ボーン・トゥ・キルの作品情報・感想・評価

ボーン・トゥ・キル1996年製作の映画)

본투킬/Born to Kill

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

2.7

「ボーン・トゥ・キル」に投稿された感想・評価

ぴぃ

ぴぃの感想・評価

2.0
チョンウソンは今までで印象に残ってる女優さんとして相手役のシムウナさんをあげています。
生まれもっての女性らしい美しさを持つ人。
結婚して引退されてしまいましたが。
歌手志願で夜の世界に生きるスハ(シム・ウナ)と出会い束の間の幸せを感じる若き殺し屋キル(チョン・ウソン)が組織から残酷な仕打ちを受ける悲劇のラブストーリー。敵の目玉にナイフを突き刺す狂暴さとは裏腹に惚れた女には目も合わせられない超ウブなチョン・ウソンの初々しい演技は新鮮で、女に入れ込んだ殺し屋は必ず破滅するというジンクスを見事に体現。主人公が威勢よく殴りかかるも一瞬にして角材とか鉄パイプで返り討ちにされてしまう立ち回りは今や超売れっ子となったチョン・ドゥホンによるアクション指導。時折スローモーションを多用した甘美な映像を盛り込みながらこれでもかとセンチメンタルな感情を煽りまくる。ラストの落とし方が無慈悲すぎて後味最悪。

15/06/21 再鑑賞