真夜中のパーティーの作品情報・感想・評価

『真夜中のパーティー』に投稿された感想・評価

Moh

Mohの感想・評価

5.0
あのときのあの人を思い出すには、まずあのときのわたしに聞かなくちゃいけないから、辛かったりするのね。
「エクソシスト」(1973)「フレンチコネクション」(1971)のフリードキン監督の前作。ハリウッド映画史において初めて同性愛を真正面から描いた作品。1968年初演の大ヒット舞台劇を同性愛者である原作マート・クロウリーの脚本で映画化。日本では1972年にATG配給で公開。

同時代のニューヨーク。マイケルのアパートでゲイ仲間ハロルドの誕生パーティーが8人で開かれた。そこにマイケルのストレートの友人アランがパーティーとは知らずに訪ねてくる。彼の存在がマイケルたちの心に変化をもたらし、やがて、愛する人間に電話をかけ告白するというゲームを始めるのだが。。。

映画はほぼすべてがアパートの一室でのゲイたちの会話で展開する。。現在よりも同性愛に対する差別が激しかった時代の、マイノリティーたちの苦悩が赤裸々に語られている。最も大きな苦しみは他者とは違う自分自身への自己嫌悪で、その痛みは私にも少なからずあるので共感できた。会話劇で退屈するかもと思っていたが、演出が巧みな心理サスペンスのように集中して観ることが出来た。

気になったのは、酒の入ったマイケルが自分の悩みを叩きつけるように振舞うが、周囲の対応が寛大すぎるように見えた。同じ苦しみを持つ者同士の連帯なのか?その辺りの心情がストレートである自分には推し量りきれなかったと思う。通常ならマイケルのような高圧で自己中心的な態度は許されないだろう。

マイノリティーゆえゲイのパートナーを見つけられないと一生孤独になるという不安が切実に描かれていた。しかし、ゲイではなくストレートでもパートナーを持たずに生きている私からすると、まず他人に依存する甘えを克服せよと言いたくなる。普段から迫害を受けているとそうもいかないのか・・・。「セルロイド・クローゼット」(1995)によると、ゲイが全員生き残ることがそれまでの映画では無かったことだそう。

先日観た濱口竜介監督「PASSION」もマンション一室の会話劇だった。チャラい恋愛を男女がグダグダ語り合っていて、本作と比べたら実に軽薄に感じてしまう。
ゆべし

ゆべしの感想・評価

1.5
LGBT映画史ドキュメンタリー「セルロイドクローゼット」でも言及されている、ゲイを題材にした密室戯曲映画。
ゲイをオープンに描いている事自体は画期的だが登場人物がステレオタイプ(オネエ的)なゲイ描写なのが現代のクイアーシネマ目線で見ると微妙。
後にNYのゲイシーンをSM変態アングラ世界として描いてLGBTから抗議デモまで起きた「クルージング」を監督しているフリードキンなのもひっかかる。
フリードキン好きだけど、彼はゲイでは無いし寧ろマッチョな監督である事を念頭に。。。そもそも何故フリードキンなのか?必然性を感じない
ユウ

ユウの感想・評価

4.0
ハロルドの誕生日パーティーに集まったゲイの仲間たち。宴の最中、彼らは一興として「心から愛している相手に電話をかけて『愛している』と告げる」というゲームを始める。

ゲイ映画としての繊細さ、会話劇としての緊張感も見事な傑作。いつか原作の舞台も観てみたいです。
当事者かどうかで、かなり受け取り方の変わる作品だと思います。
o

oの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

男性同性愛者だけのパーティに異性愛者の男アランが偶然参加する話。

互いを告発しあう辛辣なパーティ。

アランの旧友でカトリック信者のマイケルは同性愛者のパーティであることをアランに隠そうとするが、アランが口にした同性愛嫌悪への反発からアランの秘密を告白させるゲームを始める。
しかしそのゲームの終わりに露わになったのはマイケル自身のある罪悪感だった。

You show me a happy homosexual, and I'll show you a gay corpse.
一人旅

一人旅の感想・評価

5.0
TSUTAYA発掘良品よりレンタル。
ウィリアム・フリードキン監督作。

ニューヨークを舞台に、友人の誕生日パーティーに集ったゲイたちの姿を描いた群像ドラマ。

『フレンチ・コネクション』(1971)『エクソシスト』(1973)『クルージング』(1979)のウィリアム・フリードキン監督初期の群像ドラマの傑作。自身もゲイであると公言している劇作家マート・クロウリー原作によるオフ・ブロードウェイの舞台劇を映像化した作品です。

舞台劇を基にした群像ドラマなので、ニューヨークのアパートの一室(バルコニー付)が物語の舞台の大部分を占めます。友人ハロルドの誕生日を祝うためマイケルのアパートを訪ねた複数のゲイたちが織りなす会話劇を中心に描いています。

登場人物は全部で9人。
マイケル:舞台となるアパートを借りているゲイ。恋人はドナルド。
ドナルド:マイケルの恋人。
エモリー:オネエキャラ全開の陽気なゲイ。室内装飾家。
ハンク:数学教師のゲイ。ラリーの同棲相手。
ラリー:写真家で浮気性のゲイ。ハンクの恋人。
バーナード:黒人のゲイ。
ハロルド:パーティーの主役で特異な風貌の持ち主。遅れて登場する。
アラン:マイケルの大学時代の友人で弁護士。唯一のストレート(異性愛者)。
男娼:ハロルドのためにエモリーが手配したプレゼント。

8名のゲイ+1名のストレートがアパートの一室に集い、お酒を飲みながら自由に語り合う。途中、ゲイを毛嫌いするアランとエモリーの間で殴り合いの喧嘩が起こったり、マイケル発案の「最愛の人に電話するゲーム」を巡ってゲイ同士の対立が露呈していきます。序盤の和やかなパーティーのムードは時間の経過とともに少しずつ変化を見せていき、終盤に入ると冷静さを失ったマイケルの勢いに引っ張られるかたちでゲイたちの間に険悪なムードが広がっていくのです。そうしたゲイ同士の複雑な人間模様を通じて、ゲイの本質的苦悩――孤独、自己否定、愛の不毛…を浮き彫りにさせています。

物語の舞台が制限される&会話劇が中心になる傾向があるため舞台劇の映画化は当たり外れが大きいのですが、本作の場合ゲイという特異な事情を抱えた人々が織りなす会話劇が想像以上にスリリングに描写されます。ゲイ同士の本音と本音のぶつかり合いによって狭いアパートに異様な緊張感が流れていくのです。

巨匠フリードキンが描く、切実なゲイの生態。間違いなく傑作です。
舞台の映画化とのことで、当然のことながらもうずっと喋ってて2時間字幕追うのに疲れた

所々の緊張感あるカメラワークは良かった
調べたら「セルピコ」「狼よさらば」の撮影やってる人なのね

あと意識してるのか知らんけどリバティーンズのBoys In The Bandって曲が凄く好きだったのを思い出した
50年前(!)のゲイ映画
ゲイ仲間でパーティーをしてたら、主催者のノンケの友達がウチに来てしまい...というストーリー

ジョークがものすごくて「(目尻を引っ張って)中国娘よ!」『(黒人に向かって)あんたはスイカでも食べてなッ』みたいな感じで、びっくり

こういう題材を手がける印象がまるでないフリードキンが監督してるせいか、暴力の描写が妙に気合入ってて笑った

出演者の多くがエイズで亡くなっているというにはかなりショッキング
一番爆ホゲまくってた奴は役者さんがノンケというのが衝撃
エイズに罹ったカウボーイ君役の役者の晩年の面倒を見てあげてたんだって(彼、この映画で名が知られても、最後はウリでしか働けなかったんだって)

まあテレビの映像って感じで映画っぽく無いけど、ゲイカルチャー界隈的には重要な作品らしい
50年(半世紀)前の作品。性的志向でマイノリティの人々だけでなく、すべての孤独な人が共感できる。自分でコントロールできないことは受け入れるしかないのだけれど、わかっていてもつらい。キャストもすばらしいし、フリードキン監督らしい緻密な作品。
eop421

eop421の感想・評価

2.0
ゲイ達のパーティに一人、ストレートが
来たことでパーティーの主旨がおかしな
方向へ…。

ストレートにはわかり得ない苦悩やら色々
あるのでしょうね。最近はジェンダーレス
という考えがだいぶ浸透してきたので昔より
生きやすくなっているはず。
でも、悩んでいる人も少なからずいるであろう
ことは想像に難くないですよね。

この作品に出てくる人達もそれぞれに色々
と抱えていて生きているのです。
ゲイという自分を許し、受け止められたら
いいのですがマイケルにはそれが難しい
のでしょうか…。でもアランがゲイだと勝手に
決めつけるのはいかがなものでしょう。
アランのようにゲイを蔑むのも問題ですが…。
差別はいけませんが、ストレートの男性に
とってゲイは驚異なのかな、と思います。
ストレートの女性にとってもレズビアンは
少々驚異でした(女子校だったので…)ので
なんとなく気持ちは解りますけどね。

とにかくマイケルの強引さが観ていて痛い
というかイラっとします。
いったい何をしたいの?と…。
他人に苦痛を味あわせるのがいったい何に
なるというのでしょうか…。
>|

あなたにおすすめの記事