Everybody's Talking about Jamie~ジェイミー~の作品情報・感想・評価・動画配信

「Everybody's Talking about Jamie~ジェイミー~」に投稿された感想・評価



ちょっと疲れたときにみたら
元気と勇気とほんの少し希望が
もてるようになれそうな感じ
歌はどれもよかった! 
個人的には始めてヒールを履いた時や
メイクをしてカツラをつけたときの
興奮をもう少し誇張して演出してほしかったけど、ノンフィクションだからこんなかんじなのかな
ikumi

ikumiの感想・評価

4.3
曲、踊り、ストーリーどれを取っても良かった!!冒頭からギュッと鷲掴みされた〜💘

誰もが自由に自分自身を表現できる世界でありますように。
そしてそれを体現したジェイミーは誰よりもかっこよくて美しい人だと思う。
月華

月華の感想・評価

-
ジェイミー魅力的すぎる⭐️

それにしてもママ最高すぎる〜

はじめてのショーの時にドラッグクイーンのみんなとかママとかプリティとかが『よかったよ!』ってやるシーン自分も一緒にグッドサインしちゃった!!!

それにしてもパパと先生が嫌なやつすぎる〜😖
でも、そういう人はいなくならないんだろうなぁ😢
考え方が違うからしょうがないことだけど悲しいなぁ、、、

この映画観て少しでもいい考え方に変わる人増えたらいいなぁ💭
お父さんとの関係、悲しかった。 https://howruecsit.com/everybodystalkingaboutjamie/
ドラァグクイーンになりたい!と願う少年と、彼をめぐって周りに巻き起こる騒動を描くミュージカル。そもそもドキュメンタリーが下敷きということもあって、「実話に歌と踊りを加えた」の文言通り、大げさな盛り上げや脚色は控えめ。曲の良さとビジュアルの納得感は完璧。元々は映画館で上映される予定だったらしいけれど、コロナで延期を重ねてAmazonプライムオリジナルになったみたい。普通に公開される映画と何が違うのか。

かなり悪し様に描かれる父親、教師、いじめっ子に関しては、ご本人らの意見が気になるところ。息子のセクシャリティを受け入れられない父親、ステレオタイプ、ホモフォビアに凝り固まったいじめっ子はわからなくもないのですが、「現実みろ、夢を持つな」みたいなことを人の話も聞かずにゴリゴリ押し付けてくるのがすごい。Based on a true storyだけど誇張されているのだろうか。欧米の学校=進歩的、みたいなイメージがあるけど、それらはほぼ「アメリカの学校」(映画やドラマの中の)か、北欧の学校に関するニュースとかからの偏ったものから来ているので、ほとんどイギリスの学校教育のイメージが湧かない。お母さんの偉大さというか、どうあってもジェイミーを全肯定しかしないという意気込みの激しさが一番泣かせるかもしれない。

ホモフォビアガキ大将、唯一仲良くしてくれるイスラム教の女友達とか、登場する人々はやや記号的かつスポットも当たらない人が多い。クラスメイトとかほぼバックダンサーだし。ただそのせいで物語に説得力がないとかいうことではなく、むしろ個人的な人間関係や小規模なトラブルの折衝が主軸からブレなくてよかったとも思った。「自分がどうあるか、ありたいかが重要である」ことと、「それが必ずしも周りの都合を無視したりあえて破壊したりするものではない」ことがコンパクトにまとまっていて良い。良くも悪くもその時々で周囲の人の態度は変わるし、全ての人々と密接な信頼関係を築く必要もないという。この種の“Love yourself”ものは他者への視点が抜けていたり排他的になる場合がとても多いので、一緒に踊ってはいるけどたくさん会話したりはしないというミュージカルの形にしたのが好ましく感じた。
i

iの感想・評価

3.5
自分がどうありたいか、どんな考えで生きるのか、はっきり考えてあれだけ美しいなんてかっこよすぎる

医者になっても聴診器を下げて街を歩かない、これ何にでも言えるよね
ちゃか

ちゃかの感想・評価

4.2
間違いなくハッピーになれる映画!
そもそもミュージカルテイストの映画好きな私からすれば、
ありがとうございますしか出てこないくらい好み。

実話ベースで、ストーリー構成がしっかりしてる!見応えあり。
音楽や描写もすんなり入ってくるし、
作品全体がポップで明るいのですごく観やすい!!
ハイクオリティで、どんな時でも楽しめちゃう作品です。

これなら普段映画みない人にでも、
おすすめ出来ちゃうくらい楽しめるんじゃない?

ティーンムービーには欠かせない友情の熱さ、大好きなんよね。
観終えた頃にはジェイミーのファンになること間違いなし。
ハッピーに包まれたい時におすすめ!!

このレビューはネタバレを含みます

ここの評価が高いだけあって、素直に素敵な作品だなと思えた。

先生やいじめっ子とも和解したから、最後はお父さんとも和解出来たら良かったなぁって思ってしまったのは高望みしすぎかな…
か

かの感想・評価

3.7
先生嫌だったけど先生のシーン結構好きだった。最後の日なんだから全部忘れて踊ろうみたいなのいいよね。
natsumi

natsumiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

もう本当久々に最高の映画だった!

ジェイミーが最初からもうカミングアウトしていて自分のやりたい事をやるみたいなのを貫いていて、悪口を屁とも思ってないような素振りだったらから若いのに凄いなって思っていた。
でも、実際父親に会いに行ってみたりお酒を盗んでみたりとか幼さでもないけど若気の至みたいなのがあってこれから成長していくんだなって思える部分というかある意味年相応なのかと思って親しみを感じる。

それに、プリティの考え方も素敵。
全てをただ肯定するだけではなくちゃんと考えた上で助言しているのが凄い。

母親との確執みたいなのでは自分が普通だったら良かったというジェイミーの問いに対して即座にノーと言え、普通とは何って言える母親が素晴らしい。
逆に父親は本当に典型的な昔の考え方なのかなと思う。
父親に理解しようと無理に距離を詰めたり自分を偽るのではなく、自分が納得のいくまで歩み寄ってそれでも無理ならもう関わらないのが正解すぎる。
父親にも理解してもらえる事が一番なのかもしれないが、理解できない者同士はお互い関わらないのがいいのかなと思える。

こんな映画のストーリーだし上手くお店の人と仲良くか、そんなトントン拍子でステージに立ってって思っていたけどこれが実話っていうのが信じられない。

そしてなんでこんなに話題になってないのかも不思議。

歌のシーンはどれも衣装も煌びやかで踊りも迫力かあって良かった。
一番好きなのはジェイミーがステージに立つシーン。でも先生に眉の事を指摘されてモノクロとか現代アートを交えながらも凄く良かった。

すごくハイヒールを履いて歩きたくなる。
>|

あなたにおすすめの記事