本気のしるし 劇場版の作品情報・感想・評価

本気のしるし 劇場版2020年製作の映画)

上映日:2020年10月09日

製作国:

上映時間:232分

4.0

あらすじ

『本気のしるし 劇場版』に投稿された感想・評価

鷹の道

鷹の道の感想・評価

3.1
ストーリーはまあまあ面白かったですが、登場人物が全て気持ち悪くて共感できない。
あや脳

あや脳の感想・評価

5.0
ドラマ版視聴ですが映画的なためこちらにも…あと忘れちゃうから…
こいん

こいんの感想・評価

4.4

長尺苦手なのに観れてしまった
終始終わりの始まりを突き付けられている
演劇のように、滑らかに移動する感じがとても心地良かった
やはり反射・影の描写がとんでもなくヤバイ
所々LOVE LIFEの片鱗

>>続きを読む
Nove

Noveの感想・評価

4.1

眼の前の困っている人を助けてしまう。
愛とは、誰にも優しくすることなのか、一人の人だけに優しくすることなのか。
社会で生きていくためには、誰もが表と裏の顔を切り替えながら立ち回る。
それが出来ない人…

>>続きを読む
みづき

みづきの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

オールナイト上映にて鑑賞

はじめは浮世のこと、何だこのやばい女…ずっとこれ見せられるのか??と不安になった。
しかし後半になっていくにつれ、彼女の置かれている状況や心情が少しずつ分かってくると、浮…

>>続きを読む
yuzame

yuzameの感想・評価

3.0

長かった。知ってたけど。
長いからこその話で、大変満足。

森崎ウィンのダルい演技、良かったです。
誰にでも良い顔する。低体温のイケメン。

土村芳の感じ、絶妙。
彼女はこんなに凄かったんだ。

庇…

>>続きを読む
Rio

Rioの感想・評価

3.0
「すみません」

こんなにイライラさせられるラブストーリーなかなかないな
悪女感がなく、天然で悪意ないのに男をだめにする女と放っておけない男の話
テレビドラマ版は鑑賞済み。

鑑賞中の自分も、辻と同じく浮世に翻弄され続けた232分。
不思議と心地良い時間だった…

「なんやねんコイツら...」と眉間にしわ寄せっぱなしの4時間弱。でも地獄ってのは覗いてみたいし、一度見てしまうと目が離せなくなる訳で。
連続ドラマを映画として再編集しているためとにかく濃い時間が積み…

>>続きを読む

浮世という女性を助けたことから、サラリーマンの辻は恋に落ち翻弄されていく…。この映画に流れる哲学が好きだ。登場人物は臆病だったり、後ろめたいことをしているが、一方で優しくもある。そして、浮世を悪女と…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事