演出に感動しました。


徐々に家庭が壊れていくこの感じ。
この映画を観て冷たい熱帯魚を思い出しました。

とにかく目が離せない映画でした。
もう観たいとは思わないけど。
>|