トーチソング・トリロジーの作品情報・感想・評価

「トーチソング・トリロジー」に投稿された感想・評価

🌏世界中の全アタシが泣いた‼️
※作中でうさぎ🐰モチーフが伏線になっているので再鑑賞される際に注目すると楽しいれすゾ((*´∀`*))💕
トーチソング=悲恋の歌🎶主人公の半生を三部構成(トリロジー)で描いたLGBTQ(彼はドラァグ=女装家)作品の最高峰です👈🏻いやマジで
とりあえずそこそこ長いアタシの人生で✨👑最高の作品✨

どうしてこんなに今でも心が揺さぶられるかと言うと、本作は主役のハーヴェイ自身の半生記であり、かつ『自身が歌い演じている』からです。演劇部門で脚本・主演男優✨トニー賞🏆✨を受賞しており本作はその映画化🎞です

映像ソフトも購入して📀数年に一度は見返して(*´∀`*)自分を省みるのがアタシのライフワークになっています。そんな作品に出会えた事に✨心から感謝👼🏻✨

妻であり夫、母を愛する息子であり、そして父親で母親…複雑過ぎて凡人には想像に難い半生🏫スリッパで息子の学校に駆けつける姿は✨永遠にアタシの理想✨であり人生の指針にすらなっています👍🏻いつか本作を超える作品に出会えるかなぁ…

心の弱き人が充分な愛と
ハンパな人生に気がつくには
なんと人生は時間のかかることだろう
最初から惜しみなく愛を与え続ける
アーノルドは強く真っ直ぐに生きて
いたね
ウサギのモチーフが唯一
アーノルドの弱い部分を
表しているように思いました
本当は知ってほしいさみしさ


素晴らしいケンカのシーンは
見入ってしまう
Phoenix

Phoenixの感想・評価

5.0
ファイアステン御姉様の自伝的映画。鏡越しにアーノルドがこちらに話し掛ける冒頭からハートを鷲掴みにされ、夢中になった。アーノルドが常に自分に正直で一生懸命で本当に愛しい。ウサギだらけの部屋、特にスリッパは絶品(笑)アランとの駆け引きが可愛くてキュンキュンする(笑)母親との確執に涙、ラストシーンでまた涙。大切な1本。
自叙伝がベースなだけあって綺麗事だけではすまない感じ(ヘイトクライムやドラァグのショーに罵声を浴びせるオッさん)がリアルだった一方、暗くなりすぎないようにユーモアが所々あって観やすかった
頭ではどうせダメだとわかっていながら愛さずにはいられないの、演歌っぽいと思う

『何がジェーンに起ったか?』は80年代で既にキャンプクラシックの扱いなのだな

やはりアン・バンクロフトは素晴らしい役者!
ルナ

ルナの感想・評価

4.0
以前観た映画。よかった。
アリス

アリスの感想・評価

4.2
'ゲイは恥ずべき事ではない'
'間違ってるのはゲイが恥だと思われてることよ'
今でこそLGBTQをカミングアウトする事は珍しい事ではないけれどたくさんの偏見があった1980代にこの言葉を言えたアーノルドに乾杯
MN

MNの感想・評価

4.5
僕は愛した、でも充分でなかった…5万回くらい観ても実は一番最初の、最初の静かなシーンが好きな作品。同性愛者のアーノルドはどこに向かって何を愛するのだろうと毎回見守ってる
りーん

りーんの感想・評価

3.7
「ハイヒールしか似合わないの」
今まで観たLGBT映画でいちばんほっこりしたかも。
悲しい出来事や酷い言葉を言われることもあったけれど、得られた愛するものたちを抱きしめる姿にじーんとした。
前向きで自分を貫くアルバートはすごいなって。本当に黒い瞳が魅力的。
お母さんの言い分がすごく嫌だったけれど、最後はわかってくれたのかな。
部屋にあふれるウサギのグッズが可愛い。
JJ

JJの感想・評価

-
アーノルドのダミ声と素敵な人柄のギャップがすごい。うさぎグッズに囲まれた生活がかわいい。ええ話や。
peche

pecheの感想・評価

3.5
この時代にカミングアウトし、自分にプライドを持って生きるアーノルド。
トリロジー(3部作)形式。今見ても違和感ない内容。
アーノルドの性格が好き。
ウサギグッズ🐰がかわいい!
>|